FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:杉並からの情報発信です


①今朝9時から放送された「NHK日曜討論・どうなる3党首会談 政治のゆくえ
は?」がまたしてもNHKが「自民・公明政権復帰」に向けて露骨な 「世論誘
導」をした!

NHK解説委員島田敏男氏が司会をする「NHK日曜討論」は偏向番組として悪
評が高いが今朝の番組は特にひどかった。島田解説委員は10月9日の 夜7時
のNHKニュースで放送した「政党支持率」に関する「NHK世論調査」の結果
を持ち出して「自民党支持率が26.2%でトップとなり次期総 選挙で自民・
公明が政権復帰するのは確実」との「嘘の情報」を根拠に露骨に「世論誘導」し
たのです。

この番組の目的は、総選挙をできるだけ引き延ばしたい輿石民主党幹事長にたい
して「我々の勝利は確実なのだから早く総選挙を実施しろ」と主張する 石破自
民党幹事長と井上公明党の幹事長に「公共放送NHK」が後押しをすることだっ
たのです。

10月9日放送の「NHK世論調査」は他の「大手マスコミ」の「世論調査」と
まったく同じで、有権者1億人の10万分の1に当たる「1000人の 意見」を
あたかも「一億人の世論」のように報道して、権力側が望む「世論」に国民を誘
導しているのです。「国民の生活が第一」の支持率はたったの 0.8%しかあ
りませんでした。

たとえば「世論調査」の調査スタッフが「国民の生活が第一」に関して次のよう
な質問をしたら支持率は最低ななるでしょう。

質問:あなたは刑事事件で起訴され刑事被告になっている小沢一郎氏が代表の
「国民の生活が第一」を支持しますか?

賢明な国民は露骨な「世論誘導」を繰り返すNHKを「受信料支払い拒否」で一
度解体するしかないでしょう。NHKは一度解体して調査報道中心の 「新しい
NHK」を設立するしかないでしょう。

②同じNHKで今朝8時から放送された「さき取り わが町”デザイン”計画」は
秀逸な番組だ。「\100の地域循環券」が「国家通貨・円」と完全 に分離されて
「地域の埋もれた財産」の生産と流通に役立っていることがよくわかった。
NHKの番組は完全に二極化している。日曜討論やニュースや 政治番組が極端
に偏向している一方、NHKスペシャル、ETV特集、クローズアップ現代、プ
ロフェッショナルなどの調査報道番組が格段に優れてい るのが今のNHK.

③「平和賞の品位汚した」EU受賞に欧州各国からの批判について

EU創立の理念の理解不足と現在進行しているEUの財政・金融危機の「真の原
因」の理解が欠けているからこのような批判が出てくるのだろう。

■「ユーロ危機」を仕掛けたのは「ゴールドマンサックス」!
2011-11-27

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/1529b676171c0b42141fee973e4bcbe5

(2)「今日のお知らせ」:

① 明日月曜日(10月15日)午後5時より小沢一郎代表記者会見に参加し中
継します。
「国民の生活が第一」の小沢代表、東幹事長の定例記者会見は2週間に一度月曜
日午後5時より赤坂の党本部2階で開催されています。登録すれば原則 参加フ
リーですので前回よりCNM(市民ネットメデイア)グループの【YYNews】記者
として参加し質問しました。前回は電波の状態が悪くネッ ト中継はできません
でしたが今回もトライしてみます。万一中継ができませんでしたら同じCNMグ
ループの【日々坦々ライブ】でご覧ください。

②【YYNewsLiveインタビュー&トーク】ネット中継:10月19日(金)午後3時ー5時。
 場所:ルノアール新宿区役所横店2回1号室。インタビューの相手は昨年9月
東京地  検特捜部が摘発した「粉飾詐欺事件」で逮捕・起訴され有罪実刑判決
が確定して近く  下獄する元銀行員の企業コンサルタント佐藤真言氏に直撃イ
ンタビューします。佐藤  真言氏の苦闘は石塚健司著「400万企業 が哭 
いている検察が会社を踏みつぶし  た日」に詳しく書かれています。

*会場での「インタビュー&トーク」に参加できます。参加希望者は事前にメー
ル(  yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp)でご連絡 ください。
参加費はドリンクと場所代で約@\1000です。

③【講演会と会議】【日米同盟の知られざる虚像と実像ーオスプレイ導入と基地
特権ー】  新原昭治(にいはらしょうじ)氏。10月20日(土)午後1時
30分ー5時。自治労  会館6号会議室東京都千代田区六番町
103-3263-3739。主催「伊達判決を生かす会」

http://datehanketsu.com/syoukai.html

④【討論会】10.21討論会「変えよう日本!3.11と政権交代・日本の根
本問題とは何かその1」発言者:「福島から」椎名千恵子氏。問題 提起
「日本の根本問題とは  何かー日米安保と東アジアの中の沖縄」新崎盛暉(あ
らさき もりてる)氏。10月21日{日)午後6時。文京区民センター2F2A。
参加費\800

(3)「今日のテーマ」:

「ネットメデイアと主権在民を考える会」
2011年1月に仲間と共に立ち上げた市民組織「ネットメデイアと主権在民を
考える会」のご紹介です。

(4)「今日のブログ記事」:

■次期総選挙の最大のテーマは①「日本の米国からの独立」②「放射能被ばくに曝
されている福島県民100万人の集団移住」③「福島第一原発大事故 の「完全封
じ込め」」ではないのか?

(5)「過去のブログ記事紹介」:

■ マルクス主義、共産主義、共産党は国民を幸せにしたのか?
2010-04-30

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/91398100e148babc5ffdda16fd8909e5

【記事のポイント】

マルクス主義やレーニン主義を掲げる「新左翼」各党派や「日本共産党」は反論
せず一切無視すると思いますが、次の様な指摘に彼らはどのように答え るので
しょうか?

1.共産主義はユダヤ人富豪ロスチャイルドが改宗ユダヤ人マルクス・ユダヤ人
エンゲルスを援助して捏造させ隠れユダヤ人レーニンとユダヤ人トロツ キーに
実行させた「ユダヤ寡頭独占支配の手段」にすぎない。

確かにマルクスの「資本論」は資本主義の持つ非人間性を「資本」が持つ矛盾の
自己展開で解明した素晴らしい研究成果だと思いますが、その中に「金 融論」
が完全に抜け落ちているのは偶然なのでしょうか?

ユダヤの金融資本家であるロスチャイルドがマルクス・エンゲルスを具体的にど
のように援助したかは分かりませんが、マルクスが唱える「共産主義革 命」が
当時のロシア帝国やイギリス、ドイツ、フランスなどの帝国主義列強の「独占支
配」を脅かして「ユダヤ寡頭独占支配」に向かって有利に展開し たことは確か
です。

「ロシア革命」のためにロスチャイルドと日本がレーニンを、ロックフェラーが
トロツキーを資金援助していたことは事実なのです。

2.古今東西共産主義のお陰で幸福になった人類は一人もいないが不幸になるか
殺された人類ならいくらでもいる。

確かに旧ソ連時代スターリンによる政敵粛清・強制移住・ユダヤ人弾圧で数千万
人が犠牲となっています。中国では毛沢東による「文化大革命」で「反 革命」
のレッテルをはられた政敵や知識人・都市中間層など数千万人が犠牲になってい
ます。北朝鮮の金正日独裁体制では国民の自由が完全に奪われ、 「反革命分
子」20万人?以上が「政治犯」として強制収容所に入れられ殺されています。
国民経済の破たんで数百万人の餓死者を出しています。

その国の政治・経済体制を判断する場合の一番のポイントは、その国の大多数の
国民が幸せな生活満足した生活を送っているか否かだと思います。

その観点からすると国民が相対的に幸せな生活を送っている国は、「共産主義」
の中国や北朝鮮ではなく、「市場原理主義」の米国や日本でもなく、 「経済成
長」と「社会福祉」のバランスを重視する北欧型の「社会民主主義」の国だろう
と私は思います。

3.日本共産党は自民党の別働隊にすぎない。

確かに志位委員長率いる「日本共産党」は民主党が政権交代する前から「民主党
は自民党と同じ」と自民党よりも民主党への攻撃をより激しくしていま した。
検察による小沢幹事長に対する「国策捜査」に関して一言も検察批判をせず、小
沢幹事長や鳩山民主党の足をひっぱているのを見ると、「日本共 産党は自民党
の別働隊」の指摘は正しいと思います。
7月参議院選挙に向けて「反自民・反民主」の無党派層票を取り込むために、渡
辺代表の「みんなの党」、平沼代表の「たちあがれ日本」、山田宏代表 の「日
本創新党」、舛添代表の「新党改革」が「自民党別働隊」として登場しました。
「日本共産党」も彼らと同じ隊列にいる考えれば全ての動きの説 明がつきます。




スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ