FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

鳥居祐一

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:オルタナティブ通信

陸上自衛隊の日本国民に対するスパイ活動が開始
 陸上自衛隊が、諜報活動(スパイ活動)専門部隊の編成に着手した。電話の盗聴、インターネットの監視、尾行、交友関係の調査は当然として、ターゲットの隣家を借り常時、会話・行動を監視する、また銀行口座の中に不正資金を「流し込み」、マネーロンダリング、麻薬取引を「デッチアゲ」逮捕する、公務員を収賄で逮捕する、妻子持ちのターゲットに女性隊員(または雇用した女性部下)との性的関係を持たせ「浮気の暴露」で脅迫し、情報を奪取する等、あらゆる諜報(スパイ)活動を担当する部隊であり、陸上自衛隊・中央情報隊という名前で600人の「隊員」が所属している。

 この中で、特に女性を使った性的手段での脅迫、金銭買収による相手国の機密情報の「購入」等を担当する、通称現地情報隊には70人の少数精鋭隊員が編入されている。

 このスパイ専門部隊は、米国ではなく、英国軍諜報部隊の指揮下で、現在、教育を受けている。こうした所に、日本の諜報筋、軍組織の「米国離れ」が見える。当然、米国は元事務次官守屋の逮捕等で報復して来ている。

 米軍が中国軍と一体化し、日本を「挟み撃ち」とする戦略を組み始めている現在、日本が英国諜報組織に接近する事は、ある意味で「当然」ではあるが、第二次世界大戦前、日英同盟を「突然、断ち切られ」、米国・中国という2大大国に「挟み撃ち」にされ、戦争に突入して行った悪夢のような記憶が蘇える。

 確かに5流の諜報組織であるCIA等よりも、英国諜報部の方がレベルがはるかに高い。日本の民族派の軍部は、決して英国諜報組織を「全面的に信用してはならない」。「最後は友好国を切り捨てる」、これが英国諜報機関の「常道」である。

 1991年の米国・イラクの湾岸戦争では、父ブッシュ大統領はクウェートからのイラクの撤退を入手すると、イラク本土への攻撃を避け、サダム・フセインの命を取る事までは行わなかった。これが、米国CIAの「甘さ」、5流と言われる理由である。英国の場合、軍事攻撃でなくとも暗殺等、「密かな形で」、必ず「敵のボスは仕とめる」。この徹底的な冷酷さは、今後、軍部による日本国民の電話盗聴、ネット監視の面での「密かな徹底的さ」として出てくるであろう。今後、市民運動は、情報漏洩対策等、情報管理を徹底化させる必要が出てくる。


スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

| BLOG TOP |

copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ