FC2ブログ

FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

松本清張

Author:松本清張
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅より

「行動」を起こすことは大切か?
http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/191.html
投稿者 檀渓の靖 日時 2010 年 11 月 09 日 20:41:55: BmYUfWCo9WuL6


「行動」を起こすことは大切か?

初めての投稿です。今後ともよろしくお願い申し上げます。

私はシルバー世代の者です。現在の私の思いを一言申し上げます。

いきなりですが、
その実体は分からないけれども、何か強大な力を持っている組織とかシステム、例えば、検察とかマスコミとかカルト宗教団体とかに対する「不安」「怖れ」というものを私は強く感じていますが、皆様がたは如何でしょうか。

じつは、私は、「検察」は「正義の味方」であるとずっと思ってきました。
しかし、先日の「村木さん事件」での検察のやり方や、「三井環元検事」に対する検察のやり方を観て思いました。
検察当局の「証拠をねつ造してでも起訴」に持っていこうとする強引なやり方には、到底賛成できるものではありません。
もし、これと同じやり方を、私たち一般市民に対してもやられたら、と考えると、心の底から「不安」と「恐怖」を感じました。
そして、いままで「検察の正義」を信じてきた私は、裏切られたという想いで怒りがふつふつと湧いてきました。

「村木さん事件」は他人事ではなく、私たち一人ひとりの問題だということに気がついた時、「不安」と「恐怖」は一段と現実味を伴って強く感じられるようになりました。

そして、こんな世の中がこれからも続いていくと、とんでもない事になるのではないかと感じました。そしてその後、「これは何とかしなければいけない」と考えました。

「何とかしなければいけない」と言っても、「私みたいな一市民がいったい何が出来るのだろう、結局、強大な権力を握っているものには何にも出来ないのではないか」と、諦めの気持ちの方が強くなってきて、一人でブツブツ文句を言うだけで、結局何もしなかったというのが、今までの私でした。

ところが、今回、「檀公善さんの投稿」と「10・24デモ」を「阿修羅」で知り、私の身体の奥深くで眠っていた正義感が、がぜん触発されて「たとえ自分一人ででも東京まで行って参加するぞ」と「思い」ではなく「行動」を起こす決意ができました。

「行動」を起こすということが、いかに人間の心身を活性化させるかということを、今回参加させて戴いて、身をもって体験することができました。これは「阿修羅」のおかげです。本当にありがとうございました。

わたしは決意表明いたします。
今度の「11・21全国同時デモ」は、たとえ数人の参加でも、是非名古屋でもやるつもりです。

  名古屋在住 近藤



スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

| BLOG TOP |

copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ