FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

松本清張

Author:松本清張
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅より


法務検察と財務省を解体せよ!<本澤二郎の「日本の風景」(2985)<国会は検事総長をつるし上げよ!>


http://www.asyura2.com/18/senkyo245/msg/237.html


投稿者 笑坊 日時 2018 5 25 17:11:57: EaaOcpw/cGfrA j86WVg


 


 


http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52213284.html


20180525日 「ジャーナリスト同盟」通信


 


<国会は検事総長をつるし上げよ!>


 米朝間の駆け引きは、頂点に達した印象を国際社会にまき散らしているが、これが外交というものであろう。これからが本番へと向かう可能性もある。悲観するのは時期尚早の感がある。他方で、


善良な日本人の精神は、相次ぐ安倍事件の連鎖で怒り狂っている。届いたばかりの雑誌の見出しは「アメリカのポチとして生きるのか!」「日本は破局的状況に突入した!」「サイレントワールドになった日本のたんぼ」など、いずれも深刻さを通り越した内容だ。事情通は、今朝も「法務検察と財務省・外務省を解体すべきだ」といって電話をしてきた。同意できる。国会は検事総長を呼びつけて、事件捜査をするように追い込むべきだ。なぜそうしないのか?解散回避の出来レースは許されない。


 


 


<昭惠と谷の事情聴取を直ちに開始せよ!>


 「相次ぐ証拠の発見によって、私的な案件(国有地払下げ)を、昭惠付きの谷が、財務省に問いかけていた。この証拠が、はっきりと出てきた。となれば、検察は手をこまねいて回避することはできない。灰色の黒白をつけなければ、国民は罷免するしかない」


 筆者は、すでに検事罷免に向けた検察適格審査会への申し立てを呼びかけている。これは無料で、誰でもが出来る検事資格審査機関である。


 


 大阪地検特捜部は、谷がどうして財務省に私的案件を問い合わせたのか、同時に昭惠が、谷にそれを指示したのか、このグレーゾーンを解明しなければならない。事件の真相解明は、そこから詰めていくしかない。


 安倍からの100万円提供と、金の出どころについても確認できる。官房機密費からとなれば、安倍は逃げられない。


 責任を果たさない検察は、法務省ともども解体するしかない。税金泥棒を主権者は容赦しない。検察が政府擁護機関であるのであれば、国民への裏切りである。検察解体が議会の責任でもある。


 


<財務省の予算査定権と徴税権を奪え!>


 財務省が、なぜ強力かというと、それは予算査定権と徴税権を握っているためだ。なくなれば、嘘の連発も通用しなくなる。さんざん財務官僚にコケにされてきた、国権の最高機関も覚醒する時である。


 


 予算編成に際して、関係する団体は、あらかじめ主計官によって、要求額の低めの査定に対して、仕方なく上京して、与党の族議員に陳情する。国会議員は、財務省の主計官に頭を下げて、復活要求をして、予算案は出来上がる。


 これこそ、田舎の猿芝居そのものである。


 主計官は内心、笑い転げているという現在の財務省はいらない。「予算査定を経済を知らない東大法学部に出来るわけがない」と事情通は怒り狂う。与党の議員・秘書は皆こうした屈辱を受けてきている。もうおしまいにすればいい。


 「過去のノーパンしゃぶしゃぶ事件では、銀行をつぶすことに成功して、いまの金融庁に格下げした。財務省の佐川や福田、そして麻生らの議会で嘘をつく傲慢な対応は、予算査定権と徴税権があるためだ。この権限を奪えば、財務省は解体するほかない」のだ。議会が覚醒すれば、国会議員はいちいち小役人に頭を下げる必要はなくなる。どうだろうか。


 


<心臓遊びのための外務省はいらない!>


 半島問題で世界が激しく揺れている時期に、安倍夫妻は、またしても逃亡外遊に出かけた。ロシア大統領と会う前に、日本を出発して議会での追及から逃げた。


 


 昨日5月24日の政府専用機のタラップでの、昭惠の白い歯に憤りを見せた国民は、恐らくは多かったに違いない。「昭惠の笑いは、晋三と義母へのあざけり、そして国民へのあざけりだ」と酷評する友人もいたほどである。


 


 車のNHKラジオで聞いた今朝の解説だと、安倍訪ロの三つ目の理由は、日本犬の贈呈式に出席するためという。ほかに、半島問題から袖にされたプーチンともども、うっぷん晴らしの会話、そしてとってつけたように北方領土問題、というのである。


 理由もなく訪ロしてのプーチン会談の真相は「心臓の鼓動を和らげる秘薬を期待してのものだ」との怪説もある。この5年の間、北方領土は1ミリも前進していない。心臓の遊びと逃亡の外遊に付き合わせられている新聞テレビの記者が、どんな記事を書くのか。「佐川同様にねつ造する競争さ」と冷めた目で、馬耳東風を決め込むしかないのかもしれない。


 あとは政局懇談で「三選に意欲」ということかもしれない。NHKは誰が同行特派員を担当したか、少しだけ興味がある。


 こんな安倍のための逃亡・休養のための外遊を計画する外務省も、財務省や検察庁と一緒に解体するのが、日本国民のためだろう。


 


2018年5月25日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)


 


スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:阿修羅より


安倍首相は新文書に加えて、もっと怖い籠池夫婦から贈り物が出てくる(かっちの言い分)。


http://www.asyura2.com/18/senkyo245/msg/207.html


投稿者 一平民 日時 2018 5 24 21:05:46: weTx3UHdkkpXM iOqVvZav


 


 


安倍首相は新文書に加えて、もっと怖い籠池夫婦から贈り物が出てくる。


http://31634308.at.webry.info/201805/article_24.html


籠池夫婦がやっと約10か月の拘留を経て、大阪地裁から保釈許可が出された。しかし、大阪地検は不服ということで準抗告を行った。両人の保釈金の合計は1500万円である。今、自宅も賠償に担保として没収されたので、保釈金も払えるかわからないという記事も出ているが、保釈金は別にどこかに逃げない限り、全額戻ってくる。弁護士が保釈申請をしているのだから、当然保釈金の話はわかっているはずである。


籠池夫婦は、基本は検察と争うということである。起訴の罪状は補助金を騙したということだが、夫婦はその原因を作ったのは、安倍夫人、国側であるとのロジックを述べるのではないかと思っている。


確かに、籠池夫婦は安倍夫人(安倍首相)を使って、学園を作ろうとしたが、それに賛同して、官僚を動かしたのは、夫人であり、そのバックボーンの首相だからだ。今回出された交渉記録にはっきり、安倍夫人の意向を谷秘書官が財務省に伝え働きかけ、実際に財務省が動き出している。当初の学校名は、やはり「安倍晋三記念学校」であることが交渉記録に書かれている。首相が「開成小学校」だと、朝日新聞を批判したことは嘘に基づきなされたことになる。


私達夫婦がもし籠池夫婦の立場なら、安倍首相が国会等でまるで、自分たち夫婦に纏わりつく汚い罪人のように言った言葉は忘れないだろう。如何に、自分の保身のためとはいい、森友学園の考えに共感し、涙まで流したのに、この仕打ちは何だということになる。日大アメフトの内田監督の姿が、安倍首相とダブル。


籠池夫婦のリベンジの方法は、裁判の中で、安倍夫人の関与をより詳細にばらすのではないかと思っている。それがなかったら、籠池夫婦も逮捕されることもなかったと。籠池夫婦が検察と争うというからには、そのぐらいの争点しかないように思える。


それが10か月間、冷暖房の無い部屋で、二人の頭の中で、外に出たなら何を言うべきかグルグルと考えていたのではないかと思っている。それを述べることが、安倍夫婦への贈り物と思っているはずである。なぜなら、安倍首相が、夫婦が今回の財務省の土地売買に何等か関与していれば、首相、政治家も辞めると豪語しているからだ。安部夫妻は、もっとも怖い夫婦を敵に回したので覚悟した方がいい。


 


 安倍は、籠池夫妻を敵に回しているかもしれないが、国民を敵にしている政治家である。


嘘をつき、国民をだまし、政治をゆがめ、国家財産を劣化させ、国民を貧困に追いやった罪は大きい。


いい加減、国会前で処刑したらどうか? 


フランス革命では行われたぞ。韓国は、今過去2人の大統領の犯罪裁かれています。


日本は、なぜ黙っているのだ?


安倍に任せていると、朝鮮半島が和平で意外な方向になったので、政策を変えて中東戦争に駆り出されるのでないか?


アメリカ同盟軍に傭兵として参戦させられるかもね、、、注意したがよい。


安倍は、イスラエルのネタニエフがお友達ですからね~戦争家です。


自民党二階幹事長! あんたには失望したよ。


 


 


2. 2018524 23:35:57 : WRWvZr5gi6 : @X44Br45lG4[118]


▲△▽▼


自民国賊政党など全員始末すべし。


 


 


3. 2018525 01:07:32 : XVei7jkBck : y9U@VQvDSJg[394]


▲△▽▼


安倍夫妻を国民の税金私物化、税金の贈収賄でブタ箱へさっさと収監すべし!!!


自分の罪を隠蔽するためなら文書改竄もやらせる、大嘘を国会で平気で付く


カネで信用を買おうと思って海外へ外遊に行きトンデモナイ金額の税金をばら撒いてくる。国民の実質賃金は下がり続けており、アベノせいで日本国民は貧困と格差に苦しんでいる。


こんな不要な総理はかつてない。即刻逮捕してでも辞めさせるべきだ。


 


 


 


4. 2018525 02:47:07 : 6rDrxTjEuk : U5SV0hPWNfY[4]


▲△▽▼


安倍昭恵は統一教会カルト信奉者、自分の旦那の祖父・岸が朝鮮から輸入・普及に尽力したカルト


の熱狂的信奉者で、安倍の命令通り思惑通り動いてくれるいわば洗脳操り人形、自分の祖父・岸そして


そのボスの米国ナチスシオ二ストCIAが期待した「日本人」の理想像、安倍は目の中に入れても


痛くないだろう。


これと同じ方向で洗脳操り人形期待される「日本人」を大量に生み出すシステムの学校版が、籠池夫妻が


安倍夫妻に話を持ちかけた「愛国右翼思想洗脳小学校」だと判断するのが妥当である。


学校がこうしたカルト思想に素直に心酔信奉する者、カルト思想に洗脳され信奉し切る操り人形群れ、


そして朝鮮、同和、暴力団という関西社会システムの核に属する連中らの利権、食い物のされている


構図が、この森友疑獄事件で日本国民に明らかになったわけである。


現在マスコミが取り上げ騒いでいる日大アメリカンフットボール部の監督やコーチを司令頭による


選手を使った暴力傷害事件でも、この学校と暴力団との繋がりが既にクローズアップされており、


国政や地方行政を始めとする政治家や行政トップに、こうしたわいゆる闇の勢力が関与し権力を


握っているのと同様に、学校教育システムにまでその勢力影響力を及ぼしてきている日本の恐ろしい


現状が、明らかとなっている。


こんな日本を「美しい国」だと詐称し、日本国憲法破壊を主張強行し、裏の稼業や悪事が表ざたに


されると、何の関係もない如く知らぬ振りを決め込んだり、逆に開き直ったり、そんな連中ばかりが、


安倍自公カルト政権を支えているのだから、つける薬はないのである。


 


 


5. 2018525 04:56:05 : LD37zNu8ts : rPTg3_kJ2JQ[110]


▲△▽▼


 


皆さんのおっしゃる通りです。そうであれば、昨年の選挙で自民党が圧勝したという選挙結果が、おかしいことに気付きましょう。「お前が国難!」と非難される選挙で、自民党の支持率が30%のダントツで、自民党が281議席の圧勝がどれほどいかがわしい選挙結果なのか。それは、遊説風景を見ても明らかでしょう。


>あまりにも対照的な、枝野コールと逃げ回る国難のアベ: https://imgur.com/a/99SNP


・民衆は怒りに燃え、枝野コールの渦。まさに、チャウシェスク政権崩壊の革命前夜!


・あまりにも寂しい街外れ・田園を背景に懲りずウソ吐く国難デンデン。逃亡先を物色中!


 


そしてこのように大規模な、いかがわしい選挙は、未来の党が結成された2012衆院選挙から始まっています。そして市民の再開票を求める裁判が激発し、それが全て門前払いされています。もちろん、いかがわしい選挙は、それ以前から行われていたことでしょうが・・・。そもそも、「あのような人間のクズが、公正な選挙によって国民に選ばれた日本国の総理大臣である」など、決してあり得ないことです! 全ては、選挙のいかがわしさに原因があります。


 


>ロイターの政党支持率調査、12日夜8時現在の政党支持率調査、


未来の党が36%で一位 自民が32%で二位。201212月12日現在      


http://blogs.yahoo.co.jp/aruko26/37756005.html


>「不正選挙の状況証拠が続々、もう止まらない! その1」考


http://www.marino.ne.jp/~rendaico/senkyo/fuseisenkyoco/ronsyo1.html


>「メディアが無視する不正選挙訴訟」(EJ第3701号)


http://electronic-journal.seesaa.net/article/383513241.html


>何度も言うが、元凶は不正選挙だ (self.tikagenron)


https://www.reddit.com/r/tikagenron/comments/6exmxv/%E4%BD%95%E5%BA%A6%E3%82%82%E8%A8%80%E3%81%86%E3%81%8C%E5%85%83%E5%87%B6%E3%81%AF%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E9%81%B8%E6%8C%99%E3%81%A0/


 


 


 


 


 


 


 


6. 2018525 04:58:48 : LD37zNu8ts : rPTg3_kJ2JQ[111]


▲△▽▼


追加情報___


>白川勝彦~永田町徒然草~選挙監視団を組織せよ。


http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/?itemid=1657


>「擬似民主主義」 (self.tikagenron)


https://www.reddit.com/r/tikagenron/comments/5abnsb/%E6%93%AC%E4%BC%BC%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9/


>「正しい集計一つもなかった」仙台の選管不正 20150402 1154


https://blogs.yahoo.co.jp/aki_setura2003/32558743.html


>●仙台市長選挙は、ムサシは使わず 手作業


https://twitter.com/akichango/status/889107491623129088


 


 


 


7. 2018525 08:05:19 : Lax3qIVcTU : fBvRWiPHDr4[3]


▲△▽▼


この安倍のやったことをきちんと罰することができなければ、日本の国は再生できないでしょう。


この後、グズグズと崩れて行くだけです。


罪を憎んで人を憎まずと言います。


国民は、安倍の顔も見たくないが、日本の国に対しては愛着を持っている。この日本を捨ててどこかの国に行くよりも、安倍のやったことを正しく罰することに余生を使いたい。


 


 


8. 2018525 08:24:18 : HKsRsCuZtc : 13qNGr0MR4U[1]


▲△▽▼


>5.6


共感します。6.6オールジャパン平和と共生の集会が行われます。イタリアのように市民主導の5つ星運動を始める予定です。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:阿修羅より


 


愛媛県文書で嘘はばれる。安部首相はこんどこそアウト。中村知事は正義の人だ(かっちの言い分)


http://www.asyura2.com/18/senkyo244/msg/867.html


投稿者 一平民 日時 2018 5 21 20:51:39: weTx3UHdkkpXM iOqVvZav


 


 


愛媛県文書で嘘はばれる。安部首相はこんどこそアウト。中村知事は正義の人だ。


http://31634308.at.webry.info/201805/article_21.html


 


安倍首相は、加計学園の計画は、今年の1月に初めて知ったと述べていた。安部首相のこの主張は誰も信じていない。自民党議員ですら、内心信じているものはいないと思っている。この嘘を繕うため、柳瀬氏、今井氏、政府関係者、全ての官僚がその嘘に付き合っている。


 


日本の中には、正義は無いのかと半ば、あきらめていたが、愛媛県の中村知事が、官邸を恐れず、安倍首相の嘘を根本的に暴く証拠文書を参議院予算委員会に提出した。


 


この中にはNHKが入手した文書には、当時、県が学園側から受けた報告の内容として、「平成27年2月25日、理事長が首相と15分程度面談。理事長から獣医師養成系大学空白地帯の今治市に設置予定の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなどを説明。首相からは『そういう新しい獣医大学の考えはいいね』とのコメントあり」と記載されている。


 


さあ、野党の諸君、今度こそ、安倍首相の嘘を暴いて頂きたい。


 


愛媛県新文書 “3年前 加計氏が安倍首相に獣医学部構想説明”


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180521/k10011447081000.html


521


加計学園の獣医学部新設をめぐる問題で、愛媛県は、3年前に柳瀬元総理大臣秘書官が官邸で学園側と面会したことに関連する県の新たな文書を21日に国会に提出しました。文書には、学園側からの報告内容として「3年前の2月末、加計理事長が安倍総理大臣と面談し、獣医学部の構想を説明した」などと記載されています。


続きを読む


 


加計学園の獣医学部新設をめぐる問題で、柳瀬元総理大臣秘書官は、今月行われた衆参両院の参考人質疑で、愛媛県今治市が国家戦略特区に提案する2か月前の平成27年4月2日に官邸で学園側と面会したことを認めました。


 


愛媛県は、担当者がこの面会に同行したと説明していて、参考人質疑を行った参議院予算委員会が、県に対して、面会の内容や経緯が把握できる文書を提出するよう求めていました。


 


これを受けて、愛媛県は、当時の資料を調べ直した結果、平成27年2月から3月にかけて作成した新たな文書が見つかったとして、21日午後、参議院事務局に提出しました。


 


愛媛県は内容を明らかにしていませんが、NHKが入手した文書には、当時、県が学園側から受けた報告の内容として、「平成27年2月25日、理事長が首相と15分程度面談。理事長から獣医師養成系大学空白地帯の今治市に設置予定の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなどを説明。首相からは『そういう新しい獣医大学の考えはいいね』とのコメントあり」と記載されています。


 


さらに、同じ年の3月に、学園と今治市が協議した結果の報告として「加計理事長と安倍総理大臣の面談を受けて柳瀬氏から資料を提出するよう指示があった」と記載されています。


 


このほか、4月2日に総理大臣官邸で面会した際の柳瀬氏の発言をまとめたとするメモには、柳瀬氏が「獣医学部新設の話は総理案件になっている。なんとか実現を、と考えているので、今回内閣府にも話を聞きに行ってもらった」と発言したと記載されています。


 


今回、新たな文書を提出したことについて、中村知事は午後5時半すぎに取材に応じ、「国権の最高機関の国会から、与野党合意のうえ、関連文書を出してほしいと要請があったので提出した」と述べ、文書の今後の扱いは国会に委ねる考えを示しました。


 


立民 辻元国対委員長「柳瀬氏の証言がうその濃厚な証拠」


立憲民主党の辻元国会対策委員長は国会内で記者団に対し、「『柳瀬元総理大臣秘書官の証言がうそだった』という濃厚な証拠が出てきたと思うし、『1国の総理大臣が国会や国民に対し、うそをつき通してきたのではないか』ということにつながると思う。『うそをうそで上書きして、書き直そうとしても無理だ』ということだ」と述べました。


 


国民 玉木共同代表「核心的な疑惑出てきた」


国民民主党の玉木共同代表は国会内でNHKの取材に対し、「『加計ありき』がより鮮明になったし、『一連のストーリーは安倍総理大臣の指示から始まったのではないか』という極めて核心的な疑惑が出てきた。この疑惑を明らかにすることなく、ほかの重要法案の審議は到底できない。安倍総理大臣、加計理事長、愛媛県の中村知事ら関係者に一堂に予算委員会の集中審議に集まってもらい、真実をしっかり話してもらわなければならない」と述べました。


 


共産 小池書記局長「総理の進退に関わる重大な文書」


共産党の小池書記局長は国会内で記者団に対し、「安倍総理大臣の進退に関わる重大な文書だ。文書を見ると、安倍総理大臣と学園の加計孝太郎理事長の会談がすべてのスタート台で、安倍総理大臣が『いいね』と答えたことで、すべての話が始まった。『加計ありき』どころか『安倍ありき』だ。国会で虚偽答弁を続けてきた安倍総理大臣の責任は極めて重大で、解明なしでは何も進まない」と述べました。


 


加計学園「コメントできない」


愛媛県が国会に提出した新たな文書について、加計学園はNHKの取材に対して、「責任ある担当者が不在で、文書の内容も把握できていないため、現段階ではコメントできない」としています。


 


1. ひでしゃん[1993] gtCCxYK1guGC8Q 2018521 21:12:00 : hjTsd0XdN2 : TcB2NvmzLxs[197]


▲△▽▼


メディアは加計孝太郎を一切取材しないのはなぜか?


あれほど頻繁にゴルフやバーベキューを続ける関係者に対する


典型的な利益供与じゃないのか?


また森友学園問題で


国有地値引きのキーパーソン


当時の森友側代理人弁護士酒井康生に取材しない?出来ない?


これは取材出来ない特別の事情が隠されているからではないか?


まさか?やっぱり?メディアの側に「鼻薬」を嗅がせているからでは?


安倍晋三には常識は通用しない


NHK従軍慰安婦問題番組改編事件の首謀者安倍晋三が当時使った恫喝の手口が


現在更に狡猾に去勢された官僚コントロールで使われているのである


「膿を出し切る」とは安倍晋三を塀の中に落とすことから始まる


 

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:阿修羅より


加計関係者との面会を認めた柳瀬元秘書官がまだ隠していること


http://www.mag2.com/p/news/358738


2018.05.11 新恭(あらたきょう)『国家権力&メディア一刀両断』 まぐまぐニュース


 


 


 


 


10日に行われた衆院予算委員会での参考人招致で、これまでの説明とは一転、加計学園関係者との面会を認めた柳瀬元総理大臣秘書官。しかしながら取り沙汰されている愛媛県や今治市の職員との接触や「首相案件発言」は改めて否定しました。元全国紙社会部記者の新 恭さんは自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で、かような詭弁が通用するはずもないと切り捨てた上で、柳瀬元秘書官に嘘をつかせたと思しき人物の実名を記すとともに、愛媛県や今治市サイドとの接触を認めない限り、政権に対する国民の不信感が払拭されることはないと結んでいます。


 


「調整」でウソを白状した柳瀬元秘書官


 


奇妙なこともあるものだ。「調整」をすれば、記憶が戻るらしい。


 


 


柳瀬元総理大臣秘書官は3年前に、加計学園の関係者と総理大臣官邸で面会したことを国会で認める方向で調整していることがわかりました。(52NHKニュース)


 


 


「記憶にない」と逃げ口上を繰り返してきた経済産業審議官、柳瀬唯夫氏が、「調整」のすえ、参考人招致された10日の国会で、加計学園関係者と面会したことを認めた。


 


「総理と一緒の時に加計学園の方と知り合い、学園事務局から連絡があったのでお会いした。獣医学専門家の元東大教授と学園事務局の方がほとんど話をされ、他に10人くらい同席者がおられたが、その方々が愛媛県、今治市の職員とは知らなかった。名刺を交換したかもしれないが、残っていない」


 


元東大教授というのは加計学園岡山理科大の獣医学部長、吉川泰弘氏のことである。柳瀬氏によれば、吉川氏が獣医学部の必要性について滔々と熱弁をふるっていた。


 


なぜ今になって、このように述べたのか。以下の記事のように、与党の判断があったからだという。


 


 


加計学園問題を巡っては、愛媛県側作成の文書に平成2742日の柳瀬首相秘書官(当時)との面会記録が記され、「首相案件」との発言が残されていた。文部科学省、農林水産省からも面会に関する記録が見つかった。こうした経緯から、与党側は否定するのは困難との判断に傾いた。(52日東京新聞夕刊)


 


 


 


どうやら、事実よりも、「調整」や「判断」が重要らしい。


 


柳瀬氏はどんな心境で過ごしてきたのだろうか。このところ連日のように、経産省の廊下で記者たちの質問攻めにあう姿がテレビで放映された。「国会で話したい」と鉄壁のガードで室内に消える姿には、どことなく哀感が漂っているようにも見えた。


 


柳瀬氏にしてみれば、何も好き好んで、会ったものを会っていないと言ってきたわけではない。あくまで、安倍首相を「権力の私物化」批判から守るためだ。


 


長年の親友である加計孝太郎氏の獣医学部新設の夢をかなえたいという首相に、秘書官として誠心誠意仕えたというのが柳瀬氏の思いだろう。


 


加計学園を特別扱いしたのは安倍首相のためであり、愛媛県、今治市、加計学園の関係者と会って打ち合わせた事実を隠そうとしたのも安倍首相のためである。


 


しかし今、彼は一人、追い詰められている。国の最高権力者におねだりした疑いが濃い加計孝太郎氏は今のところ逃げおおせているし、安倍首相も国家戦略特区諮問会議ワーキンググループの八田達夫座長らが適正に進めたことだと、同会議議長でありながら知らん顔を決め込んでいる。


 


なぜ自分がこんな目に。財務省の佐川宣寿前理財局長が味わった苦悩を思わずにはいられなかったことだろう。


 


佐川氏は安倍首相夫妻の関与を疑われないよう、必死になって森友学園と昭恵夫人のかかわりや、国有地格安売却の真相などに関する情報を隠し続けた。


 


そのためにマスコミや野党の追及はおさまらず、決裁文書の改ざんが明るみに出るにおよび、せっかく手に入れた国税庁長官のポストを投げ出す羽目になった。スケープゴートにされ、一人責任を負わされた。


 


参考人として質問に答える柳瀬氏は冷静さを保っていた。しかし、自分を佐川氏と重ねあわせ、言い知れぬ不安の日々を送ってきたのではないだろうか。


 


佐川氏は証人喚問、柳瀬氏は参考人招致。佐川氏ほどにプレッシャーはかからないとしても、柳瀬氏はこれまで隠していたことを白状しなければならない。


 


201542日、柳瀬氏は加計学園の関係者らに会った。もちろん、総理の意向を受けてである。「総理に指示されていない」「首相案件と言ったことはない」と証言したが、秘書官が独断でそんなことをできるわけがない。


 


獣医学部を今治市に新設するため、安倍首相は文科省や農水省の規制を国家戦略特区制度によって突破しようと考え、その具体的方策の立案を秘書官らに命じていたはずだ。


 


内閣府の特区担当者に会うようセットしたのは柳瀬秘書官であろう。加計学園関係者と愛媛県、今治市の職員がともにやってくるのは百も承知だ。


 


毎日新聞によると、与党関係者はこう話している。「学園関係者との面会を認めても、ウソをついたことにはならない」。


 


愛媛県や今治市の職員は加計学園関係者の後ろにいたので記憶に残っていない。だから「記憶をたどる限り、愛媛県や今治市の方とはお会いしていない」という柳瀬氏のこれまでの国会答弁に矛盾しない…なんとも奇妙な理屈だ。


 


実際、参考人招致の場で、柳瀬氏は「愛媛県や今治市の方とお会いしたという認識はない」と強調した。


 


こういう悪巧みは今井尚哉首席秘書官らの得意とするところだろう。


 


柳瀬氏は現在、経済産業審議官をつとめている。事務次官に次ぐナンバー2のポストだ。56歳。省トップの座も目の前だ。


 


それほどの人物でありながら、総理と一体化した首席秘書官の威光にはかなわない。加計学園問題にからむ発言、行動について、いちいち今井秘書官にお伺いを立ててきたことは想像に難くない。


 


それにしても、ウソをつき続けてきたことを白状するにすぎない柳瀬氏の今回の決断について、各メディアが「与党と調整」とか「方針転換」と報じたことには大きな違和感をおぼえる。


 


誰と「調整」したというのだろうか。各メディアの報道を総合すると、「与党関係者」といわれる人が、記者たちに喋ったようだ。


 


与党関係者といえば、範囲は随分広い。自民党、公明党のいずれとも特定させず、議員か元議員か事務職員かもわからない。


 


自民党の森山裕国対委員長らテレビカメラの前に立っている顔ぶれは当て馬のようなもので、「調整」の主役は、かつての官房副長官、萩生田幹事長代行と、今井尚哉総理首席秘書官あたりだろう。


 


彼らの政権維持戦略はきわめてシンプルだ。気に入らない考えを無視し、徹底的に叩き、ウソをつき、詭弁を弄してでも自己正当化する。


 


国民に真実を知らせることは自分たちにマイナスだと信じ込み、とかく不都合な情報を隠蔽する。池田勇人、大平正芳が打ち出した「寛容と忍耐」の真逆を行く路線だ。


 


柳瀬氏は安倍ファーストの彼ら“大本営参謀”によって口封じされてきた。


 


本来、柳瀬氏が良心に基づいた言動をとるなら、「方針」や「調整」ではなく、ただ正直に事実を述べるだけでよい。政治の都合で、ウソをつくことを余儀なくされ、ごく一部の事実を正直に述べる決心まで、政治的判断にゆだねる必要など全くない。


 


安倍政権の特徴の一つは、官邸と党が、いままでのどの政権よりも密接であることだ。安倍総理の影武者として今井秘書官が水面下の政治工作を担い、党の批判分子を力自慢の萩生田幹事長代行が抑え込むという構図だ。


 


なにはともあれ、柳瀬氏は加計学園の関係者と会っていた事実だけは認めた。何のために会ったのか。


 


当然、国家戦略特区の特例を用いた獣医学部新設についての打ち合わせのためだが、安倍首相は加計学園の計画については国家戦略特区諮問会議で獣医学部新設が認定された昨年120日まで知らなかったと言い張っている。


 


そもそも事業主体となる予定の加計学園が主導しながら、特区の提案者に名を連ねなかったのは、安倍首相との関係を詮索されたくない官邸の指示に違いない。


 


にもかかわらず、愛媛県と今治市が獣医学部新設の特区提案をする2か月前の201542日の時点で、安倍首相の秘書官が加計学園関係者と会っていたということになると、安倍首相の「ずっと加計学園の計画を知らなかった」という答弁が虚偽であることも証明することにならないだろうか。


 


もっとも、証明するまでもなく、安倍首相の発言が不自然で、およそあり得ないことは国民誰しも思っているはずだ。


 


さて、加計学園関係者と会ったことを認めた柳瀬氏が、これで放免ということにはなるまい。「記憶のかぎり会っていない」のは愛媛県や今治市の職員で、加計学園関係者には会っていたことを思い出したという説明に納得できる人はどれだけいるだろうか。


 


この詭弁を思いついたのが誰か知らないが、通用すると考えているとしたら、よほどおめでたい。愛媛県や今治市サイドとの接触を認めない限り、国民の不信感が払しょくされることはないだろう。


 


image by: Flickr


 


新恭(あらたきょう)


記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。その実態を抉り出し、新聞記事の細部に宿る官製情報のウソを暴くとともに、官とメディアの構造改革を提言したい。記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。


 


8. TondaMonta[464] gnOCj4KOgoSCgYJsgo@CjoKUgoE 2018514 10:26:39 : mDEFrEFy46 : M0kuS4XEISM[1]


▲△▽▼


大迫・佐川氏の再証人喚問を!!


柳瀬も柳瀬だが,原発官僚が大学設置で完璧な嘘が付けるわけない。


ボロボロだが真の野党は,大迫や佐川元財務局長を再証人喚問すべできだ。


その理由は二つある。その一つは大阪特捜の任意聴取が終わったからだ。つまり刑事訴追はほとんどなくなったからだ。


二つ目は,破棄した、ないと言っていた文書が500ページも出て来たからだ。「あったじゃござんせんか」


真の野党は再証人喚問を要求すべきだ。ダメなら審議ストップだ。牛歩戦術だ。それをやらない真の野党は与党予備軍だ。国会対策費を1億円ぐらいもらったのだろう。


特に辻本や福山はダメだ。与党と戦う気持ちがない。TVに映った時だけ威勢のいいことを言っているイセエビに過ぎない。


もし国会審議を続行するというのなら,立憲民主党は露となって消えてゆくだろう。ワタチは応援しない。その理由は明らかだろう。


改竄された文書や書き換えられた文書や捏造されたデータで今後も審議を続けていくのか。嘘の答弁でも納得しないまま審議を続行して何になる。


審議ストップに対する声はあるが,ヤラセだ。どこにだって批判はある。その少しをもって審議ストップを「止める」のは与党を利することになる。それでもええんか。


辻本氏よ、福山氏よ。立憲はもう応援しない。この場をお借りして宣言する。イバイバ。baibai。びぇびぇ。byebye。さよなら。バイバイ。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:阿修羅より


毎日新聞が安倍政権を痛烈に批判!


http://85280384.at.webry.info/201805/article_23.html


2018/05/03 23:14 半歩前へ


 


▼毎日新聞が安倍政権を痛烈に批判!


 


 毎日新聞が社説で安倍晋三政権を痛烈に批判した。


「小選挙区制の導入」


「政党助成制度の創設」


「首相官邸機能の強化」が、


首相なるポストの権力増大に寄与していると指摘した。


 


 その通りである。安倍晋三に力があるわけではない。「首相という地位」にすべての権力を集中させているため、独裁化を可能としている。私は小泉政権当時から「小選挙区制の廃止」を繰り返し訴えている。


 


 諸悪の根源がこれだからである。この制度が続く限り、仮に安倍晋三を対しても、次も同様の暴走政治を行う恐れがある。


 


****************


 


引き継ぐべき憲法秩序 首相権力の統制が先決だ


 


 1年前、安倍晋三首相は憲法9条への自衛隊明記論を打ち上げた。自民党をせき立て、野党を挑発し、衆院総選挙まではさんで、改憲4項目の条文案作成にこぎつけた。


 


 しかし、衆参両院の憲法審査会は今、落ち着いて議論できる状況にはない。最大の旗振り役だった首相への信用が低下しているためだ。


 


 モリ・カケ、日報、セクハラ。問われている事柄を真正面から受け止めず、過剰に反論したり、メディア批判に転嫁したりするから、いつまでもうみは噴き出し続ける。


 


 この間くっきりと見えたのは立法府と行政府のバランスの悪さだ。とりわけ安倍政権では、首相の過剰な権力行使が目立つ。


 


 昨年8月、首相は内閣改造に踏み切りながら、野党による国会召集の要求を「無視」し続けた。総選挙後にようやく特別国会を開くと、野党の質問時間を「強引に削減」した。


 


 本来中立性が求められる公的なポストに、意を通じた人物を送り込むのもいとわない。内閣法制局長官の人事や各種有識者会議がそれだ。


 


 小選挙区制の導入、政党助成制度の創設、首相官邸機能の強化といった1990年代から進められてきた政治改革が、首相権力の増大に寄与しているのは明らかだ。


 


 中選挙区時代の自民党はライバルの派閥が首相の独走を抑えてきた。しかし、今や首相は選挙の公認権と政党交付金の配分権を実質的に独占する。


 


政府にあっては内閣官房スタッフの量的拡大と内閣人事局のにらみを前に各省は自律性を弱めた。


 


 すなわち国会と内閣の同時掌握が「安倍1強」の根底にある。


 


 ここに権限のフル活用をためらわない首相の個性が加わって、日本の憲法秩序は安倍政権を通じて大きく変容してきたと言わざるを得ない。(以上 毎日新聞)


 


6. 2018504 07:13:30 : 8GaVxmRs7s : _ILVDXYv4AU[92]


▲△▽▼


 権力は腐敗する。公認権、人事権、任命権、許認可権などの権限を最大限利用する。芸能やスポーツ、文化人に対する様々な勲章やメディア幹部や政治部記者や論説委員を官房機密費や会食やゴルフ等で懐柔。


ステークホルダーに対する最大限の「おもてなし」も公金からでている。


海外へのばら撒きもODA利権として利用し政治献金となり還流してくる。


 つまり、利用された側も恩恵を受ける関係から支持するようになる。


 支持してくれる人を最大限利用し、政権の広告塔にする事も可能となる。


 原資は全て国民の税金によるものである。


 そこに存在する関係は「善悪」ではなく、「損得」によるものである。


 動機が損得になると「善悪」は無視されやすく、倫理感が低下し、社会正義が機能不全となる。


 行政、司法、立法府のキーマンには最大限のメリットを与え抱き込みを怠らない。


 官房機密費を使い野党対策もする。賄賂による取り込みと切り崩しがその典型だ。


 学問への介入にも予算を活用する。軍事研究が絡めば予算を増やし、軍事研究が絡まなければ予算を削減させるという事も平然と行う。


 人事院勧告により、公務員の給与は連続でアップしている。公務員にとっては悪い話ではなく、選挙では一定の固定票となる。


 上記の事はトップと取り巻きにより戦略的に引き起される。


 その裏で不利益を受けている国民が多数いる事は無視できない状況になりつつある。


 所得移転がその典型であり、派遣業による給与搾取システムや消費税引き上げを原資


とする法人税引き下げによる税引き後利益の増加による資本家への配当益は増大。


 つまり、格差拡大政策とは、多数の労働者から少数の資本家への所得移転である。


 このシステムにより、経団連の要望に応えた見返りとして自民党への企業献金は増加


している。当然、自民党のスポンサーとして選挙では固定票になる。


 善政を行うトップが出現し悪政を放逐する時期に入った事だけは確かなようである。


昨日、憲法記念日であったが、憲法に国防軍を書き込む事が本丸であり、これは憲法9条2項削除を目的としている。公明党の反対が強いことから第三項に自衛隊を明記するという加憲案を提示、自衛隊意見論争に終止符を打つという理由であるが、国民を煙に巻こうとしているのは明らかである。日本会議の本音は戦争のできる国に作り変えることにある。


 憲法違反の常習者である安倍晋三には日本国憲法を語る資格も触れる資格も無い。


 憲法を遵守する事が大事であり、その憲法の枠内で改正という手続きをとることは可とするが、日本国憲法は平和を希求する人類にとって最も崇高な憲法として称賛されている事実を無視してはならない。


 戦争屋にとっては受け入れがたいであろうが、日本国憲法第9条を持つ日本国民はこの憲法に指一本触れさせない良識ある国民が1350万人以上存在する。更に増加するであろう。


 


22. 2018504 14:24:27 : tbvdfAa8Rg : WBNS8j2KLCA[205]


▲△▽▼


権力の集中、その権力者が国民第一で考えてくれる人なら悪いことではない、しかしそれが自己利益と売国奴だったら悲劇だ。それが小泉以来安倍と20年近くも続いているのが日本の悲劇だ。残念ながら国の最高機関たる国会が無力化され機能してない。実質、宗主国の年次報告書という内政干渉の指示書が経済財政諮問会議という少人数の諮問会議で決定され行政は運営されている。今の日本では国会が機能していないのだから国会は不要状態になっている。だから、指示書通り小泉竹中、そして安倍竹中とたった二人で国は支配されているのだ。その二人が邪な考えを持っているのだから国が良くなるはずはない。国民の稼いだお金はどこかに消えてしまうし国の富もいつの間にかどこかに消えてしまう。国は成長することはないし、国の借金はどんどん増える。売国傀儡政権に権力を持たしたら国民は苦しむしかないし国の発展も止まってしまう。水飲み百姓という言葉があるが、生かさず殺さず状態が永久に続くのは疑いがない。これは革命が起きるまで続くだろう、革命とは日本の独立である。


 


 


| BLOG TOP |

copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ