FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

鳥居祐一

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅より


いよいよ小沢新党が動き出した。まずは民主党の地盤の連合の推薦崩しだ。 (かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/417.html
投稿者 メジナ 日時 2012 年 8 月 14 日 23:54:52: uZtzVkuUwtrYs


いよいよ小沢新党が動き出した。まずは民主党の地盤の連合の推薦崩しだ。
 作成日時 : 2012/08/14 :(かっちの言い分)


連合が、民主党べったりから以下の記事のように、「国民の生活が第一」の候補者支援を容認するという。これは、昨日本ブログでも書いたが、本来労働者の組合からなり、労働者の味方であるはずの連合が、連合の敵であった自民党と組んで、増税法案を通してしまった民主党を支持すること自体、矛盾している。やはり、労働者の底辺、下部から、連合上層部のやり方に対して突き上げがあったと考えて間違いない。自民党以上に自民党化した民主党を、連合が支持すること自体おかしな話であるからだ。


連合、民主支援基軸を転換へ

 民主党最大の支持団体、日本労働組合総連合会(連合)が、消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革関連法に反対した民主党離党者による新党「国民の生活が第一」(小沢一郎代表)の公認候補支援を容認する方針であることが13日、分かった。実際の支援は民主党候補者のいない選挙区に限定される見込みだが、推薦すれば、民主党支援を基軸としてきた連合の運動方針が大きく転換することになる。[記事詳細]

ただ、気に食わないのが、連合上層部は民主党の候補者のいない選挙区に限定しているという。しかし、連合がいくら民主党議員を推薦したからと言って、労働者もバカではない。連合の縛り程度で、自分の生活を犠牲にしたくはない。一度、連合が「国民の生活が第一」を容認した以上、雪崩を打って「生活」に投票するだろう。


この連合の方向転換は、以下の「生活」からの働きかけがあったからだろう。この記事は、「生活」のホームページに活動報告として紹介されている。

連合本部を訪問(2012.8.9)

8月9日、牧義夫幹事長代理、小宮山泰子組織団体委員長、松崎哲久副幹事長、横山北斗副幹事長、中村哲治副幹事長、大谷啓幹事長補佐の6名で、連合本部に訪問しました。8月1日に発表した「3つの緊急提言」をはじめ「国民の生活が第一」の政策を説明しました。
日本の雇用をいかに作っていくのかという観点から、活発な意見交換が為されました。 今後も引き続き、政策を通じての会議を重ねていきます。

この動きは当然小沢氏が水面下でお膳立てした結果であろう。もともと小沢氏と連合会長の古賀氏とは仲が良いと言われている。人脈もたくさん持っていると思われる。今回の方針転換で一番驚いたのが民主党であろう。いよいよ小沢氏の怖さをじわじわと感じていると思われる。「生活」のホームページには、まだ党員、サポーター、寄付等の受付はされていない。近々に行われると思われるが、まずは総選挙に向けて組織作りが急務である。

まあ、選挙の神様には、釈迦に説法であるが。


元記事リンク:http://31634308.at.webry.info/201208/article_14.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る



コメント
01. 2012年8月15日 00:11:20 : tyqK7wYo22
「かっちのナントカ」
「ハイヒール女のナントカ」
「まるこのナントカ」

ワンパターンで食傷気味なんですがコレ
もしかして本人がPV稼ぎのために宣伝してるんですか?

02. 2012年8月15日 02:17:28 : 1FQRd9JAZQ
>01. 2012年8月15日 00:11:20 : tyqK7wYo22
>「かっちのナントカ」
>「ハイヒール女のナントカ」
>「まるこのナントカ」
>↑
>ワンパターンで食傷気味なんですがコレ
>もしかして本人がPV稼ぎのために宣伝してるんですか?
上記のごとき、薄っぺらで見当はずれ、日本国家を憂える心も日本国民を心配する心も皆無、民主主義と正義に思いをいたす正直で純情な精神も生まれつき欠損、社会人としても日本人としてもまともな判断力を期待できない人間、こんな人物はきっと、日本国家と日本国民に何かしら悪さをし、その悪さによって生業を立てる生き方をしているにちがいないのである。

「かっちの言い分」「ハイヒール女の痛快日記」「まるこ姫の独り言」は、いずれも民主主義、正義、日本国家、日本国民を愛する精神を基本としつつ個性豊かな独自の視点と表現で日本政治の現状を把握、分析、批判する素晴らしいブログである。ブログの一つ一つが、鮮やかに切り取られた日本政治の一断面である。



03. 2012年8月15日 04:24:05 : MVKYzEbeBo
民主執行部連中のこれまでの裏切りやその手法を忘れてほしくない!
連合がなぜ、今頃???消費増税を通してからでは何もかも疑惑だらけよ。
いい加減にしろといいたい!

生活党の実際の支持率の高さを分かったからではないの?
また、民主党が総崩れになりそうな按配だから、生活党からの刺客を避けるために、彼らがいつも行ってきた、甘い言葉で誘いながら実際は相手を潰す手法ではないの?

民主が政権を継続するには、敗北であっても自公との大連立であれば可能。

自公や民主が過半数に届かないという予測が出たら、生活党ふくむ第三極を過半数にさせないことしかない。

センゴクあたりが、連合をつかって、生活党の脇の甘さを突っ込んできたのではないの!!!????????

もういい加減、裏切り組織の甘い言葉を信頼しないようにしよう。

純粋な理念を貫いた生活党に対する、国民の支持と信頼を信じなさい!!!!



04. JohnMung 2012年8月15日 07:52:51 : SfgJT2I6DyMEc : uTHPx9LphM
02>さん03>さん 同意! 拍手!
 「かっちの言い分」「ハイヒール女の痛快日記」及び「まるこ姫の独り言」については、時に違和感もあるが、02>さんご指摘のように、「いずれも民主主義、正義、日本国家、日本国民を愛する精神を基本としつつ個性豊かな独自の視点と表現で日本政治の現状を把握、分析、批判する素晴らしいブログである。ブログの一つ一つが、鮮やかに切り取られた日本政治の一断面である。」という評価に同意!
 また、彼(女)らは、ブログ等ネット上だけでなく、街頭行動などネット外でも活動しているようだ(「ハイヒール女の痛快日記」の東京ルミックスさんについては確認済み)。
 民主党擁護の奴らがたびたび01>のような書き込みをやってくる。その特徴は、「小沢氏が民主党を壊した。国民の生活が第一は弱小政党」「民主は欠点があっても自公よりもまだマシ」といった論調だ。看過すると、これまでの経緯をよく知らない方々は民主か自民かの相対論で判断せざるを得ないように誘導されかねない。
 それゆえ、民自公の談合3党(大政翼賛化の露払い→徴兵・徴用に駆り出される戦争への道)と同調する国民新党や立ち枯れ日本といった政党政派は選挙では大幅に半数割れにすべき、といった反撃をしておくことが枢要。




スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ