FC2ブログ

FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

松本清張

Author:松本清張
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:オルタナティブ通信

隠された世界最大の政治グループ



「迫り来る恐慌に際しアジア人・日本人を幽閉するためのロシア強制収容所」、

http://alternativereport1.seesaa.net/article/108798729.html

「ロシア・プーチンの錬金術」より続く。

http://alternativereport1.seesaa.net/article/109860169.html




 ロックフェラー=ブッシュのようなパレスチナ残留組イスラエル勢力が、ロックフェラーの悪行を暴露しようとしたマクドナルド議員を殺害せず、ロシアの強制収容所に幽閉してきた理由は、マクドナルドの背後に大きな組織があり、その組織VS組織の戦争のため、マクドナルドを人質として「生かしておく」意味と必要があったためである。

このリバタリアンと呼ばれるグループは、米国開拓時代から、独立自営の農業・商業等に従事してきたグループであり、大企業、連邦政府・国家という物を全面否定している。

「自分達の事は、全て自分達でやれる」と考える人達であり、オクラホマ州の連邦政府ビルを爆破する等、実力行使を辞さない組織である。

ロビンソン・クルーソーのように自営を最上とする、これが欧米の伝統的保守思想であり、保守思想でありながら、連邦主義の米国共和党をも民主党をも否定している。

「国家に私生活を左右されるのは異常」と考える人達である。

保守であるため支持者は多く、キリスト教という「洗脳=ウィルス感染」を排除した後には、これが全米で最大の支持者を持つ「思想」となる。

このリバタリアンの思想を持つ政治家は、米国政府の内部にも多い。こうした政府内部のインサイダーが、ロックフェラーの悪行等を暴く情報を、地下水脈的に、リバタリアンに流し、それが「主にパンフレットとなり、ごく僅かには小部数出版の書籍の形となり」世界中に広がり、反ロックフェラー、反ロスチャイルド陣営の情報源となっている。

政府・国家を否定する意味では、アナーキズムに近いが、アナーキズムが共産主義と親和感を持つ左翼思想であり、共産主義を育てて来たのが、共産主義と資本主義の間で戦争を起こさせ、軍事産業で金儲けしようと考えた、ロックフェラー、ロスチャイルドであった点で、共産主義とはロスチャイルド・ロックフェラーの「別部隊」であった。

この点を見抜いていた点で、リバタリアンと左翼とは「水と油」の関係にある。

「自分の事は自分でやる、国家や政府・役員は口出しするな。老人介護のような自分1人で出来ない事は、仲間と相互に助け合って行う。政府は要らない。その代わり、税金は絶対払わない。」

これは思想ではなく、自分の手で土地を耕し、食糧を生産してきた欧米の市民の生活実感であるため、支持者は非常に多い。

この思想は、今だ市民の間で「自覚化」されておらず、政治運動として組織化されていない。

政治化すれば欧米社会を貫く世界最大の政治組織となる可能性がある。

既に一部、地下水脈的に「情報の流れ」として組織化が開始されている。

 ロックフェラー、ロスチャイルドが最も恐れているのは、このグループである。




*・・・なお、日本の代表的イルミナティ陰謀論者達は、このリバタリアンの地下パンフレットを国際宅急便で入手し、そこに記されている情報を、「CIA、NSAの内部通報者から独自入手した情報」などと虚偽を言い、DVD、書籍、講演会などで、タレ流している。

彼等は、思想家などではなく、国際宅急便の使い方を知っているだけである。彼等には、英語の読解力と、パンフレットの中味を「CIAからの極秘情報」として日本の市民をダマシ、書籍購入費、会費、講演会参加費用をダマシ取る、「恥知らずさとイコールの商魂」だけが存在している。

また、このパンフレットの発行組織の中には、米国連邦政府は「ユダヤ人によって運営されている」として、反連邦政府=反ユダヤ=ナチス信奉者となり、アドルフ・ヒトラーを礼賛するグループが居る。

ユダヤ人による「世界支配の陰謀」の証拠文書等として、しばしばイルミナティ陰謀論者が引き合いに出す「シオン長者の議定書」は、ロシア国内に居るユダヤ人を大量虐殺する口実作りのため、ロシアの秘密警察によって偽造された「デマ文書」である。このデマ文書によってロシアの狂信的排外的な民族主義は「自己正当化を計って」来た。

日本のイルミナティ陰謀論者が、不思議な事にロシアだけを「聖域」と考え、「ロシアがロスチャイルドに乗っ取られる」として「ロシアの民族主義を守れ」と主張し、ロシアVS欧米という単純化された図式で国際情勢を議論し、プーチンの悪行に「目を閉じる」誤謬は、ここから生じている。日本のイルミナティ陰謀論者の中には、このロシア直系の「狂信的」ナチス信奉者が潜入している。

ロスチャイルドをユダヤ勢力と「極めて単純化」し、反ロスチャイルドを反ユダヤ主義=ナチスへと「流し込み」、各国の狂信的民族主義に「正当化の根拠」を与えようとする、こうしたナチス勢力が存在する。日本の「イルミナティ陰謀論者=天皇主義=民族主義者」の正体は、このナチス主義者である。

このロシア・欧米のナチス勢力のパンフレット・書籍を日本に翻訳・紹介するだけで「思想家」と自称しているイルミナティ陰謀論者は、その正体を隠すため、パンフレットの「ゲルマン民族至上主義・ナチス礼賛」を、「巧みに日本民族礼賛・天皇礼賛に、スリカエ偽造している」。反ロスチャイルド・反権力のリバタリアン思想を、「意図的に民族主義・天皇主義=権力礼賛へと流し込む、偽造・情報操作」を行う、このイルミナティ陰謀論者の正体は、アドルフ・ヒトラーを礼賛する「ナチス」である。

このイルミナティ陰謀論者の文章を詳細に検討すると、そこには「ユダ公」、「女性は元来、下劣な生き物」といった人種差別、女性差別の罵倒が散見される。それは、もはや「思想の名」に値するモノではなく、暴力団の脅迫の類である。

ヤクザと、チンピラが最後に逃げ込む「牙城」は、常にナチス思想である。

スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

| BLOG TOP |

copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ