FC2ブログ

FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

松本清張

Author:松本清張
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅より


叩いても、叩いても不死身の小沢氏に怯える悪徳ペンタゴン 日本人の醜態に日本国民は気付け (新ベンチャー革命) 
http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/108.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 9 月 04 日 07:51:22: igsppGRN/E9PQ


叩いても、叩いても不死身の小沢氏に怯える悪徳ペンタゴン 日本人の醜態に日本国民は気付け
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/26345476.html
新ベンチャー革命 2011年9月3日 No.436

1.今の民主党政権は国民をだましていると知れ

 2011年9月2日、民主党野田政権がスタートしました。前菅政権の財務大臣であった野田氏のこれまでの言動から、この政権は対米従属であるとわかります。党内融和と称して、小沢系人材を登用している点が、菅政権と異なるのみです。

 野田氏を推していた財務省はにんまり、早速、増税法案の作成を開始しているでしょう、否、すでに素案はできていると思われます。

 2009年の政権交代時、民主党は税金無駄遣いを見直せば増税不要と主張し、それが国民に受けて、政権交代が実現していますから、今の民主党政権は、国民をだましていることになります。

 本来ならば、マスコミは、国民をだました民主党を大々的に批判し、総選挙しろと主張すべきですが、本ブログの主張しているように、マスコミは完全に、悪徳ペンタゴン化していますから、そのような批判をまったくしません、したがって、不思議なことに、解散総選挙要求の声は上がっていません。

なお、上記、悪徳ペンタゴン日本人および彼らを動かす米国戦争屋の定義は、本ブログのNo.225http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/20079420.htmlの注記をご覧ください。

 本ブログ前号(注1)にて、小沢氏という稀代の政治家の希少価値を見抜けなかった国民多数派の自業自得にて、遂に、日本を悪徳ペンタゴン独裁国家にしてしまったと指摘しました。

 これは、国民多数派が悪徳ペンタゴンによる小沢悪玉論プロパガンダにすっかり乗せられ、小沢氏を誤解してしまったことに起因する世紀の失敗だとみなせます。

 ネットの一部の正論ブロガーの必死の訴えも奏功しませんでした。くやしいけれど、悪徳ペンタゴンの勝ちです。

2.悪徳ペンタゴンの課題:対米(=対米戦争屋)面従腹背政治家の駆逐

 悪徳ペンタゴン日本人は、米戦争屋ジャパンハンドラー(悪徳ペンタゴンのボス)を後ろ盾に、戦後日本の政治を闇から牛耳ろうとしてきました。米戦争屋CIAによって設立された自民党が長期に渡って戦後日本の政権を握ってきましたが、自民党には老獪な政治家が多く、対米従属を装う面従腹背型政治家が多数、党内に紛れ込んでおり、米戦争屋ジャパンハンドラーを手こずらせてきました。故・中川昭一氏や亀井・国民新党代表などが、その代表例です。

 2009年の政権交代まで、自民党内の経世会系政治家にそのタイプが多く、米戦争屋ジャパンハンドラーにとって、自民党内の面従腹背政治家のあぶり出しと失脚・駆逐が大きな課題でした。ちなみに米戦争屋は、これこそ、米国の国益と考える習性があります。

 自民党内経世会の跋扈にしびれをきらした米戦争屋は2000年、自民経世会系の小渕首相を変死させ、2001年、ついに、優秀なる(?)米戦争屋ロボット・小泉首相(愛国心がゼロの日本国籍人)を得て、自民党内の対米面従腹背政治家の駆逐が始まりました。小泉首相のいう、いわゆる“抵抗勢力“とはとりもなおさず、対米面従腹背の自民党政治家を意味します。上記、亀井氏は、まんまと自民党から追放されました。巧みにかわした故・中川氏も2009年、遂に消されてしまいました。

 2009年、自民から民主への政権交代後、悪徳ペンタゴンの次の課題、それは、経世会出身の民主小沢氏の駆逐でした。悪徳ペンタゴンにとって、自民党より民主党の方が傀儡(かいらい)化しやすいと判断されていましたが、唯一の障害が、小沢氏だったのです。しかしながら、逆に言えば、小沢氏さえ無力化すれば、むしろ自民より民主の方が御しやすいとみられていました。その後、今日に至るまでの悪徳ペンタゴンによる世にも熾烈で執拗な小沢攻撃は周知のとおりです。

 ここで、誤解なきよう断っておきますが、小沢氏は単なる対米面従腹背政治家ではなく、厳密に言うと、アンチ米戦争屋かつ親・ジェイRF(米戦争屋ボスの宿敵)であり、基本的には“隠れ親米政治家”です。だから、ある時期まで、小沢氏は米戦争屋ボスをだましてきた老獪なる政治家なのです。なお、米戦争屋ボス・デビッドRFは、小沢氏の恩師・田中角栄・元首相の仇です。

3.米戦争屋ジャパンハンドラーが、いまだに小沢氏を完全駆逐しないのはなぜか

 米戦争屋ジャパンハンドラーは配下に謀略部隊を擁していますから、最後の手段を手中にもっていますが、不思議なことに、今もって小沢氏は完全に無力化されていません。なぜなら、小沢氏は彼らの手口に精通していますから、謀略に対する防衛体制が完璧であり、一瞬のスキもないからと思われます。しかしながら、米戦争屋は本気になれば、いつでも小沢氏を故・中川氏のように病死や事故死などの偽装手段で消せるわけです。米国ではこのような犠牲者は多発しており、その代表例が故・JFK大統領兄弟です。彼らは、小沢氏を下手に無力化しても、その反動にて、第二、第三の小沢氏が出現するのをむしろ警戒しているでしょう。ちなみに、中川氏の死後、創生「日本」という強力右翼グループが台頭しています。

 逆説的ですが、小沢氏は、米戦争屋に敵ながらあっぱれと、評価される面を持っています。要するに、小沢氏は利用価値があるとみなされています、なぜなら、小沢氏は、90年代初頭に、彼らの課したウラ・ミッションどおり、現実に、2000年代、ひ弱な民主を、自民に対抗できる強い民主党に育て上げ、日本の政治体制を、米国並みの二大政党体制にした実力をもっていることがすでに証明されているからです。

 ところが、米戦争屋ジャパンハンドラーの言いなりに動くことが、おのれの立身出世につながると信じて疑わない愚かな悪徳ペンタゴン日本人は、目障りな小沢氏を目の仇にしていますが、不思議なことに、小沢氏は未だに、民主党内で隠然たる影響力を行使し続けています。

 バカな悪徳ペンタゴン日本人は、なぜ、小沢氏が不死身なのか理解できず、遂に、小沢氏に怯え始めています。鈍感な国民も、マスコミの小沢悪玉論の異様さにそろそろ気付くべきです。

 結論からいうと、米戦争屋は、彼らに従順な悪徳ペンタゴン日本人ほど、本心では“虫けら”としてしか見ていません。それより、米戦争屋に堂々と挑戦してくる小沢氏の方を本心では評価しているのです。その意味で、日本国民多数派より、米戦争屋の方が、よほど、小沢氏の本質的価値を見抜いていると言えます。

注1:本ブログNo.435『2009年政権交代の挫折:日本は悪徳ペンタゴン独裁国家となる』2011年9月2日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/26328585.html

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

テックベンチャー投稿の過去ログ
http://www.elmstadt.com/news/techventure.html
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html




スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

| BLOG TOP |

copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ