FC2ブログ

FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

松本清張

Author:松本清張
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅より

植草・123便。TRONの技術者だらけ、プラザ合意、横田空域である事が全てで、ヤンキーゴーホームという事である。

http://www.asyura2.com/19/cult22/msg/304.html

投稿者 ポスト米英時代 日時 2019 8 12 17:25:17: /puxjEq49qRk6 g3yDWINnlcSJcI6ekeM

 

 

司馬の龍馬よいしょ、阿川の五十六よいしょ、下山三鷹だ連合赤軍だオウムだと代表的な事件を挙げただけでも横田空域で起こった事、鬼畜米英の大使館が皇居の真ん前と国会のすぐ近くというだけで、詳細を調べる必要がない位に馬鹿馬鹿しい話だが、ブッシュ小泉辺りから使われだしたショックドクトリンというやつで、黒船の昔から泥棒のやり口と言うのはワンパターンで、泥棒のやる事と言うのは脅しと買収が定番という事である。

 

(植草・落合)

【目次】

あの日に何が見えたのか

日航123便墜落事故に関する略年表

第一章一九八五年八月十二日の記録

1 スチュワーデスの視点から

2 政治家の視点から

中曽根康弘総理大臣の場合

山下徳夫運輸大臣の場合

3 日本航空の視点から

第二章新たに浮かび上がるあの日の証言

1 遺族となった吉備素子氏の体験と記憶

2 山下徳夫運輸大臣の記憶

3 目撃者たちの証言

ファントム二機と赤い物体の目撃者

第三章『小さな目は見た』というもう一つの記録

1 上野村小学校、中学校の文集が語る二百三十五名の目撃証言

2 横田基地への取材ノートから

3 ガソリンとタールの臭いが物語る炭化遺体と遺品

検死に関わった医師たちの証言

山口悠介検事正による異例の説明会

上野村に眠る遺骨と尾根に残る残骸から見えてくるもの

第四章三十三回忌に見えてきた新たな事実 〜目撃証言からの検証〜

1 事故原因を意図的に漏洩したのは米国政府という記事

ガソリンとタールの異臭について

墜落現場不明という誤報とファントム二機の追尾

人命救助よりも大切だったのは赤い物体か?

2 未来に向けて私たちができること

章未来の目は見た

事実関係時系列表

Amazon カスタマー

ボイスレコーダーで聞こえる2回のほぼ同時の爆発音は標的機オレンジエア(ファイアービー)が誤って垂直尾翼にぶつかった時の衝撃音と本来そのオレンジエアを仕留める予定だった弾薬抜きのミサイル(赤色)がこれまた誤ってジャンボの後方下腹部に突き刺さった時の衝撃音。この2つの物体が衝突するタイミングはほぼどんぴしゃりだったが狙いがちょっと狂ってたまたまその近辺を飛行していたジャンボ機が身代わりのダブル標的になってしまったということ。実際ボイスレコーダーでもコックピット・クルーの一人が爆発音が聞こえた後に後方の荷物を取り降ろす場所(つまり貨物室)の異常を指摘している。従って赤いものの正体はまさにこのミサイルだったということになる。   


スポンサーサイト



| BLOG TOP |

copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ