FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

鳥居祐一

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅コメント

小澤裁判について有罪か無罪かを論じているがそもそも「小澤裁判の有罪、無罪」を議論することはナンセンス。この裁判は「既得権益国家権力の乱用」
まさに「検察と裁判所」が一体となって「無実の政治家」「虚偽記載」と言う
無理やりこじつけで犯罪行為とねつ造して、特捜検察でもさすが起訴できないので
「検察審査会」を無理やりこじつけで議決誘導して「強制起訴」に持ち込むという
禁じ手を使って「何はともあれ小澤抹殺を狙った」国家権力の乱用以外何ものでもない。
普通に考えれば「まさに疑獄事件」であり「利権権益組織」の陰謀ですらある。
ここまで明確に、裁判の中で「検察組織の調書ねつ造、虚偽記載の犯罪」とまで
断罪されているのに虚偽記載の田代検事は「起訴猶予、不起訴処分」でごまかす
など言語道断、日本はいつから無法国家、暗黒社会になったのか。
さらに「強制起訴の議決を行ったとされる第五検察審査会の議決は存在しない?」
虚構の審議ではないかとの疑惑を「市民T氏」が指摘しています。
こんなに疑惑のある起訴に基づいた裁判が「有罪か無罪か」など論じる感覚が
おかしい。
偉そうな顔で「小澤裁判の結果が無罪ならば」などと得々とコメントしている
評論家の諸君、君たちは何ものなのか。
申し訳ないがテレビに出る資格はない、官房機密費の毒まんじゅうを食らったのならば君らこそ、国家権力の犯罪に加担した共犯者であることを国民は知っている。
控訴棄却で喜ぶわけにはいかない。既得権益のシロアリは小澤抹殺には失敗しても
天下り団体や利権団体の公益法人、特殊法人などシロアリの城でぬくぬくと
次の既得権益に立ち向かう敵を追い落としに策を練ることと予想できる。
橋下市長も狙い撃ちに合う恐れはあるが、弁護士であるので法的武装はやっている
と確信しているが検察権力の乱用は村木裁判、小澤裁判で明確になっている。
三井環さんの裁判など権力組織防衛に裏金告発はないことにした。
テレビのコメンテータで偉そうな特捜出身の弁護士も検察の犯罪の共犯者でないのか、小澤さんの記者会見について「しゃべりすぎと偉そうなコメントをしていた」
ひげの弁護士は「推認を重ねれば有罪も否定できない」とまだ検察の犯罪に加担しており、彼らは検察の犯罪の共犯者であり、テレビから追放すべきではないのか。
少なくとも国民を偏向情報でねつ造デマ情報をたれ流した罪は公共放送に出る資格はない。
これだけ明らかな疑惑のある裁判を何も批判しないマスコミはこれも国家権力の
犯罪の支援者であり、共犯者です。
平成の大疑獄事件をあたかも「無罪ならば復権」など偉そうな解説があったが
馬鹿も休み休み言え、テレビの政治評論家こそ、官房機密費の毒まんじゅうの
餌食になったジャーナリズムの風上にもおけない輩でありこの三年間「政治と金」
の大合唱をならした責任をいかにとるつもりか。自分たちが税金を食らっている
西松建設の政治資金違反は存在していません。検察の違法捜査で勇み足です。
この違法捜査の慰謝料ほか検察を告訴すべきは小澤さん側です。
マスコミは知らん顔の半兵衛、TBSは水谷建設裏金のインチキ放映がありましたがその後、誤報の訂正は全くありません。
テレビは真実を伝えなくてねつ造して嘘を伝えるのならば国民のとって害以外
何ものでもありません。
小澤裁判によってパンドラの箱が開けられました。既得権益の悪行、マスコミ、記者クラブのウソ報道、検察と裁判所は巨悪の巣窟、シロアリ軍団の強固な軍備
税金をしっかり特殊法人、特別会計として隠している。
民主党の故石井議員はこの特別会計の闇に切り込んで暗殺されています。
しかしこの犯罪は右翼の犯行として片づけられ真実は闇の中です。
石井議員の遺族の方の活動もほとんどマスコミには上がっていません。
まだまだ既得権益の闇は手ごわいです、国民は情報公開に常に声をだし真実追求に
手を抜かないように頑張りましょう。

俺は小沢の支持者だがまったく楽観していない。戦争は常に最悪を想定してやらなければ負ける。
有罪判決の可能性さえ依然存在すると思うが、無罪判決があるとすればそれは小沢の政治的威信を最大限に毀損するようなものとなるはずだ。その論理は次のようなものとなろう。
「問題の4億円秘匿の動機とそのための期ずれ実行意図およびそれの小沢の認識の存在は合理的推測(推認)を免れ得ないが、それを立証する証拠に欠ける。したがって政治資金規正法違反の疑いは残るが証拠不十分で無罪」だ。
秘書たちの違反認定(登石判決の追認)で小沢の共犯部分だけ証拠不十分としてくる。それで、検察官役の弁護士側からの控訴はなしで、小沢に控訴の機会もない。これで、小沢の「灰色」永久確定だ。
政治的には有罪判決よりもこっちの方が始末が悪い。
マスゴミは小沢を「灰色」呼ばわりするだろうし、民主党Bと自民党は小沢の「道義的責任」を攻撃してくるだろう。それを直接晴らす機会は検察の陰謀を裁く裁判以外にないが、これはほとんど不可能だ。田代に起訴がまず難しいし、それができても検察全体の陰謀を訴追するのはさらに困難だ。まったくこの官僚利権政府のペテンとインチキはうまくできている。
だから俺はもう革命しかないんだと思う。
検察陰謀を裁くことができるのは革命法廷だけだ。



スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ