FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:真相の深層

【真っ白】3057 不正選挙請負疑惑会社「ムサシ」は投票用紙や投票機器からスタッフ派遣に至るまですべて独占状態 チクリ虫‏














アクション


















慹畳番礠浡湡扯� (yy0624@ae.auone-net.jp)

クリーンアップのスケジュール設定

2013/01/07





グループ


宛先: OzawaMasshiro@googlegroups.com

CC: e.mail@okamoto-eiko.com














































不正選挙疑惑の解明と防止策の策定が喫緊の国民的課題

今後選挙応援の休止を検討しています。例え小沢さん、及び小沢さん系の候補者であっても参院選では、一切の支援、ボランティア活動を行わない積りです。
今まで、自分なりに必死に出来ることをやってきました。選挙の応援活動は勿論のこと、過去3年間各地で有志により企画、実行された「小沢一郎支援デモ」では大阪御堂筋、新潟デモ、東京、神奈川、千葉各地のデモに都合を付けて参加してきました。

何故、選挙の応援、支援活動を一切休止するのか、
12月の衆院選での「日本未来の党」の大敗結果に落胆したからではなく、過去数十年、自立と共生、脱官僚という基本理念を愚直に護られている小沢さんを応援する気持ちが萎えたからでもありません。

皆様、3年前の民主党代表選挙で小沢さんが菅に敗れた番狂わせが記憶に新しくはないでしょうか。そしてその敗因は不正投開票にあると、殆どの党員、サポーターが事後に見抜いたことをお忘れではないでしょう。
それとも真っ白の真面目なM/Lメンバーは、当時の党執行部がそのような卑劣な違法行為をするわけがない、公明正大な手段で代表選挙が執行されたとの認識をお持ちなのでしょうか。

現代は何事も疑ってかからねば自分を守ることすら困難な時代であることは先の小沢さん強制起訴のケースを見るまでもありません。白を黒に、無罪を有罪に、虚偽の報告書を検察審査会に堂々と提出した検察一家はおろか裁判所ですら具体的な証拠に寄らず推認で有罪判決を下し、その判決がまかり通るのが現在の司法の実態ではないでしょうか。
問題噴出の検察審査会の実質的な監督機関たる最高裁すら恣意による判定に与する可能性を捨てきれぬ状況を目の当たりにしていることは疑いようのない事実ではないでしょうか。

自分が、選挙活動から一切手を引く理由、それは
選挙の投開票が不正工作により、正しい民意が消去されて時の権力が自己保身に都合の良い結果を容易に作り出せるからです。勿論残念ながら状況証拠の積み上げによる想定ではあります。
しかしその想定が不幸にして的を得ていたら、投開票不正が野放しにされ、同じシステムで参院選挙が実施されれば、今回味を占めた勢力は、参院勢力のねじれ解消を容易に達成することになる筈です。
投票率をコントロールし、コンピューターで得票を操作すれば簡単に彼らの目的は成就する筈です。そして真の国民の味方たる民主勢力は奈落の底に落とされ、2度と国民主権の政治は望めなくなる、政治暗黒時代に、戦前の翼賛政治に逆行を許すことになるでしょう。

支持政党や、支持する候補者の応援活動は、その政党が、真の改革を目指せば目指すほど、既得権勢力、米国追随政党、官僚組織及びマスコミから、猛烈な攻撃に晒されるはずです。これは主にマスコミを前面に立てた援護射撃で、実際の選挙に於いては有権者の意思は塵埃のごとく棄却されるのです。今回勝利した側は参院選ではねじれ状態の解消を参院選の最大課題とし、自公、維新の大勝利を事前に仕組むことになるだろうからです。(固より不正工作が存在せねば、幸いの極みですが)

衆院選と同一の選挙態勢、つまり総務省の号令一下、全国の自治体の選挙管理委員会がすべての投開票業務を管理、実施し、コンピューターの操作、その保守点検を「ムサシ」が実質下請けとなる従来自民党時代から継続してきたガチガチの体制が次回も参院選投開票を仕切ることになると容易に予想されます。

衆院選の結果には、状況証拠が殆どながら、不正を疑える事例が、多々指摘、投稿されています。
阿修羅の掲示板上だけでも呆れるほどの事例が紹介されています。

真っ白の皆様は、これら投稿や、コメントを意に介されないのでしょうか? 皆様を「能天気集団」と思いたくはありません。
もしそうであれば、不正を大規模に仕掛けた側は、してやったりと「どす黒い笑み」を仲間内で交わしているに違いありません。そして今後も懲りもせず繰り返すに違いありません。
彼らは我々有権者の意思を完全に葬り去り、国民の意思と真逆な方向に国の未来の行き先を一方的に捻じ曲げた可能性が大なのです。

各政党の得票は、果たして正確にカウントされるのでしょうか、総務省一家が発表する各党の得票結果を100%信頼できるのでしょうか?、独占状態の「ムサシ」のコンピューター・ソフトには疑問の余地がないのでしょうか、検察審査会のメンバー選定に使用されたコンピューターに疑惑が証明された先例もあったばかりではないでしょうか。

是非以下の阿修羅投稿と、コメントをご覧ください。出来れば他の不正関連の投稿も一読の価値があると思いますのでご参照願います。
安達太良山

http://www.asyura2.com/12/senkyo141/msg/683.html



スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ