FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:植草一秀の『知られざる真実』

9.1集会が反消費増税・脱原発オリーブの木起点




野田佳彦氏に対する問責決議案が参院で可決された。野党は今後、参院での審議を拒否することになる。


問責決議に法的拘束力はないが、参院での法律案可決がなければ各種法案を成立させることができなくなる。


野田氏はもはや完全な「死に体」である。


赤字国債発行法案が可決されていない。


赤字国債を発行できなければ財政支出を実行できなくなるから、政権は法律を可決させるために、野党の主張を受け入れざるを得なくなる。


しかし、昨日付記事に記述したように、最高裁から違憲判決が出た一票の格差を是正しなければ選挙を行っても、その選挙結果が無効と判定される可能性が高い。


野田内閣は恐らく「近いうちに」、


「定数是正を実現しないと選挙が無効とされる可能性がある」


「選挙区割りを変更した場合、最低でも2~3か月の周知期間が必要である」


との話をし始めるはずである。



今後の展開であるが、赤字国債発行法案は必ず成立させる必要がある。


また、定数是正も実現しないと総選挙を行えない。


野党が審議拒否といっても、定数是正の法改正には応じざるを得ない。


赤字国債発行法案についても、これを可決成立させなければ政府機能がマヒしてしまうから、与党、野党の関係なく、最後はこれを成立させざるを得ない。


となると、参院で問責決議が可決され、今後野党が参院での審議に応じないということになっても、秋の臨時国会では赤字国債法案を成立させざるを得ない。


このときに、もう一度解散総選挙の日程論議が出る。


問責決議も成立させていることから、この二つの条件、すなわち、赤字国債発行法の成立、定数是正の成立に協力するが、その代わり、最速のタイミングでの解散、総選挙を確約することになる。


ここでミソになるのが定数是正の周知期間だ。


秋の臨時国会で定数是正を決めても、選挙ができるのは年明けということになる。


そこで、解散は来年の通常国会冒頭ということになり、その前に、補正予算と2013年度当初予算編成を民自公大政翼賛勢力で談合してゆくという話になる。


野田谷垣会談でここまでが談合されたというのが私の読みである。


したがって、与野党党首が対立しているんだか、テーブルの下で手を握っているのだか、分かりにくい政局は、すべて「芝居」、「やらせ」という可能性が極めて高いと思われる。



もちろん、シナリオを描いているのは財務省である。


国会審議も党内論議も、要所をすべて、財務省出身者が押さえている。


財務省からすれば「わが世の春」で、勝栄二郎氏は勝利の美酒に酔っているころかも知れないが、主権者国民を甘く見るなら、大間違いであると思われる。




本当の闘いはいよいよこれから始まることになる。


芝居で言えば、本題に入る前の「これまでのあらすじ」という部分が終わっただけにすぎない。


次の総選挙に向けて、スイシンジャーとミトメンジャーの本当の闘いがこれから幕を開ける。


私は、本ブログ、メルマガで、「反消費増税」、「脱原発」の二つの目標を掲げ、この旗の下に勢力を結集して、民自公大政翼賛スイシンジャーと全面対決するべきだと主張し続けてきた。


この考え方が、徐々に広く共有され始めてきたと思われる。


第一極、第二極、第三極、という分類が流行っているが、本質を見ることができないマスメディアが主張する分類とは、


第一極=民主
第二極=自公
第三極=その他


であるが、これでは政治の基本をまるで理解していないと言われて返す言葉もないだろう。


2009年の選挙で主権者国民は、米官業が支配する構造を打破する勢力に政権を委ねた。


この主張をいまも貫いている、民主党の本来の本流、つまり、正統な民主党の系譜を引いているのは、「国民の生活が第一」および、民主党にとどまり、なおゲリラ戦を展開する民主党正統に属する議員である。


また、他の小政党でも、米官業利権複合体による日本支配を打破して、主権者国民による政治を確立すべしと主張している政党が存在する。


これらの「主権者国民勢力」が第一極である。


これに対して第二極は、主権者国民が野党に転落させた、米官業利権複合体のための政治を追求する勢力である、民自公密室談合大政翼賛勢力だ。


これに、第三極が登場しているが、大阪維新も、石原新党も、主権者国民の強い支持を取り付ける力はない。


これらが大騒ぎされているのは、単にマスメディアが祭り上げているだけのことである。


このことが少しずつ国民に知られ始めている。


マスメディアが第三極をことさらに大騒ぎする理由は、主権者国民の投票が第一極の主権者国民勢力に集中して流れることを防ぐためである。



主権者国民勢力は、統一戦線を構築して、全国300選挙区に、統一戦線候補を一人ずつ擁立することに向けて、早急に対応するべきである。


第三極の勢力が、「反消費増税」、「脱原発」の旗の下に集結できるなら、共闘するべきだろう。


政治のおいてはプロセスも退治だが、同時に最終的な結果も大事だからだ。




「反消費増税」、「脱原発」の目標設定は、主権者国民の意識にも極めて近いことが世論調査でも明らかになっている。


現在の民主党は、選挙後は弱小政党のひとつにしかならない。


主権者公民による「落選運動」の威力を軽く見るべきではないと思われる。



この選挙戦に向けて、大きな火ぶたが落とされる。それが、9月1日の市民集会である。一人でも多くの市民の参加を心からお願い申し上げたい。


http://senkyoku.skr.jp/?page_id=13


「国民の生活が第一」を支援する市民大集会


9月1日(土)


開場:18時30分

開演:19時00分(21時30分終演予定)


基調講演:植草一秀氏

ゲスト講演:孫崎 享氏


*「国民の生活が第一」からの来賓も予定されています。


入場:無料 *カンパをお願いいたします。


会場:サンパール荒川

http://www.sunpearl-arakawa.com/


主催:「国民の生活が第一」を支援する市民の会

<お問い合わせ先>info@senkyoku.skr.jp


協賛団体 日本一新の会

小沢一郎議員を支援する会

市民が訴える!「大阪宣言」の会

市民連帯の会

ツイートTV


(交通)

東京メトロ・日比谷線三ノ輪駅下車 南千住方面改札を出て明治通りを王子方面へ徒歩12分(荒川警察署向い)


都電荒川線]・東京メトロ千代田線町屋駅より都電荒川線乗換。三ノ輪橋方面→荒川区役所前下車徒歩2分


*「国民の生活が第一」を支援する市民が大集合し、選挙に向けて地元でできることを市民一人ひとりが実行していこうという集会です。詳細が決まり次第逐次ご報告していきます。


集会連絡先:info@senkyoku.skr.jp




スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ