FC2ブログ

FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

松本清張

Author:松本清張
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:オルタナティブ通信

日本の資源を支配下に置くロスチャイルド
 オーストラリアの鉱山会社BHPビリトンは、鉄鉱石の生産で世界3位、石炭世界2位、銅3位、ニッケル3位、ウラン5位、ボーキサイト6位。南部オーストラリアにはオリンピック・ダム鉱山という世界最大のウラン鉱山を所有している、文字通り世界最大の鉱山会社である。

 最近、日本の住友金属鉱山が40年以上に渡り開発してきたニッケル鉱山の開発権を、中国と連合したこのBHPの子会社WMCに奪われた事でも話題となった。

 このBHPと、世界2位の鉱山会社で非鉄金属部門の最大手ロスチャイルドのリオ・チント社が合併しようと言う話が持ち上がっている。ボーキサイト生産で世界1位のリオ・チントは、単一の鉱山としては銅・金・銀・モリブデンを世界で最も量産する鉱山である米国ソルトレイク・シティのビンガム・キャニオン鉱山を所有している。ここではキリスト教原理主義教会の技師が働いている(拙稿「原油高騰の真の理由・・・オランダ紀行2」参照 )。

 世界最大の産金企業アングロ・アメリカン。世界最大のダイヤモンド企業デ・ビアス。そして非鉄のリオ・チント。この3つは全てロスチャイルドの企業であり、それがさらにBHPを飲み込もうとしている。

 これで日本向け鉄鉱石の60%がロスチャイルドに独占的に把握される事になる。

スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

| BLOG TOP |

copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ