FC2ブログ

FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

松本清張

Author:松本清張
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅コメント



 

小沢が求める「野党共闘」を打ち砕く戦略が、この民進党解党と統一教会(日本会議)カルト


小池新党への抱きつきサバイバル(投稿者ご指摘どおり事実上の大政翼賛会政権)


副島氏の見立てでは、軍需産業が対中・反共軍国化ファシズム国家「大日本帝国」復活に


向けて、安倍に憲法9条の破壊を花道として用意、統一教会(日本会議)カルト小池新党


の選挙費用を賄うのが、他でもないこのシナリオを計画実行している「笹川財団」と


軍需産業、つまり「憲法改正」や「反共」が統一教会(日本会議)カルト小池新党の


お墨付きを得られるかどうかの判断基準、共産党とは選挙協力をしないと民進党をシナリオ


どおり解党した前原が発言したのは、既に軍国化「大日葡帝国」復活に向けた、大政翼賛会


構築の任務を託されているからに他ならない


 


先の「笹川財団」の私邸で行われた会合において、小沢の政治生命を絶つという決定も


なされたというのが、副島氏の見解であり、CIA御用達自称元ジャーナリストが、しきりに


小沢が背後で動いていると吹聴してきているのは、CIA御用達機関「笹川財団」の軍国化


「大日本帝国」復活アジェンダをカモフラージュするためと捉えるほうが自然である


 


都議選は国政選挙をどのように執り行ったら、CIA御用達機関「笹川財団」のシナリオを


巧く遂行できるか、実地の試験であったと見るべきである


 


 


アルルの男・ヒロシ@死んだふり retweeted


             


戦前、共産党を除いて左翼政党までもがどうして大政翼賛会などという戦時体制支援組織へ統合されていったのか不思議だったが、今、目の前で反安倍の民進党支持者が次々と希望の党支持を表明し始めているのを見ると、あの時何が起こったのかも想像できるようになる。 pic.twitter.com/vMFijjP6FR


 


 


[2193]今、日本の政界に激変が起きている。


 


投稿者:副島隆彦


              投稿日:2017-09-28 11:42:48


 


副島隆彦です。今日は、2017年9月28日です。


 


 アルル君から、昨晩、連絡が入って、日本の政治変動=政界変動(政治家=国会議員たちの右往左往、集合離散 )が急激に起きている、とのことだった。


 


 


今日、国会で衆議院が解散される。そして10日までに衆議院議員の各党の候補者たちが決まる。


 


 そして10月22日の総選挙後に、安倍内閣が倒れる(丸5年でようやく退陣する)という事態も予想されるようになった。 そんなことは有り得ない、とたいていの人は思っている。「安倍首相が、北朝鮮の核ミサイル問題で、アメリカと連携して日本を守ってくれる」で、支持率が高いから、という理由である。ポイントフォームで、重要なことだけを羅列してゆく。


 


 アルル君は、自分の考え、見通し、分析をどんどん発表しているので、彼のツゥイッターを読みに行ってください。 


https://twitter.com/bilderberg54


 


 


1.この8月23日に、山梨県の鳴沢村(なるさわむら。河口湖の南で、富士山の山麓)の 日本財団の会長の笹川陽平の別荘(villaヴィッラ)に、4人の自民党の元首相たちが集合した。ここで次の政界再編が語られ、決められたようだ。イニシアティヴを握ったのは、小泉純一郎と安倍首相だったようだ。自分の子分を一人も持たない(誰も育てなかった)小泉が何の勢力を背景に、力を持つのか?


 


2. 黒幕は、笹川財団の 笹川陽平(ささがわようへい)会長だ。笹川財団が、安倍首相たちを操(あやつ)っている。ササガワ財団が、世界的な特殊な宗教団体である、統一教会(とういつきょうかい、Moonie ムーニー)の大きな資金源である。 安倍首相の鳴沢村の土地も、笹川財団の所有する広大な土地の一部のはずである。安倍晋三は、何かあるとこの別荘に隠れて秘密の政治をやってきた。


 


 


談笑しながら会食する(右から)麻生太郎副総理兼財務相、安倍晋三首相、森喜朗氏、小泉純一郎氏=笹川会長のブログから


 


 


笹川陽平


 


 


笹川良一


 


3. 小池百合子は、小池新党「希望の党」を26日に立ち上げた、と思ったら、今度は都知事を辞めて、首相を目指す、という動きに出ている。それと連動して、日本維新の会(大阪が主力)を作ってきた 橋下徹(はしもととおる。彼を日本のムッソリーニだと、私たち学問道場は6年前から認定してきた)が、大阪から衆院選に出て国政に、「ムッソリーニのローマ進軍」(1922年)のように「東京進軍(しんぐん)」してくる、のかと思ったら、


 何と、小池の後の都知事選に出る、という動きになっているらしい。 橋下徹の資金源も明らかに笹川陽平である。大阪の寝屋川市?の笹川陽平の邸宅に橋下は出入りしている。


 


 笹川良平という日本ファシスト(大日本翼賛会=よくさんかい=)が作って、戦後は世界反共(はんきょう)運動の重要な拠点になってきた笹川財団こそは、統一教会の資金源である。 小池百合子(現在65歳、1952年生)も、親の代からの、熱心な勝共連合(しょうきょうれんごう)の活動家であった。つまり、少女時代から、統一教会の熱烈な信者だったということだ。 そして30歳ぐらいから、テレビのニューズ・キャスターとしてデビューして有名人になった女性だ。


 


 彼女は、関西学院大学の学生を1年生で辞めて両親と共に、エジプトのカイロ大学に入学して、両親は、現地で日本料理店を経営していたという。日本人が、イスラム教とアラビア語を勉強するのだったら、アル・アズハリ学院に行くはずなのに。


 


 カイロ大学は、アメリカのCIAが作ったアメリカン・ユニヴァーシティ(大学)の隣、というか、その敷地の一部である。CIAが、反共産主義の牙城(がじょう)として、中東アラブ世界にも撃ち込んだ拠点である。同じく日本は極東(きょくとう)の拠点である。そこに少女時代から、反共(はんきょう)の闘志として育てられた小池百合子が、40年前に日本から送り込まれたのだ。 


 このことから、CIAの中の一番、強硬な反共主義の連中が、勝共連合=統一教会を作ったことがよく分かる。それと、ローマ・カトリック教会の中のイエズス会である。




スポンサーサイト



| BLOG TOP |

copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ