FC2ブログ

FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

松本清張

Author:松本清張
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:階級社会

格差社会の根源がここにある【天木直人・日本の動きを伝えたい】3/14
http://www.asyura2.com/07/senkyo31/msg/1231.html
投稿者 天木ファン 日時 2007 3 14 17:21:37: 2nLReFHhGZ7P6


20070314


 格差社会の根源がここにある


 3月13日の紙面を賑わせたのは日興コーデイアルの上場維持の決定である。その同じ日の新聞の片隅に小泉前首相を最高顧問に迎えたシンクタンク「国際公共政策研究センター」の発足会が都内の一流ホテルで極秘に行われたというニュースがあった。一見何の関係もないこの二つの記事に、私はこの国の格差社会の根源を見るのだ。


 格差社会の根源は、自由経済の行き過ぎにより弱肉強食の結果生ずると思われがちだ。しかしそれは違う。公正、平等な条件で自由競争が行われるのであれば、例え結果に差が出ても納得がいく。その格差は不当なまでに醜悪にはならない。


 ここ数年で日本経済は巨大な外資に支配されるようになった。それを可能にするルールの変更とその恣意的な運用によって、権力者とそれに擦り寄る大企業が勝ち組になる仕組みが出来上がってしまったのだ。権力者とは、日本の政権政党とそれを支える官僚組織であり、日本の権力の後ろでシナリオを書く米国である。野党や弱小者が絶対的に不利な仕組みになってしまったのだ。


 日興コーデイアルが犯した利益水増しの虚偽報告は悪質で意図的な経済犯罪である。しかも組織的な犯罪である事を会社の内部調査も認めた。その時点で誰もが上場廃止は不可避と考えた。日経新聞でさえも一面でそう報じた。西武鉄道もカネボウもライブドアも、粉飾記載で上場廃止にされた。しかし日興コーデイアルだけは、東京証券取引所の「裁量」で上場維持が決定された。十分な調査をすることなく「不正経理が組織的、意図的に行われたとまではいえない」と東証が裁量で判断した。検察が動く気配もない。なんという不透明さであることか。


 その背景についてはさまざまな事が語られている。しかしハッキリしていることは政府がそれを認めたということであり、最後は外国資本が得をするということだ。権力に近い限られた者だけが情報を共有しておこぼれにあずかる。情報ひとつで関係者が手にする資金は膨大なものがある。その陰で情報に踊らされるおびただしい一般投資家の損失がある。


 こんな日本にした最大の功労者は小泉前首相である。改革という名の下に、弱者を切り捨て、大企業優遇のルールを次々と作り出していった。その見返りとして財界は、小泉前総理に対し 退任後の優雅な生活を保証したのだ。マスコミを完全にシャットアウトして行われたシンクタンクの発足会においては、トヨタほかの発起企業4社から各一億円、その他会員80社からは各2000万円、合計20億円が集まったという。人前に姿を見せない小泉前首相が、めずらしく出てきて愛嬌を振りまいたという。一切が公表されていないが巨額な顧問料が小泉前首相に支払われるに違いない。その原資は従業員が毎日深夜まで汗水たらして働いて儲けた金である。ホワイトカラーエグゼンプション導入を唱え、「過労死は自己責任だ」と公言するお友達とワインを楽しむ小泉前首相の生活費となるのだ。


 日本国民が、まったく別の世界に住んで、まったく別の価値観で生きるようになった。皆勝ち組になろうとして権力に擦り寄る。不正があっても声をあげず、見て見ぬふりをするようになる。かくして、権力者はますます強くなり、格差はますます広がっていく。満員電車で毎日通勤しているサラリーマンは、これが「官から民へ」の正体であることを知らなければならない。格差社会の根源がここにある。


参考ページ・・・東証:監理ポスト割当ての解除 -(株)日興コーディアルグループ -



 

スポンサーサイト



テーマ : 格差社会 - ジャンル : 政治・経済

| BLOG TOP |

copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ