FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅より

人の命まで弄ぶ司法の無責任体制と政治との黒い癒着関係、 (いかりや爆氏の毒独日記)
http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/245.html
投稿者 運否天賦 日時 2013 年 3 月 15 日 21:54:33: cfG/B1oSgAPhQ


http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/ad622c2bdd2e647758f501e0956aea3f


 冤罪を起しても何らの責任も問われない裁判官、無責任体制に守られている。彼らは無責任天国に胡坐をかいているのである。

 恐ろしいことに、裁判官は、人の生殺与奪の権利を握っているのだ。事件によっては、「死刑」の判決を下すからである。

例えば、「飯塚事件」(福岡県飯塚市で1992年、7歳の女児2人が殺害された事件)について、

被告人は一貫して無実を訴えながら、認められず死刑判決を受けた。判決後僅か2年で、当時の法務大臣である森英介によって死刑執行の命令が出され、死刑が執行(2008年10月28日)された。

 当時、足利事件(犯人とされた菅谷さんは冤罪で釈放された)でDNA再鑑定が行われる見通しであることが広く報道されたその一週間後の死刑執行であった。

 普通、死刑確定から死刑執行まで平均7年半程度と言われている。本件については、疑念を抱いていた鳥越俊太郎氏がメイン・キャスターをしていたテレビ朝日の番組「ザ・スクープ」(2009年8月9日放送)で、報じられたのでご記憶の方もあると思う。

 問題がありながら、「何故死刑執行を急いだのか」がわからないのである。

 検察や裁判官たちは、無責任体制に胡坐をかいているだけではない。時と場合によっては、自らの犯罪を隠蔽するために、死刑執行を急いだのではないかという疑念さえ湧いてくるのである。

 筆者の邪推だが、飯塚事件は「杜撰な警察の捜査と検察の取調べ」に寄り添った判決を下した。日本の場合、起訴されれば、99%が有罪になるというが、「警察、検察、裁判所のもちつもたれつの癒着構造と体質」がもたらした公権力の犯罪行為と言うしかない。それでも彼らの責任は問われない。もうムチャクチャなのである。

 何故死刑執行を急いだのか?
 自分たちの「不都合な真実を隠蔽するため」に、さっさと死刑を執行して、事件を過ぎ去った「過去のものにしたかった」のではないか、そう考えるしか理由がみつからないのである。

蛇足だが、

飯塚事件の元被告人を死刑執行に処した内閣は、事件が起きた飯塚を主要な選挙地盤とする麻生太郎内閣、その時の法務大臣は自民党の森英介氏であった。

 そして、その森英介氏は、
平野貞夫元参議院議員によれば、麻生内閣の森英介氏が法相在任中、一連の小沢裁判事件の発端となった”「西松建設事件の指揮権を発動した」と発言していたことをある財界人から聞いた”と発言したことが、当時(3年前)、ネット上で大騒ぎになった。その後、森氏側から、「平野氏を名誉毀損で訴える」こともしないので指揮権発動は平野氏の誤認ではないのだろう。

だとすれば、政治と司法も又、お互いに持ちつ持たれつの歪んだ黒い関係は、人の命まで弄ぶのである、特に自民党は・・・・ということになる。

飯塚事件のその後、

2012/10/26、日本経済新聞、
被害者から「第三者のDNA」 飯塚事件、元死刑囚と不一致
弁護団は25日、被害者から採取した犯人とされるDNA型を撮影したネガフィルムを分析した結果、「久間元死刑囚とは一致しない、第三者のDNA型がみつかった」と発表した。

2012/12/4 、日本経済新聞
検察、「別人DNA」に反論へ 飯塚事件再審請求で協議・・・。

何故筆者が長々と「飯塚事件」を取り上げたか?小沢事件も、「火のないところに、検察、最高裁(事務総局)は、火種を捏造して煙を立てた」、そして日本の政治を歪め、国民生活を犠牲にし、この国を売り飛ばそうとする政治家まで現れたからである。
04. 2013年3月17日 15:08:57 : S2ksoSFczA

飯塚事件は冤罪である。無実の人間が逮捕され、でたらめな裁判にかけられ、死刑を執行されてしまった。死刑執行を急いだ理由は、足利事件と同様に冤罪であることが明らかになってしまうからである。官僚機構、中でも司法行政組織は腐敗の極みである。人権を無視した非人道的な扱い、証拠の隠ぺいと改ざん、自白の強要など。このような事件こそ市民が参加し、審議すべき案件である。そして、このような権力による恐怖政治を一掃するためには、冤罪を生みだした関係者(警察・検察・裁判官、等々)の責任を追及し厳罰に処すべきであり、法改正が必要である。
小沢一郎をターゲットとし、10億円ともいわれる国民の税金を使って有権者の代表に冤罪を仕掛けてきた。3人の元秘書は今なお冤罪の中にある。この責任はだれも取っていない。
>既に死刑執行された「飯塚事件」の久間三千年さんは無実である可能性が高まった
・・・龍谷大法科大学院の石塚伸一教授(刑事法)は「再鑑定できるシステムを整備しなければ、科学鑑定とは言えない」と指摘する。日本では二年前にようやく「再鑑定に備え、DNA型鑑定に使った証拠の一部を冷凍保存せよ」と警視庁が指示した。法的義務はない。

海外はどうか。例えば米国では、もともと「再現できない鑑定には証拠能力を認めない」という裁判所の慣行があった。ロースクール(法律家養成専門学校)などの学生や教授が無償で事件の調査や弁護をする冤罪救済活動「イノセンス(無実)・プロジェクト」が92年から開始。00年以降はDNA鑑定で有罪が覆るケースが続き、約三百人の無実が証明された。04年には、捜査機関から物証提供を受けてDNA鑑定を求める受刑者の権利が連邦法に明記された。複数の州で、事件と関係のある「生物学的物質」を保存するよう法で義務づけているという。

日本で主に事件の科学鑑定を実施するのは、警察庁の付属機関である科警研と、各都道府県警に設置されている科学捜査研究所(科捜研)。石塚教授は「科学者と言うより捜査機関の一員で、警察に不利なデータは出さない可能性もある。第三者機関を設立して鑑定をすべきだ」と話した。

戦後、死刑確定後に再審無罪となったのは免田事件など4件だけ。最近続く再審無罪事件は有期刑や無期懲役のケースばかりだ。飯塚事件が冤罪だったとしたら、死刑制度の存否にもかかわる取り返しのつかない問題となる。執行直前の08年9月、弁護士らが面会した久間元死刑囚は、「いよいよ無実が証明できる」と再審に向けて意気軒昂だったという。>
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-1069.html
>逮捕されただけで、身体検査を受けますか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218913307
>名簿公開:「あくのそうくつどうそうかいめいぼ」を検索
>写真公開:小沢一郎氏の冤罪事件・クーデター部隊
http://kazenomitikusa.wordpress.com/2012/06/09/%E3%80%90%E6%9C%80%E6%96%B0%E7%89%88%E3%80%91-%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E4%B8%80%E9%83%8E%E6%B0%8F%E3%81%AE%E5%86%A4%E7%BD%AA%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%BF%E3%83%BC%E9%83%A8/




スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ