FC2ブログ

FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

松本清張

Author:松本清張
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:マスコミ


今どきの「悪人」
辛淑玉さんの
「そんなもん、とっくにお見通しだい!」
================

 「在特会(在日特権を許さない市民の会)」とは、その会長である桜井誠の発足あいさつ(2007.1.20)によれば、制度上年金に加入できなかった在日韓国人・朝鮮人の無年金者に対する老後のためのわずかな給付金制度を、「在日特権」として指弾し止めさせるために始まったそうです。もとよりそれは理屈であって、在特会の無茶苦茶な襲撃型街宣行動は、弱者への激しい憎悪をかきたてるイベントでしかありません。

 同様の組織に「主権回復をめざす会」というのもあります。代表の西村修平はこのほど、学生時代の毛沢東派としての活動が露わになりましたが、いまは完全な「愛国無罪」路線。アカデミー賞映画「ザ・コーヴ」の上映を阻止しようと、少人数でパフォーマンスを繰り返していますが、かれらもまた似たような憎悪犯罪(ヘイトクライム)集団にすぎません。
 
 この2つの団体は常に協働していたのですが、最近は警察の介入の恐れをめぐって、若干のすれ違いがあるようです。とはいえ同じ穴の貉です。
 
 去年12月からの襲撃型街宣行動の主な対象をピックアップしてみましょう。
 
●京都初級朝鮮学校襲撃(隣接公園の利用をめぐって)
●慰安婦問題解決「水曜デモ」襲撃暴行事件(毎月)
●カソリック教会抗議街宣
●3.1運動記念講演会襲撃(東京)
●京都朝鮮公民施設襲撃
●徳島県教組書記局襲撃、侵入暴行事件
●無年金者救済制度粉砕を叫んで老人デイケアセンター襲撃未遂
などがありますが、

こうした街宣行動のなかで、クレームをつけた車椅子の障害者に対して、公道上で取り囲み激しい罵声を浴びせるなど、傍若無人なヘイトクライムを行なっています。

最近では、
●護国神社への自衛官無断合祀の救済を求める妻への糾弾行動
●逆差別反対! 女性専用車両を廃止せよ!!
●「私生児といって何で悪い! 正妻の権利を守れ!」
なんてことも
●夫婦別姓反対!
と共に、コブシを振り上げています。

連中のこうした挙動に、私はあきれ返って理解不能の思考停止に粥w)?ラってしまうのですが、さすが辛 淑玉さんは、とっくのとうに「お見通し」でした。

たまたま図書館で貸し出しを受けた本「悪あがきのすすめ」辛 淑玉 岩波新書2007.6.20、です。このMLの皆さんには常識かもしれませんが、非情に適確な文章なので、以下、そのp3~6をテキスト化しておきます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(引用開始)

私は、「現代の悪」とは、ちょっとした手抜きとか、見て見ぬフリをすることだと思っている。

たとえば、アスベスト。米国では三〇年も前からこれが「死の製品」であると警告されていたのに、日本では役人や企業が見て見ぬフリをして放置してきた結果、現場で働いていた人たちばかりか、その家族や工場周辺に住んでいた人たちまでが中皮腫などで亡くなった。

悲劇は今なお続いている。

その構造は、まさに薬害エイズのときと同じだ。このときも、官僚の手抜きと見て見ぬフリが大量の被害者を出し、多くの人たちを死に追いやった。

人が、意識して人を殺すことは簡単ではない。しかし、官僚システムや巨大メディアの中では、個人のちょっとした手抜きを組織が放置することによって被害が拡大し、ときに多くの人が殺される。それこそが、私が考える「現代の悪」なのだ。


しかし、いま日本社会で「悪」と呼ばれているものは、これとは違う。

「フェミナチ」「反日」「サヨク」「人権派」というレッテルが貼られるものが、いまどきの「悪」なのだ。

男女平等、ジェンダーフリーは、専業主婦を侮蔑しフリーセツクスを唱える「フェミナチ」。養護施設で現場の必要に沿った保健教育の教材を作っても、「フェミナチ」。女性への暴言に抗議をしたり、非嫡出子への人権侵害に声を上げたり、夫婦別姓を求めたりしても、やはり「フェミナチ」。

反戦のビラを配っただけで逮捕され、「サヨク」扱い。靖国参拝を非難する者は、愛国心のない「サヨク」で「反日」。戦後補償を求める者は、日本の税金を奪おうとする「反日」。民族名を使う在日朝鮮人やいろいろと主張する中国人も、歴史認識問題を口にする日本人も、みんなひっくるめて「反日」。

自衡隊の海外派兵に反対するのは、お国のためにがんばる者を侮蔑する「サヨク」。死刑廃止を唱えるのは・u栫A殺された人の気持ちがわからない「人権派」。在日への暴力事件に抗議をすれば、「サヨク」で「反日」で「人権派」。「美しい日本」を批判する者は、「反日」「サヨク」となる。そして、「君が代」を伴奏しなかったり斉唱しない教師は、「サヨク」だとして職場を追われる……。これらはみな「悪」とされるのだ。

ここ数年、こんなふうにレッテルを貼って断罪するやり方が増えている。

夫に殴られた妻には「あんたの口のきき方が悪かったんじゃないの?」と言い、イラクで人質にされた人たちの家族には「自己責任」という言葉を投げつけ、ハンセン病回復者が差別に抗議すれば「権利ばかり主張して」とくる。そうやって人権をふみにじっている輩にかぎってアメリカの尻馬に乗り、「人権のため」と称して爆弾を落とし人を殺すことには疑問をもたない。


こうして「悪」の根元としてもっとも悪しざまにののしられ、価値を剥奪されている存在とはなにか。結局のところ、それは「弱いということ」ではないだろうか。

ジャーナリズムはもともと「弱きを助け、強きを挫く」を本分としている、と私は教わってきた。しかし、日本ではバブルがはじけたころあたりから、世界ではグローバル経済がその姿を現わしはじめたころから、「弱いこと」は「悪」とみなされ、非難の対象とされるようになっている。

そこでは、世界規模で繰り広げられる大競争を勝ち抜くためという大義名分が、大手を振っている。その大義名分の下、民族も国家も個人も、つねに強さを求め続けなければならない。至るところに「弱肉強食」の強迫観念が蔓延しているのだ。

そして、その考えからすれば、「弱いこと」は、避けるべきこと、すなわち「悪」なのだ。

しかし、どんな社会であれ、弱い者は助けるべきという徳目が存在している。どんな宗教も道徳も、弱い者をいじめることを奨励したりはしない。直接、弱い者を攻撃することは、倫理上できないのだ。

そこで、倒錯した論理が生まれてくる。「あれはほんとうの弱者ではない。弱者のフリをしている強者だ」という論理だ。

勝ち組の、強者の論理の信奉者であればあるほど、「自分は勝ち組だから正しい」などとは言わない。「自分は、弱者のフリをしている強者を、社会正義の立場から批判している」という論理を振りかざす。あるいは、「民族や国家を弱体化させぁw)?謔、という陰謀に荷担している人権派やリベラル派と闘うのだ」と言う。

こうして、「弱いこと、弱者に味方することは悪いことだ」、という一言い方が流布してゆく。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(引用終了)


スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ