FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

鳥居祐一

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅より


往生際が悪い野田佳彦首相はじめ民主党衆院議員244人は、即刻、衆院議員をお辞めなさい (板垣 英憲) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo137/msg/571.html
投稿者 笑坊 日時 2012 年 10 月 23 日 09:40:49: EaaOcpw/cGfrA


http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/4733ec211223aa637ee4565bd02cc461
2012年10月23日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆それにしても、ひどすぎる。野田佳彦首相はじめ民主党衆院議員244人は、国政を停滞させたままだ。何と、これを野党自民党と公明党に責任転嫁して憚らない。国政を前に進める第1の責任は、与党にある。国会を召集する実質的権限が内閣にあるからである。

天皇陛下の国事行為の1つである憲法第7条3項「国会を召集すること」は、「内閣の助言と承認により」行われる。

野党は、逆立ちをしても国会を召集する実質的権限を行使することはできない。だから、いかなる理由があろうとも、国政の遅滞を野党に転嫁転することはできない。従って、この責任を果たせないのであれば、与党である資格はない。即刻、政権を返上して、責任を果たせる政治集団に委ねるのが、筋である。

◆野田佳彦首相はじめ民主党政権は、何かにつけて、野党自民党、公明党ばかりでなく、他者に責任転嫁したがる。

《1》野党自民党、公明党が「衆院解散・総選挙」という条件を付けるから臨時国会召集はできない。自民党、公明党が参院で「野田佳彦首相問責決議案」に賛成したので、「近く解散する」との約束は、破棄すると言って、責任転嫁。(やっと10月29日召集を決めたが、11月3日までの短期間で閉じる)

《2》復興予算が復旧復興以外に支出されているのは、「野党自民党、公明党のせいだ」と責任転嫁。

《3》特例公債法案が成立せず、予算執行できなくなり、国民生活に支障が生じても、それは、自民党、公明党の責任だと転嫁。(安住淳幹事長代行)

《4》10月支給の政党助成金は、受け取り延期する。これも、自民党、公明党の責任だと転嫁。(安住淳幹事長代行)

《5》経済・景気が一向に回復しないのは、「自民党の経済・景気政策の失敗が原因だ」と責任転嫁。

《6》中国が反日姿勢を強めているのは、「東京都の石原慎太郎知事が、尖閣諸島を東京都が買うと言ったからだ」と責任転嫁。(胡錦濤国家主席は、ウラジオストックで開かれたAPECで、野田佳彦首相に「尖閣諸島を国有化しないように」と釘を刺したのに、2日後の9月11日に国有化を閣議決定して、直ぐに手続きした。胡錦濤国家主席は、「メンツを潰された」と激怒した)

《7》韓国の李明博大統領が竹島に上陸したのは、野田佳彦首相が2011年12月に京都で首脳会談した際に、「従軍慰安婦問題」を持ち出されて、「知恵を出したい」と解決を約束していたのに、いつまで経って回答しないのが原因だった。しかし、野田佳彦首相は、約束事の責任を果たさず、「竹島は日本固有の領土」と言い張るのみで、責任転嫁している。

《8》自民党が、衆院の議員定数の「0増5減」是正法案をかなり前から国会に提案しているにもかかわらず、奇妙な「連用制」なるものを逆提案して、問題をこじらせておきながら、自民党に責任転嫁し続けている。

◆野田佳彦首相はじめ民主党政権は、丸で「妖怪変化」だ。都合が悪くなると、直ぐに別の姿に化けて、国民有権者を惑わそうと懸命である。

《1》マニフェストに違反して消費税増税法を強行成立させ、国民有権者から「嘘つき」の烙印を押されて、完全に「信」を失っているのに、細野豪志政調会長らは、新しいマニフェストづくりに専念しており、厚化粧して再登場して、国民有権者を幻惑しようとしている。

《2》大飯原発再稼働、大間原発建設など「原発推進」を積極的に行っているのに、「脱原発」を掲げて、国民有権者を騙そうとしている。

《3》民主党、自民党、公明党3党合意で、どう見ても、事実上「最低保障年金制度創設」、「後期高齢者医療制度存続」の中止が決まっているにもかかわらず、依然として「旗は降ろしていない」と国民有権者を誤魔化そうとしている。

◆これが、野田佳彦首相はじめ民主党政権の偽らざる「正体」である。座して死を待つのに等しい野田佳彦首相はじめ民主党政権は、いままさに、「蟻地獄」のなかにいる。もがけばもがくほど、ズリ落ちていく。それも、「集団自殺」は、免れない。そのなかで、国会議員に費やされる歳費(税金)や国会運営費用が、無駄に消えていくのである。これを許している国民有権者も、悪い。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る



コメント
01. 2012年10月23日 10:03:26 : DNic42auk6
田中法相が辞表提出
10月23日 9時34分暴力団関係者との交際が指摘されるなどしていた田中法務大臣は23日午前、秘書官を通じて野田総理大臣宛てに辞表を提出しました。
田中法務大臣は、過去に暴力団関係者の結婚式で仲人を務めたり、暴力団関係者の宴会に出席していたりしたことが指摘されたほか、みずからが代表を務める民主党の支部が、政治資金規正法で禁止されている外国人が経営する会社からの献金を受けていたことが明らかになりました。
そして先週、出席を求められていた国会での審議を公務を理由に欠席したあと、翌日に胸の痛みや不整脈などが見られるとして、精密検査を行うために東京都内の病院に入院し、政府・民主党内でも、田中大臣の辞任は避けられないという見方が大勢となっていました。
こうした状況を受けて、田中大臣は、22日、病院を退院したあと、藤村官房長官に辞任の意向を伝え、23日午前9時すぎ、田中大臣の秘書官が総理大臣官邸を訪れ、藤村官房長官に対し、野田総理大臣宛てに辞表を提出しました。
内閣改造から僅か3週間で閣僚が辞任することに、自民党など野党側は、野田総理大臣の任命責任を追及することにしていて、支持率が低迷する野田政権にとっては、さらなる打撃となるものとみられます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121023/t10015940651000.html


02. 2012年10月23日 10:05:13 : Op2sM8LHZQ
 日米安保闘争の時代、「衆愚政治」という言葉を学んだが、真さに現在目の前に展開している民主党政権は、この「衆愚政治=暗愚政治」そのもの。
 一番腹立たしいのは、政治家としてのポリシーが皆無の民主党国会議員244人が、「自己保身と選挙資金目当て」で、日本壊滅に向かって「暗愚政治」に邁進する反日・野田内閣を支持している事。
この反日・野田内閣を支持する244人の民主党議員は「国賊」そのもの。次回の選挙で全員落選させるしかない。


03. 2012年10月23日 11:06:24 : n8usGiH2gg
 まだ民主党衆議院議員が244名もいるのか。
これ程までに醜態を晒していながら、308名の当選から8割近くが残っているとは、今の日本の政治家の質を見せられた思いである。
これでは、小沢一郎氏の剛腕も力を発揮しにくかったであろう。しかし急がば回れである。新党を突破口としてあらためて、あるべき国づくりの基礎を築いてほしいと願うものである。

04. 2012年10月23日 11:41:50 : 4o8DA0oQSY
> これを許している国民有権者も、悪い。
国民有権者は大手マスコミの記事、報道を通して判断する。
野田をまっとうに批判しないで、よいしょしてきたNHKほか
記者クラブメディアの罪は重い。
公約違反で、しかもデフレ下、不況下で消費税増税を
権益者のための「決める政治」というフレーズで煽った。

先ず政治がやるべき大震災復興も、原発事故処理も
後回しになり、税金が食いものにされている。


05. 2012年10月23日 12:44:17 : nTbsLIH69w
野田を選挙で落とそう!

06. 2012年10月23日 14:00:38 : 9xJ9xhXNPQ
ぐずの野田を代表に選び、解散権を与えた民主党国会議員、党員、サポーターの責任は重い。川内博、辻恵、階その他民主党に止まった議員は『今すぐ離党』して「野田内閣不信任案可決」の条件を作れ。
泥舟に何時までもかじり付いている他の民主党議員の「離党の引き金」にならなくてどうする。

07. 2012年10月23日 15:33:04 : 4JyL96BlYA
無能の効用というのもある。
グダグダ・ヘロヘロの内閣だが時期的には中・韓・米は世代交代や選挙の最中である。
コレに符合させて様子を見ているのか?ワザとならナカナカたいしたものだが
逆に中・韓・米の趨勢が決定して落ち着かないと決められないのが実際だろうな。
自分の頭で決めて行動することが出来ない政治家なぞ必要ない。




スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ