FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

鳥居祐一

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅より

 

安倍辞任必至? 籠池理事長が昭恵夫人付役人から「予算化を調整中」の報告を受けたと証言、物証のFAXも存在

http://lite-ra.com/2017/03/post-3016.html

 2017.03.23. 昭恵夫人付役人から籠池に予算化報告  リテラ

 

 

  とんでもない爆弾証言が出てきた。先ほど終わった衆院予算委員会での学校法人森友学園の籠池泰典理事長の証人喚問だが、午前の参院での証言で出てきた「平成271117日に総理夫人付タニサエコさんからいただいたファクス」について、衆院でさらなる詳細が発覚した。

 

 午前の証人喚問での籠池理事長の話によると、平成272015)年529日に定期借地契約を締結し、その土地の買い受け特約が10年だったが「もっと長い期間へ変更できないか」との思いから「私たちの教育理念に賛同している昭恵夫人に助けをいただこう」と考え、同年10月に昭恵夫人の携帯に電話。留守電だったためメッセージを残したところ、後日、内閣総理大臣夫人付のタニサエコという人物から連絡があり、「なかなか難しい」との返事がきた。

 

 さらに同年1117日には、以下のようなファクスが送られてきたという。

 

〈時間がかかってしまい申し訳ありませんが、財務省本省に問い合わせ、国有財産審理室長より回答を得ました。

  大変恐縮ながら、国側の事情もあり、現状では希望に沿うことはできないようでございますが、引き続き、当方としても見守ってまいりたいと思いますので、何かございましたらご教示ください。

  なお、本件は昭恵夫人にもすでに報告させていただいております。

 内閣総理大臣夫人付 谷査恵子〉

 

 このファクス文面はすでに午後のワイドショーで公開されているものだが、午後の衆院の証人喚問で民進党・枝野幸男議員に引き続きこのファクスについて問われた籠池理事長は、上記の文面を読み上げた後、なんともう1枚紙をめくって、文面を読みはじめた。まだ公開されていない2枚目、つまりファクスのつづきがあったのだ。しかも、それは衝撃的な内容だった。

 

「『10年の定借の是非』『50年定借の変更の可能性』『土壌汚染や埋設物の撤去期間に関する資料の扱い』そして4番(目)が『工事費の立て替え払いの予算化について』というふうなことも書いていただいている。『一般的には工事終了時に精算払いが基本であるが、学校法人森友学園と国土交通省航空局との調整にあたり、予算措置が付き次第、返金する旨の了解であったと承知している。平成27年での予算での措置ができなかったが、平成28年度での予算措置を行う方向で調整中』というようなものをいただいています」

 

 籠池理事長からの「依頼」に対し、安倍昭恵夫人は秘書を動かして財務省に掛け合い、その上で「国有財産審理室長」が「平成28年度での予算措置を行う方向で調整中」と回答していた──。つまり、昭恵夫人は国有地の取引に関して財務省から回答を引き出していたのである。

 

 この衝撃的な内容に、枝野議員は「安倍総理が従来おっしゃっていたことと全然違う。本当に重いご発言なんですよ。きょうのご発言は事実と違えば偽証罪に問われ、このファクスが偽造・変造されたものであれば、罪に問われます。間違いないものなんですね?」と確認。しかし籠池理事長は、明確に「間違いございません」と返答した。

 

 安倍首相は217日の国会答弁で「私や妻が(国有地売却や学校認可に)関係していたことになれば、首相も国会議員も辞める」と宣言している。もし、この籠池理事長が読み上げたファクスがほんとうに昭恵夫人側から送付されていたとすれば、昭恵夫人が国有地売却に「関係」していたということになる。

 

 この疑惑のファクスは早晩テレビなどのメディアにも出てくるかと思われるが、これが事実なら、総理辞任は必至だろう。

 

(編集部)

 

スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:阿修羅より
   

だが、これが安倍首相の本心、真の姿だ! 

投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 3 月 20 日 15:10:55:


▼だが、これが安倍首相の本心、真の姿だ!
 森友学園で追及されるのが怖くてまた、海外へ逃げた。ドイツに行ってメルケルにトランプとの日米会談を説明する? ついでに大統領トランプの印象を教えてやる?

 バカを言いなさんな。メルケルはトランプ本人と面談したではないか。こんな情報は当然、事前にキャッチしておくべきだ。

 安倍晋三という人は「3日目に栓を抜いたビール」みたいなお人だ。

 だが、騙されてはならない。これが安倍首相の本心、真の姿だ!
じいさんの血が身体から抜けないでいる。要注意人物である。

▼イスラエルと手を結んだ安倍晋三
 祖父の岸信介が成し得なかった「軍事大国ニッポン」への夢を実現しようと、自ら手を上げたのが安倍晋三。そのためには戦争放棄を明記した日本国憲法が邪魔だ。

 一度は改憲を試みたが上手くいかず、持ち出したのが「解釈改憲」なる奇妙な論理。だが、彼は改憲を断念したわけではない。「スキあらば」と狙っている。

 特定秘密保護法で人々の口を塞ぎ、集団自衛権で自衛隊を海外へ出す構えだ。「日本を守るために入隊した。海外まで出張って米軍と一緒に戦うなど約束が違う」と自衛隊を辞める若い隊員が後を絶たない。

 ふだんから若い隊員の欠員に悩む自衛隊。少子化で若者の数はこの先、減る一方だ。隊員確保の行き付く先は???となる。既に「経済的徴兵」が経済界の一部でささやかれている。安倍政権は武器輸出にも積極的だ。

 日本が国際テロ組織「IS」から標的とされるきっかけとなったのは2015年1月の安倍首相のイスラエル訪問だった。当時、イスラエルはパレスチナ人弾圧をきっかけに国際的に非難され、最大の貿易相手だったEUは経済制裁を強化した。

 ネタニヤフ首相は、EUに代わる貿易相手を探すのに必死で、3月の総選挙を前に窮地に陥っていた。そこに米国議会のタカ派の意向を受けて手を差し伸べたのが安倍晋三だ。

 日本はイスラエルとの間で武器の共同開発の協定を結んでいる。ここまですると「アラブの敵」とみなされても不思議はない。

 安倍は同年1月17日、訪問先のカイロでテロとの戦いを強調。対テロ周辺国に2億ドルを拠出すると宣言した。この直後、日本人の人質が殺害された。

 米国とともに戦うと宣言した英仏では地下鉄やバスなどで爆発が相次だ。日本の海岸は原発銀座。日本列島をつなぐ新幹線。都市部は地下鉄が網の目のようにつながっている。そんな日本がテロの標的にされたらどうなる?

 それでもあなたは安倍政権を支持しますか? 改憲に賛成しますか?

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:阿修羅より


菅野完が、国税庁長官・迫田英典に王手をかけた/副島隆彦


http://www.asyura2.com/16/cult17/msg/723.html


投稿者 仁王像 日時 2017 3 18 16:43:54: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc 


     


 


 [2109]菅野完(すがのたもつ)が、国税庁長官・迫田英典(さこだひでのり)に王手をかけた。


 投稿者:副島隆彦


 投稿日:2017-03-16 12:59:02


http://www.snsi.jp/bbs/page/1/


 


私が、ここに貼った1ページの画像の中の人物が何者か、は、あとの方で説明します。あっと驚く事態です。今や、国税庁のトップ が、森友=籠池 事件 =安倍晋三 と深く関わっている。国税庁(霞ヶ関の財務省ビルの5階に入っている)にまで、犯罪捜査 が向かっているのだ。 


 


 経営者と自営業者たちが、頭を痛める納税申告(のうぜいしんこく)の、この時期に全く、何をか況(いわ)んや、だ。全く、国税庁よ、お前たち自身が、犯罪者の巣窟なのだ! よくも、正しい申告、正しい納税、などど言えるなあ。


 


 私、副島隆彦から、“徴税テロ”を実行している タックス・テロリスト Tax terrorist どもだと、言われるはずだ。


 


 それが、先週、発売になった、私の新刊書『 税金 恐怖政治 (タックス・テロリズム)が富裕層を追い詰める』(幻冬舎刊)である。


 


 森友(もりとも)学園事件は、いよいよ安倍政権(安倍内閣)の、倒壊、崩壊の引き金になりつつある。安倍晋三を本丸(ほんまる)とする、日本会議=勝共連合=統一教会 の日本のネットワークへの、大きな打撃となりつつある。


 


それでも、まだ大新聞の政治部は、自分たちが安倍晋三とベタベタしすぎて、飼い慣らされて、官房機密費(領収証なし)を貰って(ワイロだ)、汚れまくっているものだから、安倍晋三を支えている。今も正面から記事にしない。NHKもだ。


 


http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00352502.html


 


 こいつらは、安倍政権は「一強」の強力な政権であって、ちょっとぐらいの、対艦ミサイルや、魚雷を浴びたぐらいでは、大破、沈没することはない、と高をくくっている。それも、どんどん怪しくなってきた。 メディアと 警察を、首相の睨(にら)みの力で、押さえることが出来ている。だから、こんな高波警報ぐらいは、持ち堪(もちこ)えてみせる、大丈夫だ、という感じだ。 そうはゆくもんか。


 


 うまい具合に、絶妙なタイミングで、3月6日に、またしても、日本海に北朝鮮の4発のミサイルが打ち込まれた。「これで安倍政権は安泰だ。森友問題は終わったな」と、安倍派のシンパの言論人たちは考えたようだ。「これで、国民は、安倍政権の強い政治指導力で、自分たちを守ってほしいと、思う。だから安倍政権はさらに長期政権だ」 と、バカなことを言っている。


 


 彼らも、相当に、Moonies ムーニー=統一教会の ばい菌が脳に入っている。テレビ、新聞、雑誌の記者たちまでも、すっかり汚染されている。このことが日本国の重大な危機である。


 


 このあとも、この勢力は、鉄壁(てっぺき)の防御陣(ぼうぎょじん)で、空母・安倍を中心とする機動部隊(タスク・フォース、連合艦隊)を守り抜くつもりのようだ。ずるずると、このあとも、次から次に事実が発覚して、報道が続いて、出来れば9月ぐらいまで、安倍晋三と、おかしな奇妙な宗教団体 の話が、国民の間で、ぐずぐず、ザワザワと話され続ける方が、却(かえ)ってよい。それが、よい国民教育になる。だから、私は、この「安倍一強」が、すぐに崩れない方がいいと、思っている。


 


 事態は、昨日、3月15日、新しい段階に突入した。 ここでは、「ドアホ理事長」(名古屋なら、タワケ理事長か )と呼ばれている、籠池泰典(かごいけやすのり)と、「豪快な大阪のオバハン」(諄子、じゅんこ)夫妻、そしてその家族が団結して、ついに自分たちを守るために、大きな反撃に出た。


 


このままでは、「小学校の認可は取り消しだ。国有地を返せ。渡した補助金を返せ」が、腐った役所の公務員ども(自分たちも、よごれた当事者。被害者ヅラするなよ、から起きているので、火炙(ひあ)ぶりの刑に等しい。こうなったら、あいつら、と 差し違えてやる、となる。


 


 これに、ヤフー・ニューズの赤澤竜也(あかざわたつや)氏と、我らが菅野完(すがのたもつ)氏が、独立ジャーナリスト (腐った、組織ジャーナリストではない)の気骨のある立場から、「より大きな悪を追及する」の立場から、籠池一家と信頼関係を築いて、家の中にまで入り込んで、仲良く鍋をつつきながら、籠池一家の言い分を、よくよく聞いて、真実を知って、それを、メディア向けの 情報記事として公表する、という素晴らしい仕事をし始めた。 その様子が、前記の FNN(フジテレビ)の昨日のインタヴュー動画だ。クリックして見て下さい。


 


 どうも、テレビ各局は、大きなシナリオ(筋書き)として、「ケッタイな籠池一家が、起こした、国有地詐取(さしゅ)事件として」そろそろ、幕引きしようとしていた。「お茶の間の関心も薄れたようだから・・・」と、大きな観点からは、安倍政権の延命を助けるために、報道の打ち止め、終了、という動きに出ていた。


 


 それが、赤澤・菅野の独立ジャーナリストの 「大きな真実を国民に伝える」というジャーナリズム 本来の使命で、突出した。籠池一家としては、このテレビ・新聞どもが、公然たるメディア・スクラム で作り上げ、自分たちをピエロに仕立てて、わざと、おかしな言動を取らせて、でっちあげの「変人一家の事件に仕上げる」という計画を、菅野完のメディア慣れした、ずば抜けた才能に頼る、という態度に出た。 


 


 このニューズ動画の様子は、昨日(15日)の午後2時半からの、東京の 西麻布の、菅野氏の鉄筋アパート前での、各社詰めかけの、合同取材(囲み、ぶらさがり)だ。ここで菅野(すがの)氏の、籠池の即席のスポークスマンとしての見事(みごと)な受け答えと、戦略が、公然と、メディア(大テレビ局各社)に42分間にわたって、放映された。


 


 それが冒頭にも載せた、以下の FNN(フジテレビ)の放送のネットでの映像だ。いろいろな真実が分かりますから、これを見て下さい。


 


http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00352502.html


 


 この菅野完(すがのたもつ)の、テレビ各社インタビューでは、菅野が、まるで籠池の代理人、代わりとして、話している。このあと、籠池の代理人だった弁護士は辞任した。自分が、財務省の手先となって、籠池をあやつって、いいように騙そうとしたことが明らかになったので。 


 


 籠池一家が出てきて、報道陣の前で、おかしな行動を取って、奇矯な言動に出て、それを笑いものにすることを、狙っていた報道各社は、これで、その「安倍まもり」の狡猾な作戦を、菅野にみごとに打ち破られた。菅野は、最後は、「籠池さんは、ご自分が、この件で関係した現職の閣僚の名前も公表しますよ」と言った。それで、今日(16日)から新たに大騒ぎなのだ。それでも、大新聞は、この報道を封殺した。警察もまだ動かない。 


 


 菅野完は、「このふたりを、なんで、あなたたち(メディア、マスコミ)は、取材しないのか。このふたりこそが、小学校の設置認可をして、国有地の払い下げをした(ハンコをついた)、当の責任者で、公人、公務員で、まさしく一番の責任者だ。籠池さんには、これに関与する何の力もないのですから。このふたりへの独占インタヴューをしてきたテレビ局、新聞社とは、籠池さんは、独占インタヴューに応じる、と、いわはっていますよ」と言った。 


 


 そのひとりは、迫田英典(さこだひでのり)財務省理財(りざい)局長(当時)。それと、松井一郎 大阪府知事である。 この迫田 は、なんと現在は、国税庁の長官である。日本の税金官僚のトップだ。2015年9月3日に、安倍首相で官邸に報告しに行っている。そして、翌日、4日、安倍は、他の国会の答弁の仕事をほったらかして、大阪に行き、読売テレビ(東京では日テレ)の「ミヤネ屋」の番組に出て、そのあと、「かき(牡蠣)鉄」というお店(公明党の幹部で、国交大臣だった、冬柴鉄三(ふゆしばてつぞう)の長男が経営者。りそな銀行の支店長をしていた。


 


 ここから、籠池は、その後、21億円の融資を、その払い下げ国有地・建てた学校を担保に受けたようだ)で、近畿財務局(財務省の出先)の美並(みなみ)・・・局長 と、 大阪航空局(国交省の出先。旧伊丹空港の騒音対策の補償と、騒音地の買い上げをした。住宅街だったのだから、産業廃棄物などは、あの用地にはない! )の担当者と、会っている。 この担当者たち 2人 は、現在、「出張中です」のまま行方不明だ。すでに口封じで、殺されたのではないか。このふたりが、「8億3千万円の 値引きの計算、と1億3千万円の土壌汚染の除染代を計算」した。「籠池氏の件をよろしく頼む」と安倍が首相権限で、この役人たちに目の前ではっきり言ったのだ。そがのこの日の安倍の慌ただしい動きだ。このあと、安倍は急いで夕刻には東京に戻っている。翌日9月5日に、安倍昭恵が、名誉校長として塚本幼稚園で講演をしている(4回目)。


 


 だから、籠池に、ここで、14億円の国有地と、校舎の建築費7.5億円で、合計21億円を、“タダで、上手に、やってあげる” スキーム(お膳立て。書類上の仕掛け。汚染土壌だ、とか、産業廃棄物が埋まっている、とかで、8・3億円の値引き、とか、6億円の援助金=補助金 、これが校舎の建築費、を出す、とかの、粉飾書類作り)を作ったのだ。


 


 どうやら安倍晋三たち当事者は、公表15億円となっている、小学校の校舎の建築費と、実際の7.5億円との、差額の 7.5億円を、ワイロ(贈収賄=ぞうしゅうわい=罪を構成する)のカネとして、皆で、ひとり一億円ずつ、分け合ったのだろう。この証拠が出たら、安倍晋三たちは、「首相を辞任します。議員も辞めます」では済まない。政治家を辞めても逃げ切れない。有罪判決を受けて牢屋(刑務所)に入らなければいけない。


 


だから菅野が、「事実が表に出たら(安倍晋三の内閣が吹き飛ぶどころか)内閣が2つぐらい吹き飛びますよ」と言った。 


 


 こういう国有地の払い下げでの、汚職(疑獄。ぎごく)は、数百件どころか、数千件も行われてきたのだ。こういう政治家からの「面倒を見てくれ、よろしく頼む」役人「分かりました」の構造で実際の政治は動いている。アメリカでは、これを、ポーク・バレル pork barrel 「豚肉の樽詰め」という。今度のこの一件で、土建屋(建設会社)の幹部たちを含めて、国民の「上の方の者たち」は、真実を、じゅうじゅう知っている。それが、ナマの泥臭い、本当の政治だ。自民党政治だ。「政治というものは、こういうものだよ」と、知っている。人生経験がある程度ある者なら、このことを、うっすらと気づいている。


 


(中略)


 


 安倍晋三たち、日本会議=勝共連合=統一教会 Moonies =幸福の科学 、カルト・オブ・ヤスクニ の狂った宗教勢力の、ばい菌、害毒、恐ろしい毒蛇 たちを、人類は、駆除しなければいけないのだ。そのために、プーチン(ロシア)と、習近平(中国)と、トランプ(アメリカ)の、3巨頭の団結がある。私、副島隆彦の、この理論の飛躍が、スゴすぎて、とても理解できない、ついて行けない、という人たちが、多いようだ。それならそれでいい。どうせ時間が経(た)てば、あまり頭の良くない人間たちでも、生来の真面目ささえあれば、副島隆彦の本の読者なのだから、そのうち分かるようになるだろう。


 


 安倍首相の名前も もうすぐ表に出て来るだろう。あちこち、マネー・ロンダリングされて(幼稚園経営の籠池は貧乏だから元々カネを持っていない)、自分たちで国のカネを、錬金術(れんきんじゅつ。アルケミストリー)でひねり出した、そのカネを、だいたい一億円ずつ、山分けして、迫田英典がスキームを作ったものを、受け取っている。このことがバレるだろう。 それでも、それらを、なかったことにして、すっとぼけて、自民党政治は続いて行くのだろう。


 


 だから、私が、一番、始めに載せた画像写真の男が、まさしく迫田英典だ。この男は、何と、2015年3月の「籠池(森友)への 20億円の国有地の払い下げ錬金術づくり」をした、その直後(ちょくご)に、理財局長から、国税庁長官に出世した。


 


おい、国税庁! 私、副島隆彦が出したばかりの、『税金恐怖政治(タックス・テロリズム)が富裕層を追い詰める』(幻冬舎刊、3月9日刊)の、本の中の一ページにすべく、準備していたのが、このページだ。 この迫田の顔写真は、今では、もうネット上にはない。見つからない。すべての新聞記事から消されている。だから、この顔写真は、菅野完(すがのまもる)が、公然と掲げて、昨日、上記のFNNその他の、動画ではっきり見せた以外では、公表されていない貴重なものだ。指名手配書(WANTED! )の顔写真のような、この顔を、みんな、よーく見なさい。


 


 こいつが、じりじり、ぐずぐずとであれ、国会に証人喚問(しょうにんかんもん)されなければ済まないのだ。だが、その時は、安倍政権は倒れているだろうから、財務省としては自分たちの同僚幹部を、組織をあげて庇(かば)い続けるだろう。だが、逃げ切れるかな?


 


 このワイロ男の よごれ官僚が、“徴税テロ”を実行している、日本の税金官僚=タックス・テロリストの頭目なのだから、ホントに笑ってしまう。私、副島隆彦から嘲笑されるに値することをしている国税庁よ、ホントに元気が出ないだろ。自営業者と経営者たちが、ドキドキしながら頭を痛めて、自分のお金の動きを国家に報告するために、(どうして、国家というのは、国民の カネの動きをこんなに追いかけ回すのだ)、納税申告(しんこく)の、この時期に、本当に、全くもって、お前たち税金取りたちにとっては、深刻(しんこく)な話だな。


 


前の大隈健一郎(おおすみけんいちろう)国税庁長官の時と、全く同じだ。組織全体が、赤っ恥をかきました、では済まない。


 


安倍晋三 と 迫田英典 よ、汝(なんじ)の時は数えられたり、だ。


 


 このほかに、この事件での客観的な事実関係を知りたい人は、以下の「リテラ」誌のサイトで記事を


読んでください。


 


http://lite-ra.com/2017/03/post-2995.html

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:阿修羅より


籠池の代わりに菅野完が会見、マスコミが中継を打ち切った爆弾発言の中身! 財務省の工作、稲田の父親、在特会…


http://lite-ra.com/2017/03/post-2995.html


 2017.03.15. 籠池独占取材した菅野完爆弾会見の中身  リテラ


 


 


  またも森友学園に関して、爆弾発言が飛び出した。本日、日本外国特派員協会による記者会見をキャンセルした籠池泰典理事長だったが、著述家である菅野完氏に会うために上京。自宅の前に詰めかけた報道陣に対し、本日14時半すぎ、菅野氏が理事長に代わって会見のキャンセル理由などを語ったが、そのなかには疑惑の鍵を握る重大な内容が含まれていた。


 


まず、菅野氏は「理事長は僕にだけ話したいと言っている」とし、籠池理事長の記者会見キャンセルの理由を「僕の口からは言えないが、いろんな事情がある。ご想像の事情もある」「会見は延期ではなく中止というふうに考えたほうがいい」と発言、籠池理事長の会見出席に何らかの圧力がかかっていることを示唆した。


 


 さらに、菅野氏は「(籠池理事長から記者の質問に答えるための)交換条件をいただいている」として、封筒から紙を取り出した。その紙にプリントされていたのは、なんと、国税局長官であり、国有地が払い下げられた当時の理財局長だった迫田英典氏の顔写真だった。


 


「この人、当時の理財局長やった迫田さん。いま、(東京都内の)番町の官舎に住んでいらっしゃるんですけれども、この人の単独インタビューとってきたメディアがいたら話ししたると言っています」


 「(迫田前理財局長は)国会の招致にも応じていないですよね。理事長は私人ですが、この人は公人です」


 


 迫田前理財局長は国有地を管轄する部門の“最高責任者”だったわけだが、氏をめぐっては、森友学園側が近畿財務局で統括管理官と大阪航空局調査係とで話し合いを行った前日である93日に安倍首相と面談。森友学園と国が交渉を行っていた翌日には安倍首相自身が来阪し、テレビ出演を行い、さらには翌5日に昭恵夫人が塚本幼稚園で講演し、名誉校長に就くことが決定するという“あまりに奇妙な流れ”がある。しかも、理財局長に就任した20157月以降、迫田氏は安倍首相と半年のあいだに5回も面談。主計局長や主税局長と違い、傍流の理財局長がこんなに頻繁に総理と会うというのは異例のことだ。


 


 しかも、昨日、塚本幼稚園で行われた修了式において籠池理事長は「疑惑が浮上してから、財務省に言われて身を隠していた」と発言していたが、その指示をしていたのが、現在の理財局長である佐川宣寿氏だったというのだ。菅野氏はこう述べている。


 


「理事長および理事長夫人は、顧問弁護士から、財務局の佐川理財局長から電話があって、『10日間でいいから身を隠してくれ』と言われた、と言っていました」


 


 佐川理財局長が自ら籠池理事長の顧問弁護士に電話をし、身を隠せと指示をした──。これが事実ならば、財務省が国有地売買の不正を認識しており、それを語らせないために籠池理事長をメディアの前に立たせないように手を回したということだろう。そして、菅野氏も指摘したように、それは「迫田氏を守るため」だ。


 


 だが、ここで菅野氏はもう1枚紙をめくり、今度はあの男の顔写真が入った印刷物をカメラに向けた。松井一郎・大阪府知事の顔だ。


 


「いま大阪府が必死になって、この人を守ろうとしている」


 


 菅野氏はそう話すと、自分を取り囲む大勢のマスコミに向かって、このように迫った。


 


「この人は八尾のとある大規模マンションに住んではるんですけど、みなさん、この人(迫田氏の写真を取り出す)の官舎の前と、この人(松井府知事)の八尾の家の前に、これくらいのカメラ構えました?」


 「同業者としてのみなさんへのお願いです。この人たちこそが悪い奴なんです」


 「冷静になって考えてみてください。理事長は国有地の売買にどう関与しようと決済印を押せないんです。理事長は私学審議会の審査内容にどう介入しようが最後の認可の判子は押せないんです。認可の判子を押すように催促できるのは松井知事であるし、国有地の売買の最終決済をおろすのは近畿財務局の局長と本店の財務省の理財局の局長です。であれば、判断の責任を問われるべきは、私人である籠池さんではなくて公人である理財局長と知事ではないですか? マイクを向け、カメラを向けるべきは、政治家と役人ではないですか?」


 「なぜ家に行かないんですか? なんで僕の家の前に来てるのに、(迫田国税局長や松井府知事に対してしては)なぜ記者会見の場以外に(迫田国税局長や松井府知事の)家に行かないんですか?」


 


 籠池理事長を追及する声は高まり報道も過熱しているが、一方、公人にして問題の責任者である迫田理財局長や松井府知事への追及は、きちんとできているのか。本サイトも本日配信の記事において松井府知事と橋下徹への追及が甘いと言及したが、菅野氏の指摘はもっともな話だろう。


 


 しかし、やはり批判を受けたメディアのほうは、今回もヘタレっぷりを自ら露呈した。


 


 昼のワイドショーはこの菅野氏への囲み取材の模様を各社が伝えたが、生中継を行うとしてスタンバイしていた『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)は籠池理事長ではなく菅野氏のみが出てきたために生中継を中止。『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)は生中継を行ったが、松井府知事の写真が飛び出すと、松井と仲良しの宮根誠司はワイプで露骨に苦笑いを浮かべ、挙げ句、菅野氏が「おそらく籠池さんがもってはるもんが全部出てきたら、内閣が2つ分くらい飛ぶと思うんです。安倍晋三みたいなどうでもエエって話になると思うんですが」と言った途端、安倍首相の名前が出るや否や素早く中継をストップさせたのだ。


 


 だが、その『ミヤネ屋』が中継を止めてからも、菅野氏はもうひとつ、重要な指摘を行っていた。それは渦中にある稲田朋美防衛相についてと、安倍政権を支える政治家と極右組織との繋がりについてだ。


 


「稲田さんのお父さんである椿原(泰夫)先生(編集部注:昨年10月に死去)は関西保守人脈の重鎮ですから、籠池さんみたいな思想をもっている人だったら椿原さんとよく昵懇だったでしょうし、そうすると稲田朋美さんと在特会とか、いわゆるレイシストたちとのいかがわしい関係というのは大阪や京都や福井を歩けばいっぱい見つかると思いますよ」


 「椿原先生の存在を追いかけると、なぜ瑞穂の國記念小學院みたいな学校が大阪に出来たのか、なぜ維新みたいな連中が大阪で権力をもつにいたったかというのも、よくわかると思います。みなさんぜひそこらへんを追いかけてみてください。いかがわしい連中が大阪府庁のなかで陣取っているというのが、よくわかると思います」


 


 稲田の実父・椿原泰夫氏は、「頑張れ日本!全国行動委員会」という団体の役員などを務めてきた人物だが、同団体は在日朝鮮人・韓国人差別や同性愛者に対する差別デモなどをおこなってきた極右ヘイト団体だ。以前本サイトでも報じたことがあるが、その結成集会には、稲田朋美はもちろん、安倍首相、下村博文元文科相、高市早苗総務相、西田昌司衆院議員、山谷えり子元国家公安委員長といった安倍政権の幹部たちが参加するなど、安倍政権と親密な関係にある。


 


 極右人脈と政治家が接近し、その蜜月から森友学園疑惑は起こった──。今回の騒動の根幹に違いない問題だが、はたして、メディアはその深層にまで切り込むことができるのか。菅野氏がカメラの前で投げかけた重要な指摘の数々を、メディアは『ミヤネ屋』のように聞かないふりをして闇に葬ってしまう、そんな気がしてならない。


 


 実際、夕方のニュースでは、一部の番組が菅野氏の会見に対する財務省の否定コメントを紹介するのみで、あれだけ大挙して押し掛けておきながら、迫田理財局長や松井大阪府知事の責任や、疑惑の背後にある極右人脈についてなどの重要な指摘については一切報じられていない。このままでは今回と同じように、思想によって便宜供与が図られるという異常政治が繰り返されるということは肝に銘じるべきだろう。


 


 また夕方になって再度会見した菅野氏は、「籠池氏が、閣僚との金銭授受を明かす用意がある」ことを語った。本サイトでも引き続き、続報をお伝えしたい。


 (編集部)


 

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:阿修羅より
   

安倍政権は自民党政権ではない、と小沢! 



▼安倍政権は自民党政権ではない!
 小沢一郎は、「自民党政権ではない。非常に反国民的な反民主的な政権だ」と安倍政権を厳しく批判した。誰よりも自民党を知る者だけに、どれも的を射た鋭い指摘だ。

******************
 2月28日の定例会見で小沢は、国有地の激安払い下げ疑惑について、「安倍内閣の強権的な権力政治の一つの現れだと思う」と語り、国民の財産である国有地の払い下げを、ただ同然で特定の人に払い下げることは誰が考えても理解できない。徹底的に真相を解明しなければならない」と強調した。
 
 また、安倍首相が国有地の払い下げに関し、支持したことはない、と言ったことに関連し、「自分が直接、財務省や国交省に指示をしたりしなくても、当事者に大きな影響を与えたと思う」と語った。

 そして「国民の財産を自分たちの特別の仲間の一人に、ただであげるという。こんな馬鹿なことが許されるはずがない。(安倍政権は)自民党政権ではない。なぜならば、その本質とバックボーンとなる哲学を失ってしまった」と小沢。

 小沢は、「言葉で言えば強権的な権力の行使。経済活動で言えば自由競争を最優先。そして、先人が営々として築いてきた社会保障を始めとするセーフティネットを規制撤廃という名の下に取り崩していった」と批判した。

 次いで、「安倍政治は歴史に逆行し、民主主義を否定する考え方だ。旧来の自民党は、富の国民に対する配分を政治の一つの前提、哲学として持っていた。そこが全く違う」

 最後に小沢は、「強いやつが勝つから仕方ない、という考え方で、自分の国家観に合わないものは権力を行使してでも排除するという感覚だ。(安倍政権は)非常に反国民的な反民主的な政権だ。かつての自民党政権とは全く異質のものになってしまった」と力説した。


コメント
かつての自民党時代、憲法、法律を当然のごとく重要視していた。

竹中/安倍以前、一億総中流社会があったし、人命も大事にしていた。

派閥の長、一人でも安倍でんでんより重みがあったし、全体で議論していた。また官僚役人、記者クラブメディアも社会のために機能していた。自民党からカル党に変わったと小沢が言ってるのだよ。カルト宗教に冒された自民党は、小泉が公明を引き込んでから始まった。そして安倍でそれが更に最悪になったという事。>安倍政権は自民党政権ではない、と小沢!自由党政権を成立させて見せるのが良い、と思う。

 『日本会議 総ぐるみで押し通せばなんでも通る。』
 
  なんて考えているのかな? 

  自民党の中には国民感情を理解しようとする代議士は

  いないのでしょうか?

  会計検査院に任せるのは、まさに安倍の高等戦略である。

  何故なら、官僚は人事をチラつかせればなんでも通る。  だから絶対 ダメ ダメ ダメ ですよ!会計検査院のトップや迫田前理財局長は安倍総理と一緒に中身は解らないが何やら怪しい相談事をしていた.果たして会計検査院のきちんとした当たり前のことをするかどうか、総理の権力で官僚ぐるみ、国ぐるみ、安倍晋三は自分と親しい人や仲間には手回し良くずる賢く何でも思う様にしている、国の財産も血税もここまで公私混同しているズルさには恐れ入る。加計学園の36億無償援助も安倍総理が完全に関わっていると思われる全く同じ構図ではないか、野党は一緒に追及してほしい。>>1.
>石破茂などの反主流派に決起を呼びかけている。

石破茂のどこが反主流派だ!
石破茂は「もし海外派遣が言い渡されて自衛隊を退官したいなどと言った隊員は懲役300年か死刑もあり得る」と言った元防衛大臣だぞ!それは軍国主義推進そのものじゃないか!
今安倍が追い落とそうとされているから、その後を引き継いで安倍自民党を継続させようとしてまるで反安倍を装っているだけ。
人をおちょくるもんでないよ!

>>4さん
>カルト宗教に冒された自民党は、小泉が公明を引き込んでから始まった。

私は公明を自民党に引き込んだのは小渕だと思いますが。
それまで自民党を支持していましたが、小渕が公明党を引き入れたので私は自民党支持を止めたのですから。

小渕は大したことはしていないが、2000円札など無駄な札を刷って、自分の名前を残そうとしたり、公明党とくっついて自民党政権を維持する事だけに力を注いだ。
国民の為になど何一つ貢献していない総理大臣だった。

小渕が死んでその病室でたった5人で秘密裏に時期総理を森喜朗に決めた。

その後小泉純一郎が総理になった時私はこいつにコウモリ野郎とあだ名をつけた。
都合のいい方へなびく卑怯千万な野郎。

そして安倍晋三に政権をバトンタッチした。

コツら全部グルだ。
私が自民党の中でまぁ信頼できる人物は山崎拓氏と福田康夫氏くらいかな。
あと亡くなったけど、後藤田正春氏。小沢一郎が自民党を牛耳っていた時は、色々やっていたかもしれん。
小沢一郎が民主党を牛耳っていた時は、醜い事をしていたかもしれん。

だからと言って安倍晋三が何の証拠もないのに口利きなり、影響力の行使を
していたと何故断言できるのだ。

小沢一郎ともあろう方が、おかしくなったのか?自分が散々苦しめられた来た異様なラベル貼り・・・
それを一緒になって煽るのか?
小沢一郎、老いたり!!>>5さん
自由党が政権を摂ってくれたらいいですね。
でももっと候補者を各地区から出してくれないと入れられないです。
ですから私は共産党も良いと思います。
共産党と自由党の連立政権が希望です。
共産党が言っている事は誠に国民の方を向いています。
原発は廃止すると言ってますし。
集団的自衛権で自衛隊を海外派兵するなど違法だと言ってます。
自民党は真剣憲法改正では「基本的人権や国民主権平和主義」を無くさなければいけないと言っていますが、共産党は憲法を護れと言っています。
TPPも自民党は推進していますが、あれは保険や医療や薬など、国民が医療の恩恵を受けられなくするものですし、食料自給率も今ですら北朝鮮より低いのにもっと低くなりますし、そのほか雇用も公共事業も命の水ですら国民は外国に支配される仕組みです。
共産党はTPPにも反対しています。
私は小沢氏の総理が一番望ましいと思います。
でも共産党との政権を望みます。
やはり一党独裁は腐るのだと思います。

公明党は「希望のゆき渡る国へ」などとポスターを張っていますが、戦争推進の自民党にくっついていながら「希望のゆき渡る国へ」は聞いて呆れます。

原発などゾロでもどこも停電も無しなかったのに、それでも原発推進の自民党にくっついているくせに何が「希望のゆき渡る国へ」だ!

私は橋下の時から維新など自民別動隊だと思っていましたが、維新も今回「瑞穂の國小学校」の件で、はからずもその醜い正体を世間に晒しました。

まぁ話は長くなりましたが、そういう事で、自由党と共産党と社民党も良いね、その連立政権を希望します。誤  自民党は真剣憲法改正では
正  自民党は新憲法改正では誤  でも共産党との政権を望みます。
正  でも共産党との連立政権を望みます。
>>6.さん
>「不正選挙と邪悪メディア対策」をしない限り日本は良くならない。


まさにそうなんですよ。
ムサシを使うと票の名前の書き換えも違った字体で書き換えが可能だそうですね。
そんな事をされたら、選挙の意味がないですよ。
何とか「ムサシ」を使わせないで、時間がかかっても昔のようにちゃんと人の手で確認して欲しいです。
でも以前の民主党の代表選のように、どこかの倉庫へ運ぶなんてのも危険です。
投票箱を運ばずにその場で国民の監視のもと、監視カメラを付けて数えてほしいものです。昔より人口が減っているのに何でムサシを使うのかと言うと、やはり自民党有利の不正が出来るからだとしか思えません。
>>11
おいおい^^

小渕総理が公明党と共に政権に引っ張り込んだのが自由党=小沢一朗や小池百合子だぜ^^

YKKと呼ばれた小泉純一郎、加藤紘一、山崎拓3氏は、小渕政権の運営に反対して、提出法案の反対に回ることを確定させていた^^

そこで小沢一郎が、公明党と自由党を連立に組み込めば、YKKに遠慮なく政権運営ができるからと小渕を焚き付け、政権に復帰しようとした^^

公明党は、小渕総理に協力するバーターとして、当時、検察が独立組織化することを許さないとし、法務省が検察を制御するため尽力していた中村喜四郎法務大臣の罷免を求めた^^

小渕総理は仕方なく、中村喜四郎法務大臣を罷免し、公明党を自由党と共に組織内に組み入れたが、すぐさま原因不明の酩酊会見を行うことになり、あっという間に急逝^^

そして、検察帝国日本が建国されることとなった^^こうだよね^^?真実の歴史はさ^^>11さん

なるほど、ドリル娘と共に、日本政治に負の遺産しか残さなかったのですね。

後は「平成」なんて年号に相応しくないカオスな時代を膿みだした責任多しですな。こういう死者には鞭打ってもバチは当たらんでしょう。汚物と呼ばれたわけだ。
当時公明党を率いていたのは、中華民国河北省天津の出身で、検察OBであった神崎武法委員長^^

神崎委員長は、小沢新進党時代の総務会長^^

前委員長の竹入義勝委員長時代の市川雄一書記長との間で、一一同盟と揶揄された小沢一郎氏との関係をさらに強化した関係が、神崎委員長と小沢自由党代表の関係でもあった^^

森喜朗、亀井静香、野中広務、青木幹雄、村上正邦^^

小渕総理の急逝に鑑み、自民党首脳は5人組と呼ばれる緊急会合を開いて森喜朗総理大臣を任命^^

小沢一郎氏は自由党を政権外に脱党させようとしたが、保守党として政権内に残るとしたグループとの間で党を割ることになり、新生した民主党に吸収されるように合併に向かう^^こうだよね?^^正しい歴史は^^

「小沢一郎以外の政治家に興味はない。」というのはジャーナリストの故渡辺乾介氏の言葉と伝えられるが私もそれに近い。
しかし、小沢氏の話を聞いているとこの人は本当に自民党が好きなんだと感じる。
彼の政治の師である田中角栄氏にあった庶民の生活を護るという政治の基本が角栄氏亡き後の自民党から失われていったことも彼が自民党を離れ、これとは別の政権担当能力のある政党作りを目指した理由ではないのかと私は感じている。自由と民主を尊重し、福祉国家を目指していた「合憲自民党」は
2005年に消滅しました。

それ以降の自民党は「違憲自民党」(憲法99条違反の憲法改正を
謳い、憲法25条違反の新自由主義信奉を謳っているので)と党名
を変更しなければならませんでした。

結果、憲法違反オンパレード政権しか政権を維持できなくなり、

世界一の現行憲法を丸ごと変更し、これまでの数知れない憲法
違反行為を憲法違反と判断できなくなる「憲法の体をなさない
憲法」(世界最低の憲法)に変更することが急務となり、

官僚様のパペット安倍が憲法改正急務を公言している訳です。

三権(内閣・議会・裁判所)代表が集まった米大統領就任式で、
新大統領が米国憲法をpreserve, protect and defend すると
宣誓←日本も新首相に宣誓させるべきです。

要するに、新大統領に現行憲法違反行為や現行法律違反行為を
絶対に行わないと宣誓させている訳←法の支配です。

こうすることで、主権者国民は、安心して、新大統領に強大な
権限を委託する事ができます。

なぜなら、新大統領が合憲行為をしている限り、新大統領が
独裁者に成る事が不可能だからです←独裁者出現阻止が、憲法
の目的の一つだからです。

ですから、新大統領は宣誓を拒否することは、絶対に出来ません。

日本では、首相は、現行憲法99条該当者ですので、現行憲法
尊重擁護義務があります。

その憲法99条該当者(首相)が、憲法改正を声高に公言して
しまうと

その行為と憲法99条該当者としての義務を果たさなければなら
ない行為と相矛盾し、整合性が取れない行為となってしまいます。

要するに、憲法99条該当者が憲法改正を公言する行為を「現行
憲法は軽視するが、改正憲法は尊重擁護する」と判断できるから
です。

主権者国民には、現行憲法尊重擁護義務を果たす心算の無い御仁
に巨大な権限を委託するリスクを負う責務はないので、国会議員の皆様、首相の違憲発言を裁判所に提訴して下さい!昔も今も変わりなく自民党はアメリカ様のための党
支持者は罪深い
日本のために働いた試しはないのだから
昔はネットがまだないからかそれをうまく隠していたまたは隠し通せた
しかし、今は違う 史上最低最悪の首相の安倍が、にもかかわらず日本憲政史上最長の総理大臣になるかもしれないという悪夢のような状況に、つくづく日本の劣化、衰退、腐敗を感じます。悲しいけれど、ここから闘いを始めましょう。私は今73歳だけど、頑張るからね。>>20. 斜め中道

>硬直したコメントが多いな、最近。

中道君、それはないだろう。
変幻自在、融通無碍と言われた正統保守の嫌韓君だぞ。

しかし、コメントに冴えがないとしたら、原因はこの話題に飽きた事かな。

だけど、民進党は最悪だね。
政治家との癒着を攻めようとしたら、松原の写真が出回り、
平野の名前まで出てきた。

アッキーを公人として、説明責任を求めた蓮舫が、
公人中の公人、野党第一党の代表が戸籍謄本も開示できないとはこれ如何に?
と問われ、ブーメラン。さて、土日での世論調査が月曜には出るだろうが、
内閣支持率はどうなっているかな?
民進党の支持率はどうなっているかな?
とても楽しみにしているよ。小沢氏でなくても皆な分かっている。

自由でも民主でもない、

安倍徒党は あえてその実態から名付けて呼ぶなら、独裁国民棄民不法行為隠蔽党である。選挙に落ちたらただの人、非常に不安定な職業ゆえまっとうな人間は政治家など志さない、結果異常に権力欲と上昇志向が強いゴロツキか官僚が横滑り的に納まることになる。構造的に悪党が集まりやすいのだ、犯罪者や犯罪者になる確率が最も高い職業なのではないだろうかと思う。まずいシステムだね。>>25

変幻自在、融通無碍・・・無節操で、いい加減てことか???

俺も似たとこがあるので、わずかな親近感は持っているが、

「森友学園の教育」に関しては、本当に頭にきているから、
おとなしくしといてくれ。

・・・な?あと、皮肉屋は、普通の人に比べて、認知症のリスクが3倍ほど高いらしい。
お互い、気をつけよう。


| BLOG TOP |

copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ