FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

鳥居祐一

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅より


小沢は笑っている筈である、不正選挙に勝ちも負けもないからである。太郎の当選は氷河期世代に大きな足掛かりを作ったのである。
http://www.asyura2.com/13/cult11/msg/644.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2013 年 7 月 22 日 16:41:42: /puxjEq49qRk6


今日は部下の仕事を邪魔する簡単なお仕事も鼻くそをほじくるのもやめて机に枕を置いてさっきまでワンワン泣いていた所だが
もちろん嬉し泣きである。
昨晩は前日ハチ公前に行った夫婦と隣り合わせて飲んだがYouTubeでの迫力以上でまるでカイロ公園前のようだったそうである。
米英仏イバビロンのくそじじいは最終的に小沢新党ゼロ議席を決断したが同じく落選させたかった太郎だがあの大群衆を見せつけ
られてガラガラ丸川がトップ当選で太郎が落選ではまずいと断念したのである。
小沢は一応神妙な顔でうそーやだー信じられなーいとか答えていたようだが心の中ではアホかーと思っていた筈である。
今回の不正選挙で小沢が当選させた一年坊主300人は全員落選したがむしろさばさばした筈である。
二回の不正選挙で一山いくらの自公議員が400人誕生したが雑魚はどこまで行っても雑魚でポストが人を育てるという事には
ならず雑魚のままである。
もう駄目だー日本はおしまいだーと嘆いている諸兄も少なくないと思うが不正選挙なのだから悲しむ必要など全くなく与えられた
条件の中で切り返す事だけ考えればよくその意味で太郎がムサシマンサックス選挙をすり抜けた事を喜ぶべきである。
早速NHKが当選インタビューを打ち切ったようだが氷河期世代の絶大な支持を受けた候補者が当選しプチ小沢が誕生した事こそ
喜ぶべきである。
小沢の方も衆院選の後にも書いたがおしめを交換してやらないといけない一年坊主が全員手を離れ身軽になった事をこそ喜ぶべき
で企画好きの彼は肩書きなどより時間の方が御馳走でそれがたっぷり手に入ったという訳である。
こんな事を書くとまた壊し屋と批判させる事になってしまうが自民党幹事長だった小沢にしてみればどこをつつけば自民党を真っ
二つに割る事ができるか手に取るように分かるだろうし落選した400人で政党を作ればすぐ政権交代である。
いつになったら動くか全く読めなかった草食系の氷河期世代が立ち上がったのであり三宅良平が言ったように政治の風景が昨日を
機にガラッと変わったのである。
だからもう消費増税でアウトだーとかTPPに殺されるーとか焦る必要は全くなくじっくりいけばいいのである。
世界情勢を見れば米英が中露に負けたのは明らかでこれからその波が日本にも押し寄せてくるのであり家康が信長の援軍を信じて
家臣の常識的な進言である撤退を選択せずに勝利をおさめた戦いを思い出すべきである。
くそじじいと偽キムチパシリの絶頂は昨日の万歳三唱が最後でこれから坂道を転げ落ちるように遁走する事になるのでありあわて
ぬ事である。
小沢はこれから地下に潜るがその間の暇潰しに太郎の快進撃を後押しする事で幕間芸人としては十分な筈であり自公芸人がオウン
ゴールのボケを連発してくれるからそれを笑いながら小沢が再浮上してくるのを待つ事である。
これが衆院選の時もそうだが全く負けた気がせずに私の心が晴れ晴れとしている理由である。
くそじじいも偽キムチパシリも我々が手を下さなくても因果応報と自業自得からは逃れられないのである。
衆院選の時はパフォーマンス半分だったが弁護士団が早速全選挙区の違憲無効を訴えたようでその心は違憲以前に不正だろという
のが本音で氷河期世代の怒りとコラボすればエジプト革命のような事も夢ではなくもう政権交代に3年も4年もかける時代ではなく
八百長をする連中が作ったルールの中で考える思考を転換し不正選挙を待たずに即政権交代の時代に入った事に気付くべきである。
氷河期世代が百万人も日比谷公園にサイクリングに出掛ければ政権交代など簡単である。
渋谷ハチ公フィーバーとはそういう意味である。




スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ