FC2ブログ

FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

松本清張

Author:松本清張
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅より


かって「巨悪は眠らせない」と豪語した検察が、実は巨悪は、検察と最高裁判所であった! (いかりや爆氏の毒独日記)
http://www.asyura2.com/12/senkyo126/msg/876.html
投稿者 メジナ 日時 2012 年 2 月 28 日 22:49:08: uZtzVkuUwtrYs


かって「巨悪は眠らせない」と豪語した検察が、実は巨悪は、検察と最高裁判所であった!
 2012-02-28 :(いかりや爆氏の毒独日記)
 

 正義の府とも言われる法の番人たちが、自ら犯罪に手を染める。しかも公然とした組織が犯罪を起こす、そんなのってありか?と思う。一般の人は、「まさかそこまでやるか」と信じ難い人が大部分だろう。だが、そのまさかという真坂があることがわかった。

 ここにきて、小沢起訴の仕掛け人は、最高裁事務総局ということが暴露された。
「最高裁事務総局は強大な権力を持ち、司法行政を意のままに動かしている」・・・一市民が斬る!! [Civil Opinions Blog](1月3日)、黒幕"最高裁事務総局"の恐るべき正体!罠を仕掛けて小沢起訴!というのだ。

 一般の人(筆者もそうだが)は最高裁の中に「最高裁事務総局」という存在すら知らなかった。最高裁事務総局が司令塔になって、最高裁と検察が結託すれば鬼に金棒?さらにマスコミを巻き込んで世論誘導して、尤もらしくみせかける。どんな人間でも塀の内側に落とすことができる。つまり、「最高裁ー検察がグルとなれば、完全犯罪という不可能を可能にすることができる」はずだった。だが、上手の手から水が漏れたと言うべきか、それとも「バカな奴がバカなことを仕掛けるからバレバレとなった」と言った方が正しいかもしれない。

 疑惑の始まりは、検察審査会(東京第五検察審査会)事務局が発表した11人の検審員の年令偽証だった、11人の平均年齢「30.9歳」→「33.91歳」→「34.55歳」と二転三転した。その際、「最初の計算から漏れていた一人の年齢は37歳」と訂正発表した。ところが、「計算が合わない」との指摘され、それを受けて「審査会議決日の9月14日時点では34.55歳」と再度訂正する事態に陥ったのだ、それでも尚年令疑惑は解消されていない。「最高裁事務総局」というエリ-ト中のエリート集団が、11人の平均年齢の計算もちゃんとできないという、予想外のバカだったことが明らかになった。

 これに続いて、さらに想定外なことが起きた。東京地裁(登石郁朗裁判長)は、田代検事の「石川秘書取調べの供述調書」が捏造したものであることがわかり、その殆どを切り捨てた。これによって石川秘書らの有罪判決の根拠を失ったはずだった。だが、登石裁判長は、推認に推認を重ねて「疑わしきは罰せず」という世間の常識を逸脱した「小沢氏の3人の元秘書」に対して有罪判決を下した。捏造検事もいれば、判決まで捏造するという世間の常識にも欠ける欠陥裁判長がいることがバレバレとなったのである。

 さらにここにきて、検察審査員11名を選び出すソフトまで、最高裁事務総局が、イカサマソフトを発注して作らせていたことがわかった。

 検察から裁判までイカサマ集団であることがバレて、さすがにここにきて、マスコミも沈黙しているわけにいかなくなったのか、日刊ゲンダイ、週刊ポスト、週刊朝日は言うまでもないが、あのサンデー毎日まで、”小沢事件深層スクープ!最高裁の「官製談合」疑惑”を報じている。さらに朝日新聞も小沢氏ロング・インタビューを載せている。

 ここまで、おおっぴらになると、さすがに大善裁判長も「小沢有罪」を出すわけにいかないだろうなあ。

 かって「巨悪は眠らせない」と豪語した検察だったが、「巨悪は、実は検察と最高裁判所であった」という漫画みたいな話だ、いやイソップ物語の世界だ、しかしそれは現実の世界である。小沢氏に対するでっち上げ事件がなければ、小沢氏は間違いなく総理大臣になっていたはずである。

 そうだとすれば「政治は生活が第一」を主張する小沢政治が進んだはずである。検察と最高裁は、国益を損じ政治を曲げたが、その責任は誰がとるのだろう? 検察ー最高裁・事務総局は同じ穴の狢である、検察が自分たちの上司を取り調べるってことが可能だろうか。構造的に腐敗したものが腐敗者を取り調べたり、腐敗者が腐敗者を裁くことができるのだろうか?


元記事リンク:http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/ae2e3dcc7f948abfbaccb0f4ba1792e5

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る



コメント
01. 2012年2月28日 22:52:09 : FijhpXM9AU
「アメリカ様に楯突く奴は眠らせない」だったんだねえ。当時は日銀が「通貨の番人」として頑張ってくれてるから大丈夫だ、と同時に「検察だけは本当に国民のために頑張ってくれてるんだ」と信じていたが、なんとナイーブだったことか。GHQの残置諜者兼実行部隊だったとはね。はは


02. 2012年2月28日 23:16:35 : swsf4Tw1P2
まだ検察、裁判所が正しいと信じている人が大勢いる。
この層に支えられて検察、裁判所の偽りの正義、権威がある。

しかしそれはしょせん虚位によるもので砂上の楼閣にすぎない。

誰も裁判所・裁判官を信じなくなれば、オワリだ。

有罪判決ごとき勲章だとみんなが思えばモラルハザードが起こる。


03. 2012年2月28日 23:51:37 : K1NA9ZN4GE
「最高裁事務総局」が仮に犯行を認めたとしてw、では「その動機は一体何だったのか」が興味を引く。
何かを有耶無耶にさせ忘れさせようと、他の事で一騒動起こして国民の目をそちらに向かせようとした。その依頼を受けたのは誰から?
♪時は郵政・荒らしの時代、簡保のお宿がバレちまったぜ~い♪w

売却の郵政資産、8割転売=かんぽの宿・社宅628施設-会計検査院
http://www.asyura2.com/09/news8/msg/333.html
転載:戦後最大の疑獄、「かんぽの宿疑獄」について。
http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/513.html

小鼠・ケケ中 → 最高裁事務総局 → 検察(暴走)




スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

| BLOG TOP |

copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ