FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

鳥居祐一

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:植草一秀の『知られざる真実』


大震災と原発爆発-3年もの時間が空費された理由




大地震・大津波と原発事故から丸3年の時間が過ぎ去ろうとしている。


いまなお、10万人以上の人々が避難生活を余儀なく迫られている。


安倍政権は巨額の血税を注ぎ込んでいるが、その血税は被災者、避難生活者の手元に届いていない。


その中間でシロアリとハイエナ、さらにハゲタカが不当利得を懐に入れている。


地震と津波は天災だから防ぎようがない面があるが、原発事故はまったく次元が異なる。


東電福島第一原発が人類史上最悪の放射能事故を引き起こした。


そのために、日本滅亡の危機が発生した。


現に原発周辺の地域は滅亡と言ってよい状況に追い込まれた。


いくつかの偶然が重なって、被害規模は奇跡的に最小限度にとどまったが、半歩誤れば、少なくとも東日本が滅亡するところだった。


しかし、起きてしまったことは起きてしまったことだ。


その前にさかのぼることはできないのだから、発生した事故そのものをとやかく言っても意味はない。


大事なことは、起きてしまった事故を踏まえて、これからをどうするかだ。


これは、いい加減に判断せず、絶対に間違いのない道を選ばねばならない。


ところが、現実はどうか。


これは、安倍政権の問題というより、日本国民の問題なのだ。


国民がどう考え、どう行動するか。


事故から丸3年たったいま、じっくりと考え直すべきである。

人気ブログランキングへ

東電が原発事故を引き起こしたとき、菅直人氏が政権を握っていた。


これが日本国民の不幸の始まりだった。


菅直人氏は地震、津波、原発事故を、首相の座に居座る手段と考えたのだと思われる。


そして、総理の椅子にしがみついた。


その後に、権力を奪取した野田佳彦氏はさらに劣悪だった。


この二人の首相が、震災後の日本の道を誤らせた張本人である。


その延長上に、現在の安倍晋三政権がある。


民主党政権から自民党政権へと与党の構成は変わったが、内実は一緒だ。


連続している。


どこがどう連続しているのかと言えば、結局、この三つの政権が足場を置いている場所が同じなのだ。


三つの政権が足場を置いているのは、


米国


官僚


大資本


つまり、米・官・業のトライアングルなのだ。

人気ブログランキングへ

その結果として、具体的に表れているのが、


原発推進


大増税


そして、


TPP


なのだ。


菅政権が復興構想会議を立ち上げて、その第一回会合で打ち出したものは何だったか。


復興増税である。


その裏側にいるのが財務省だ。


財務省は国民のことなど、かけらも考えていない。


財務省は、大地震・大津波・原発事故を増税のために使うことしか考えなかった。


菅・野田政権が大増税路線を敷き、いま、安倍政権が大増税を実行しようとしている。


2009年に鳩山由紀夫政権が誕生した時は違った。


増税を検討する前に、「シロアリ退治」を行うこととしていたのだ。


ところが、野田・菅・安倍の三つの政権は、シロアリの軍門に下った。


増税を何のためにやるのか。


それは、シロアリの餌を増やすためである。


社会保障の充実のための増税というのは真っ赤な嘘だ。


シロアリの餌を絶やさないために大増税を実施するのだ。


「シロアリ増税」なのだ。


あの日から3年の月日が流れるが、私たちは3年の時間を空費して、さらに悲惨な日本に移行しつつある。


そのことに気付いて、根本からの修正を実現しなければ、未来は限りなく暗い。




スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ