FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

鳥居祐一

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:植草一秀の『知られざる真実』


日本の静かなる民衆を根底から変質させた3.11




この国の政治構造を変革できる力を持つのは主権者である国民だ。



しかし、これまで、主権者である国民は、日本の既得権益に支配され続けてきた。



日本の既得権益とは米国、官僚、大資本、そしてその手先である利権政治屋と御用メディアである。



この五者が「悪の五角形」=「悪徳ペンタゴン」を構築して、日本の主権者国民を支配し続けてきた。



その中心に位置するのは米国である。



日本は戦争に負けた。



米国は戦勝国である。



この戦勝国米国が日本を支配し、戦争終結から67年の時間が経過したいまも、日本領土を基地として占領し続けている。



中国や韓国に対して領土問題を声高に訴える対米隷属の政治屋は、米国に対しては何ひとつ主張を示さない。ただひたすら、米国にひれ伏すのみである。



日本は実質的に米国の植民地と化している。



この日本で奇跡が起こった。2009年に政権交代が実現したのだ。米国・官僚・大資本による日本支配維持を目指す既得権益政治勢力を向こうに回し、主権者国民勢力がついに政権を奪取したのだ。



その牽引役を務めたのが小沢一郎氏と鳩山由紀夫氏である。



米国にひれ伏すのではなく、米国に堂々とものを言う政治を始めた。



鳩山由紀夫首相は東アジア共同体構想を示した。米国は宗主国米国を差し置いて、日本が東アジア共同体創設に進む意向を有することを知り激怒した。



同時に鳩山氏は沖縄の米軍普天間飛行場の移設先を沖縄県名護市から県外、ないし国外に変更する方針を示した。



支配下にあるはずの日本が、米国の命令に従わない行動を示したことで。やはり米国は激怒した。



鳩山首相はこの意味で虎の尾を二度踏んだと指摘される。



その結果として、鳩山政権はつぶされた。



鳩山内閣が総辞職した間隙を縫って、民主党内に潜伏していた米官業利権複合体派が動き、政権を強奪した。2010年6月政変である。



そして菅直人クーデター政権が樹立された。



後継の野田佳彦政権も完全なる対米隷属政権である。



この政権の転覆に対して、主権者国民が次の総選挙でどう行動するのかが焦点だ。



この主権者国民の誘導に全精力を注いでいるのがいまのマスメディア=御用メディア=マスゴミである。



対米隷属勢力が乗っ取った民主党内には、米官業利権複合体派と主権者国民派が同居していた。そして、主権者国民勢力派議員の多数が8月に民主党を離党した。



本来の正統派民主党議員が民主党を離党して「国民の生活が第一」を創設した。民主党内に潜んでいた悪徳ペンタゴン派議員、悪徳ペンタゴン派議員が民主党を乗っ取った。



この変節民主党と自民党、公明党は同じ穴のムジナである。米官業トライアングル勢力の政党である。



さらに、米官業トライアングル派は新たに日本維新という政治勢力を創作した。



橋下徹という低級の政治屋が率いる政治勢力で、関連者として登場する人物に優れた人材はひとりもいない。



本来はメディアが騒ぐような代物でない。



ところが、日本政治の実権を維持したい悪徳ペンタゴンは、日本維新を強烈に宣伝している。このため、日本維新支持者が人為的に創作された。



だが、化けの皮が剥げ落ちるのは早い。すでに日本維新を積極支持する主権者国民は激減している。



それでも、日本のマスメディアは、日本の政治勢力として民自公プラス日本維新しか報道しなくなった。



この偏向報道を次の総選挙、参院選まで維持して、主権者国民勢力のせん滅を図る考えらしい。



この策略が成功するかどうか。カギを握るのは主権者国民の今後の行動だ。



米官業トライアングル勢力は、日本の国民など、どうにでも動かせると判断している。メディアを総動員して民意の流れを誘導すれば、民意などいかようにもコントロールできると彼らは考えている。



ところが、そこまで日本の主権者国民は馬鹿でない。



米官業利権複合体の目論見は、封じ込められるのではないか。



日本の主権者国民は2011年3月11日を境に覚醒されたと思われる。



3.11の地震と津波は、東電福島第一原発を破壊した。重大事故が発生しているにも関わらず、原子炉に海水を入れることを躊躇した東電は、福島第一原発で取り返しのつかない重大事故を引き起こした。



このとき政府は主権者国民に何をしたか。



これが、ターニングポイントだ。



政府の許されざる行動が二つあった。


スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ