FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:植草一秀氏の『知られざる真実』掲示板



「不正選挙」発覚!?(NHK NW9)
投稿者:松代理一郎 投稿日:2013年 8月29日(木)22時45分49秒


今日29日NHKニュースウォッチ9で、「参議院選挙結果の数値間違いが発覚?」と言う報道があった。

高松市の開票結果が、参議院選全国比例162人のなかで、衛 藤 晟 一氏(えとうせいいち:自民党)だけ、得票数ゼロ、となっていた。

前回は432票得票し、高松市で「間違いなく”衛藤せいいち”と書いた」と言う支持者もちゃんと存在している。

また、衛藤氏は、今回、全国で20万票を得て、15位で比例当選を果たしている。

この「不手際?」に、衛藤氏は高松市選管に”抗議文”を出すと言うことである。

高松市選管は今回の参議院選挙から、選挙システム(自動読み取り機)を導入して開票を行ったと言う。

投票用紙の”再点検要求”に対しては「確定した得票で応じられない」と回答。

”詳しい専門家(白鳥某)”の話では、「再点検はあり得ない。膨大な費用がかかり、コスト見合いで有権者の判断が必要」と、NHK話法で締めくくった。

明らかに”投票結果が間違っている”(ゼロはあり得ない)。

このことは、投開票(選挙)の信憑性が問われているのである。

単純な人による”見間違い”ではない。機械的=システム的な間違い(或いは意図的?手違い)である。

今、私たちが投票した1票が、確実に、投票結果として反映されている保障が何もない証拠でもある。

比例当選を果たした自民党衛 藤 晟 一氏は、安倍首相の側近でもあり、寸止め”抗議文”で幕を引く可能性が高い。




スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:植草一秀氏の『知られざる真実』掲示板



「生活保護法改正案」は、やはり問題が多いと思います。
投稿者:松代理一郎 投稿日:2013年 6月17日(月)03時21分20秒


風太さん、「小沢さんの言い分」も判りますが、法の「改正」内容が生活困窮者に対して厳しい内容になるだろうと言う気がします。

特に「親族の扶養義務」を盾に、

憲法25条「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と言う、国の責任を

”家族”に転嫁する改悪にしか見えません。

また、現在の”親族”と言っても、関係が大きく崩れているし、親族自体も、カツカツの生活のところが多いと思われます。

私の知っている”困窮者”の方を見ても、”親族”との関係が途絶えているとか、親族も厳しい経済状態の方が殆どです。

生活の党は、困窮者の実態をキチンと把握しているのでしょうか?疑問に思います。

ただ、小沢さんにしても、生活の党(どんな党)にしても、”無謬”ではないので、単純に指導者だけ、政党だけに責任を求められません。

しかし、「国民の生活が第一」を党是とする姿勢からすれば、やはり納得いく対応とは思えません。

もっと根底にあるのは、「生活の党」と支持者との繋がりが意外と”希薄”であると言うことだろうと思います。

それは、小沢さんや「国民の生活が第一」を支える国民(市民・支持者)が主体性を持って、しっかり立ち上がっていないことに基本的な問題もあると思っています。

所詮、小沢さんにしろ、生活の党(他党も含め)の議員さんにしろ、そこらの”おっさん””おばさん”と大きな違いはないし、

むしろ「裕福」で世情に疎いだけ”間違い易い”とも言えます。

そういう意味では、小沢さんや「生活の党」(他党も)を支える国民(支持者)が、チェック&応援をし、”間違いを正す”働きかけの必要がある、と思います。

先日、「穏やかな日常」と言う映画を見ました。

原発近隣に住む若い二家族が、原発事故発生から、放射能汚染が進む中、移住するまでの苦悩を扱った作品でした。

この両家族は、放射能被曝の危険を感じ、情報取集に努めます。

国、行政、メデイアが事実を隠し、情報操作を行うなか、ネットから何とか”真実”を掴みます。

そして、さまざまな、放射能被曝から”身を守る”行動を起こそうとします。

例えば、放射能物質を吸引しないために”マスク”をする。幼稚園児のわが子の”屋外運動”を控えさせる。昼食に弁当を持たせるなど。

すると、行政、幼稚園の先生、園児のお母さんたち、会社の上司から、”異端視”され迫害を受けます。

最終的には、子どもに鼻血が出だすなど、体調異変が起こり、”移住”を決意するというものでした。

見えない、におわない、直ちには影響がない”放射能”。当面の”おだやかな日常”を壊すものが迫害されるというストーリでした。

私は、「国、行政、幼稚園が、しっかりした真実を隠さず伝え、当たり前の振る舞い」をすれば、こういう事態は起こらないだろうと、はじめ思いました。

でも、よく考えると「国、行政、幼稚園」が”まとも”と誰が判断しなければならないか、と考えると、

そこに住む”人たち=住民=母さんたち”がしっかりしないと結局、”お上”任せでどうしようもないのだと、思い直しました。

と言うことは、私たちの発想のベースにある、”お上”依存症から直していかないと、問題は解決しないなと思いました。

話が長くなりましたが、小沢さんも「生活の党」も健全に育てるためにも、支持者からの自由で率直な”批判”は欠かせないものです。

今一つ、生活の党に求めたいのは、支持者や国民との”風通しの良さ”を向上させる努力です。

参考)「2013年6月4日 藤田孝典さん:「生活保護・社会福祉の改悪を許さない」 (YOUTUBE)
http://www.youtube.com/watch?v=EjjYAVYNcxo




テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:植草一秀氏の『知られざる真実』掲示板

「生活の党」は、まず、身内から固めて欲しい! 投稿者:松代理一郎 投稿日:2013年 1月 2日(水)23時53分8秒
正月、小沢邸の新年会に80名余が集まり、今後の再起に向けた意思統一がなされたと思う。

衆議院での惨敗、『未来の党』からの『生活の党』への再編成。

「国民の生活が第一」は、昨年の変転激しい流れからの再出発である。

2009年の民主党政権交代からず~と、小沢グループを支持している人は結構たくさん居る。

「国民の生活が第一」と言う”党是”の実現を支持し、何度も、党員・サポータ登録した人も多い。

また、小沢氏の冤罪に抗議し、無実を勝ち取るために、さまざまな支援をした人も多い。

さらに、昨年の衆議院選挙で、『未来の党』勝利のために、手弁当で奮闘したボランテイアもたくさんいる。

『生活の党』には、当選議員・落選議員の周りに、今、たくさんの”支持者・支援者”が居るのだ。

これから、半年後に、日本の破滅=ファシズム化を防げるかどうかの参議院選挙を控えている。

今、選挙戦に備えてやることは、まず、身内の体制の立て直しが最優先の筈。

つまり、2009マニュフェスト(「国民の生活が第一」)の基本方針・政策を再度高く掲げ、鮮明は旗色を国民に示すことがまず必要。

その上で、『生活の党』の本部体制(実質的な戦略本部となる)をしっかり造ることが鍵である。

それから、実際に、活動する部隊(党員・サポータ、支持者、他)を再編、組織化、活性化することが急がれる。

なお、この6か月間は、国民覚醒のための情報戦である。敵は、テレビ・新聞のマスメデイアである。

マスメデイアが『生活の党』の風を吹かせることは絶対にない。肝に銘ずべし。

”悪意の報道””デマゴギー””事実隠し”など、権利侵害は「支持者・支援者=国民」への攻撃であると認識して、徹底した反撃が絶対必要である。

それは、”国民洗脳”に対する闘い、”国民覚醒”のための大事な闘いと認識すべきである。

「小沢裁判」の勝利は、間違いなく”国民覚醒”の闘いでの勝利でもある。

今、有利に闘いを進める土俵として、”裁判に訴える”手は有効な手段とも言える。憲法が基本にあるから。

『生活の党』の幹部諸氏、国会議員諸氏は、党員・サポータ、支持者、支援者を含めた”広い身内”の意見を

しっかり吸い上げ、意見交換した上で、動かない限り、勝利はないだろう。

1月26日の党大会が、かたちだけの”シャンシャン大会”だったら、多くの支持者は離れるだろう。

是非、外面でなく、実質的に、身内からしっかり固めて再出発をしてほしい。







--------------------------------------------------------------------------------
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします! 投稿者:松代理一郎 投稿日:2013年 1月 1日(火)20時00分23秒
昨年は、大激動の年でした。

良かったこと:小沢裁判で無罪を勝ち取ったこと。

悪かったこと:総選挙で惨敗し、ファシスト政権を誕生させてしまったこと。

この背景には、きわめて大がかりな”情報戦”が関わっていました。

真実を粘り強く、時間をかけて、ネットをベースに、情報発信、拡散して、団結すれば勝利する。

嘘で固めて、マスメデイアに”嘘の情報空間”を設定され、考える時間も、団結する時間もないと負ける。

*今年は6月までの短期勝負ではありますが、”マスメデイアの嘘”と徹底して闘うこと。

特に”小沢バッシング”をどんなに小さなことでも見逃さず、抗議、告発、裁判に訴えることが重要と思います。

”口をつぐんだら負け”皆さん頑張りましょう!今年もよろしく!




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:植草一秀氏の『知られざる真実』掲示板

転載:【重要・拡散希望】マスコミと違法企業を止める必勝法が見つかった!放送法第4条&国際標準化機構 投稿者:888(スリーエイト) 投稿日:2012年12月30日(日)10時19分43秒
皆様、御苦労様です。
本日「文殊菩薩」ブログにて以下の記事が紹介されておりましたので御報告申し上げます。御時間の有る方は是非ご確認ください。(年の瀬の忙しい時期ですが、記事中当該動画は7分弱で視聴可能です。)

~正しい情報を探すブログ~
「【重要・拡散希望】マスコミと違法企業を止める必勝法が見つかった!放送法第4条&国際標準化機構 」
http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11435392881.html






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:植草一秀氏の『知られざる真実』掲示板


日本は、イラクと同じ”文明の解体”をされるのか? 投稿者:松代理一郎 投稿日:2012年12月21日(金)22時45分50秒
今、「日本が自滅する日」(石井紘基著:発禁中)を読んでいる。

石井議員が「官制経済体制」と名づけた、日本の”利権システムの全貌”を暴き出した本である。

国家財政300兆円が、特別会計、財投、補助金を複雑に組み合わせることで、官ー公益法人ー
民へと金を流す仕組みが出来上がっている。

この「官制経済体制」が日本を破産させ、自滅へ向かわせていると警告している。

450兆円の国民総生産の基幹をなす”経済活動”が、300兆円の国家予算を源流とする「管ー公益法人ー民」の流れ「官制経済」である。

およそ、企業が自由な発想で創意工夫を凝らし、切磋琢磨する「フェアな資本主義経済」ではない。

この「官制経済体制」について、抜本的な「構造改革」をしないと、日本は自滅すると警告している。

石井紘基議員は、この「官制経済体制」の政官業癒着を徹底して究明し、”巨悪不正疑惑”の決定的証拠を握り、

その国会追及をしようとした朝、家を出掛けようとした時に、テロに会い刺殺され斃れた。

石井議員が追及し続けた”体制”は温存され、いまや、政官業シロアリの巣窟となっている。

いまだ、闇の中で”放蕩三昧”が続いているのである。

その”放蕩借財”は、現在1000兆円以上、”国民へのつけ回し”(国債)となっている。

「官制経済体制」は財務省が握っている。

財務省は、金融と経済(官から民への金の流れ)の首根っこを押さえ、差配している。

そして、その財務省官僚を米国が完全に抑え込んでいるのが、現在の権力構図である。

その周辺に屯する、政官業報学の売国奴が、”TPP”で日本売り渡す”算段も始まっている。

中東の地で、”見せかけの民主主義”の下、イラクは、米国に蹂躙され、すべて破壊し尽くさ

れ、奪いつくされている。

今回の選挙で生まれた、”自公民み維”を主体とする”売国右翼”政権は、

”真の意味で、日本国民としての主体性を喪失している”。

だから、イラクと同じく、形を変えた「日本の文明(文化&アイデンティティ)の解体」が到来する可能性も高い。<米国の狙い通りに>

参考)「中東と極東の二国で進行していることは、グローバル資本による文明の解体だ。」(「独りファシズム」2012/12/21)
http://alisonn.blog106.fc2.com/





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

| BLOG TOP |

copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ