FC2ブログ

FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

松本清張

Author:松本清張
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:植草一秀の『知られざる真実』

民主主義を嘲りドジョウを操る財務省の悪行三昧






鳩山由紀夫元首相が「シロアリ退治なき消費増税阻止」の旗幟を鮮明にしたのは、2009年5月である。

 
    
 小沢一郎民主党代表が検察とメディアによる選挙妨害を理由に民主党代表職を辞した。このために、民主党代表選が実施された。
 
    
 
 メディアが全面支援したのは岡田克也氏である。ネバネバ官民癒着企業をバックボーンとするシロアリ一族の一員、岡田克也氏は消費増税を主張した。
    
 
 これに対して鳩山由紀夫氏は「シロアリ退治なき消費増税阻止」の旗を掲げた。
    
 
 メディアが岡田支持を鮮明にするハンディ戦であったが、鳩山氏が勝利を収めた。
 
 
 

 そして、2009年8月31日の総選挙。消費増税を掲げる麻生太郎政権とシロアリ退治なき消費増税阻止を掲げる鳩山由紀夫民主党は正面からぶつかった。
    
 
 勝利を収めたのは民主党。遂に政権交代の大業が実現した。





この選挙で、消費税問題には決着がついたはずであった。少なくとも、常識的な議会制民主主義では、これで決着がついたことになる。
    
 ところが、事態は思わぬ展開を見せる。
 
    
 鳩山内閣がわずか8ヵ月で内閣総辞職に追い込まれる。
  
 
   
 民主党内で政変が発生し、菅直人氏が権力を握る。菅直人政権の発足と同時に、民主党から消費増税提案が示される。寝耳に水とはこのことを言う。

     
 2010年7月参院選は菅直人氏提案消費税率10%の是非を問う選挙になった。
    
   
 結果は菅直人民主党の惨敗である。主権者国民は、ふたたび「シロアリ退治なき消費増税」にNOの意思を表示した。
 
    

 ところが、財務省はあきらめない。
  
    
 今度は、子飼いの野田佳彦氏を首相に祭り上げた。そのうえで、野田氏に消費増税案を持たせて野に放った。
  
     
 ここで、ゲッペルスの言葉が用いられる。
  
    
「ウソも100回繰り返せば、本当になる」
  
    
 背徳の消費増税、正義も大義もない消費増税。
  
    
 しかし、100回繰り返し、消費増税反対論が間違いだと唱え続ける。
  
     
 もちろん、全面的な報道統制を敷いて、メディアに洗脳放送をやらせる。





国民の前に選択肢が提示され、国民が選挙で選択する。
  
      
 それも一度ではない。
  
  
     
 2009年の総選挙と2010年の参院選。
  
  
      
 国民が明示した選択は、「シロアリ退治なき消費増税阻止」だ。
  
  
    
 野田佳彦はこう説明した。
  
  
     
「消費税5%分の皆さんの税金に、
 天下り法人がぶら下がっている。
 シロアリがたかっているんです。
  
  
      
 それなのに、シロアリを退治しないで、
 今度は消費税引き上げるんですか?
  
  
     
 消費税の税収が二十兆円になるなら、
 また、シロアリがたかるかもしれません。
  
  
       
 鳩山さんが四年間消費税を引き上げないと言ったのは、
 そこなんです。
  
  
      
 シロアリを退治して、
 天下り法人をなくして、
 天下りをなくす。
  
  
      
 そこから始めなければ、
 消費税を引き上げる話は
 おかしいんです。
  
  
      
 徹底して税金の無駄使いをなくしていく。
 それが民主党の考え方であります。」





それなのに、今、私たちの目の前に広がっている光景は、消費増税を掲げる民主党野田佳彦内閣と、この方針を全面支援するNHK(日本偏向協会)、読売(ゴミ売り)新聞、朝日(御用)新聞、産経(3K)新聞などの大政翼賛報道だ。
  
  
     
 2年前に「マニフェスト選挙」を訴えた人々はどこに行ったのか。
  
  
    
 私がかつて主査を務めた「21世紀臨調」。
  
  
     
 小泉政権批判を展開したところ、予告もなく私は排除された。
  
  
     
 大手メディアの全政治部長が顔をそろえる。財界、学界、労働界、メディアによる組織だ。
  
  
     
 マニフェスト選挙・政権選択選挙をあれほど唱えたのに、マニフェスト選挙が根底から踏みにじられようとするいま、何も動かない。
  
  
     
 大手メディアの政治部長はほぼ全員が政界ゴロである。
  
  
     
 正義も大義もない。
  
  
     
 権力に迎合し、おこぼれを頂戴したいだけの、シロアリ寄生虫一族に過ぎない。



政権公約を踏みにじり、
 
     
 シロアリ退治もせず、
     
 社会保障改革は白紙のまま、
     
 正義も大義もない、単なる消費増税を
     
 このまま、成立させてよいわけがない。
  
  
     
     
 ひとつ人の世生き血をすすり、ふたつ不埒な悪行三昧、みっつ醜い浮世の鬼を封じなければ、日本は確実に滅びることになるだろう。
  
  
     
 勝負は、国民の真贋(しんがん)を見定める洞察力にかかる。
  
  
     
 国民の目が節穴で、真実を見抜く洞察力がなければ、大政翼賛報道各社の洗脳放送に一発でやられてしまう。



スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

| BLOG TOP |

copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ