FC2ブログ

FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

松本清張

Author:松本清張
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅より

正当性なき自公政権 ~20%台に突入、 福田内閣支持率~ = 青山貞一
http://www.asyura2.com/08/senkyo49/msg/496.html
投稿者 ダイナモ 日時 2008 年 4 月 26 日 00:47:15: mY9T/8MdR98ug


http://eritokyo.jp/independent/aoyama-co15000.html

 福田内閣の支持率が主要マスコミの世論調査で、ついに30%を切った。新聞によっては内閣支持率が20%というのもある。
 もともとマスコミぐるみ、国全体が異常な政治状況と雰囲気のなかでおこなわれたいわゆる郵政民営化選挙で衆院の2/3議席をとった自民党だが、その後といえば、2/3をだけをよりどころにして、横暴な悪政をやりたい放題やってきた。

 情報公開なし、説明責任なし、結果責任不問、公約違反なんのその、およそ政権与党とは言えないことばかりをしてきたのである。挙げ句の果ては野党を中傷する。さらに野党の案を形だけ丸呑みしている。

 まさに国民の気持ちは「ふざけんな!」である。

 社会保険問題はじめ後期高齢者医療(長寿医療)制度問題、ガソリン税暫定税率問題、道路特定財源問題、米国のサブプライム問題への対応、防衛事務次官汚職問題、海上給油とイラク特措法問題、イラクへの自衛隊(航空自衛隊)残留問題、文科省高級官僚汚職問題、独立行政法人問題など、きりがない。

 他国なら上記のひとつの問題で政権が揺らぐはずなのに、こと日本では余り多すぎ、問題意識に乏しいマスコミの支援もあって政権は延命している。韓国やフランスなら上記のひとつで一大デモが起きているはずだ。

 そもそも社会保険問題は、国家が振り込め詐欺をしているようなものだ!

 にもかかわらず、安倍政権同様、福田政権は、上記について、いずれも政策上のリーダーシップをとっていない。放り投げ、開き直っているだけである。
福田政権にいたっては、「そんな公約などしましたか」とばかり、まさにうそぶいているのである。

 福田政権は、言ってみれば不作為か、それとも官僚の言いなりである。しかも、小泉内閣や安倍内閣の悪いところばかりを引き継いでいる。

 知人の自民党関係者に聞けば、「自民党内では、まだ安倍内閣の方がましだ」というブラックジョーク的な声もあるという。

 結局、今の内閣、いや自民党は、「何があっても、ただただ政権にしがみつきたいだけ」であるといえよう。

 しかも、昨年、参院選挙で国民、世論が自公政権に明確にノーを突きつけたにもかかわらずである。

 実際、上記の友人に聞けば、「細川内閣時に一度だけ政権から脱落したことが大きなトラウマになっており、政権脱落だけはしたくない、という」議員が圧倒的であるという。

 ということは、それだけ自民党議員にとっては、政権ににうま味、すなわち利権があると言うことだ。かといって、「麻生氏以外、誰も総理、総裁に立候補する幹部はいない」という。その麻生氏は自民党内ではほとんど人望がない。

 また本来、平和、福祉、環境の公明党は、公明系大臣、たとえば坂口大臣(当時)が社会保険問題はじめ後期高齢者医療(長寿医療)制度問題を、冬柴大臣がガソリン税暫定税率問題、道路特定財源問題でそれぞれ大きなミソをつけ、創価学会会員から突き上げを食っている。当然だ。

 公明党が政権与党に入ってからこの方、庶民の味方どころか、庶民の大きな敵となっている。学会会員はもっと怒るべきだ!

 であるなら、そしていずれにせよ、自公政権は、政権そのものを差し出すべきである!公明党は自公政権から離脱すべきである!

.......

 福田政権や自民党がここまでなりふり構わぬ政権運営をしてきた背景には、民主党はじめ野党が今一歩まで行きながら、ここ一番で世論を読み切れない不甲斐なさもある。

 それに加え、マスメディアが例によって、いまだこんな福田政権をよいしょしたり、政権のPRを買って出ていることもある。たとえばことのはじめから利権まみれの洞爺湖サミットを環境サミットとして持ち上げているのはなんだ。

 そもそも日本は京都会議で1990年に比べ2008~2012年に炭酸ガスの排出量を-6%とする公約をまったく遵守できないばかりか、プラス10%近くとしている。EUが-7%をすでに達成しているのに比べ、日本は落第生もいいところだ。マスコミは洞爺湖サミット以前に、この問題でキャンペーンを張るべきだ。

 いずれにしても、福田政権、内閣の最大の問題は、いうまでもない「政権の正当性がまったくない」という問題である。

 安倍内閣同様、福田内閣はいずれも政権そのものの正当性がないことが政治の最大の問題である。

 いうまでもなく、衆院議席2/3をとったのは郵政民営化をシングルイッシューとした小泉政権下での衆院選挙である。

 その後、国民は社会保険庁問題はじめ社会経済的弱者を切り捨てる格差社会化など、小泉流改革の弊害をいやっという程思い知らされ、参議院議員選挙では明確に自公政権にノーを突きつけているのである。

 すなわち、選挙を行えば政権が崩壊する危機が高まっている自公政権が、国民を無視して政権にしがみつき、他方、不作為でリーダーシップのない福田政権が醜態をささけだしているのが実態である。

 次から次へと小泉以降の制度改革による難題が生じる中、安倍政権同様、まったく正当性のない福田政権は、一日も早く衆院総選挙を行うことにより正当性ある政権に、日本丸の運営を任すべきである!

.....

 ところで、断末魔がつづく正当性のない福田政権だが、マスコミ各社の支持率世論調査で比較的、他より高い支持率を示していた日経新聞や時事通信の調査でも、ついに支持率が30%を切り27.6%となった。



スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

| BLOG TOP |

copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ