FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

鳥居祐一

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:オルタナティブ通信


シンドラー社のエレベーター暴走で、女性が死亡した本当の理由


国民健康保険料の「運用団体」が、

神奈川県小田原の山中深くに、健康保険料を使い高級ホテルのような保養施設を建設し、

健康診断の設備を完備し、医師を常駐させていたが、

山中深くなのでサラリーマンは日常的に使う事ができず、利用者は1日に2・3人であった。

利用者2・3人のために医師2・3人、検査技師、フロント担当者、清掃・設備担当者等、合計数十名が毎日待機し、

公務員としての給与を得ていた。

「健康保険料を使い、国民の健康維持のための施設を建設しました」と文書で上司に報告していた霞ヶ関・厚労省の役人の、

これが「仕事を、やっているフリをしているだけの、実体の無い虚業の業務」であった。

「ips 細胞の人体移植に成功しました」と文書で厚労省に報告し研究助成金を得ていた「森口尚史」なる人物の、

「仕事を、やっているフリをしているだけの、実体の無い虚業の業務」と、

問題となった健康保険組合の実態は、「同一」である。

毎年、3月になると、日本全国で水道管工事が始まる。

予算を全て使い切らないと、「予算が余っているなら来年度は予算を削る」と役人が裁量で使える「自由な資金」が減少する結果となる。

予算が多いほど、水道工事業者へ仕事を発注し、「謝礼・付け届け、天下り先」が手に入る。

予算が減少すると、役人としての「甘い汁」が減少する。

そのため年度末の3月には予算を全て使い切るための水道工事が連発される。

本当は、道路を掘り、再び穴を埋めているだけであり、水道管工事は行っていない。穴を掘り、穴を埋めるだけである。

業者は、それで工事代金が手に入るので「仕事を、やっているフリをしている」。

毎年3月になると日本全国で行われている「役所の慣例行事=道路の掘り返し」と、健康保険組合の保養施設は、「森口尚史」問題と同一である。

本当は、日本国家全体が「森口尚史」である。

シンドラー社のエレベーターは、過去、繰り返し事故を起こしている。

エレベーターの暴走を避けるため、霞ヶ関は「ブレーキを2重にするよう」規制を強化していた。

「今後、新設するエレベーター」に関してだけである。

「過去、設置された全てに2重ブレーキを強制する事はシンドラー社に過度の経済的負担を与える、天下り先の企業に、そのような負担を負わせる事はできない」。

過去設置されたエレベーターは、これでブレーキが1つで良い事になった。そして女性が暴走エレベーターにハサマレ、死亡した。

「仕事を、やっているフリをしている」だけの霞ヶ関の、手抜きによる殺人=不作為殺人である。

霞ヶ関の、「仕事を、やっているフリをしているだけの、実体の無い虚業の業務」の数々。



スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ