FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

鳥居祐一

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:杉並からの情報発信です


安倍自公ファシスト政権打倒に向けた国民の反撃でようやく反自公候補者が選挙
で勝つようになってきた!昨日7月13日に投開票された滋賀知事選挙 では反自民
党候補が1万3000票の僅差で勝利した!

今後10月26日投開票の福島県知事選、11月16日投開票の沖縄知事選そして来年4
月の統一地方選挙ではおそらく軒並み自公推薦候補は落選する だろう!

それにしても決して当選しない独自候補者を今回も擁立して5万票の反自公票を
集めた共産党は【表向きは反自民だが実は自公候補を勝たせる自民別働 隊】の
本性が改めて暴露された!我々は共産党の【偽装反自公】を決して許してはなら
ないのだ!

【関連記事1】

▼選挙:滋賀県知事選 自公敗れる 嘉田氏後継、三日月氏初当選

毎日新聞 2014年07月14日 

任期満了に伴う滋賀県知事選は13日投開票され、無所属新人で前民主党衆院議
員の三日月大造(たいぞう)氏(43)が、元経済産業省官僚の小鑓 (こや
り)隆史氏(47)=自民、公明推薦▽共産党県常任委員の坪田五久男(いく
お)氏(55)=共産推薦=の無所属新人2人を破り、初当選し た。集団的自
衛権の行使を容認した閣議決定後初の大型選挙で与党推薦候補が敗北したこと
は、安倍政権に打撃となる。投票率は50・15%(前回は 参院選との同日選
で61・56%、前々回は44・94%)だった。

◇「集団的自衛権」影響

集団的自衛権の閣議決定を巡って内閣支持率が低下する中、自民党の東京都議に
よる女性蔑視のやじ問題も加わり、「1強」状態が続く政権への批判が 直撃し
た。今後の集団的自衛権をめぐる議論にも影響は避けられない。

菅義偉官房長官や自民党の石破茂幹事長も応援に入ったが、及ばなかった。政権
は原発再稼働や、消費税率10%への引き上げ判断などの課題を抱えて おり、
敗北は今後の政権運営にも影響しそうだ。

2期8年続いた嘉田由紀子知事(64)の路線は継承される。「もったいない」
「卒原発」を掲げた嘉田県政の評価や安倍政権の経済政策、原発政策、 集団的
自衛権などが争点になった。

三日月氏は5月、嘉田氏から後継指名を受けて議員辞職し、民主党を離党。段階
的に原発を減らす「卒原発」を含む嘉田県政の継承を前面に掲げ、嘉田 氏と二
人三脚で無党派層への浸透を図った。嘉田氏は2010年の前回知事選で、過去
最多の約42万票を獲得している。三日月氏は政党色を出さない 方針で民主党
の推薦は受けなかったが、同党は推薦候補並みの支援をした。更に東京都議の女
性蔑視のやじや集団的自衛権への有権者の批判が追い風と なり、支持を広げた。

小鑓氏は安倍政権の経済政策「アベノミクス」立案に携わった経験から、県の経
済再生の必要性を掲げ、国とのパイプの太さを強調した。自民党は連 日、閣僚
や党幹部、国会議員を送り込んだが、支持を固めきれなかった。【加藤明子】

==============

■解説

◇国政の代理戦争

国政選挙が当面ない中、与野党が対決した滋賀県知事選は「国政の代理戦争」の
様相を呈した。選挙戦では、県政を巡る論戦は低調で、集団的自衛権の 行使を
容認する閣議決定などに多くの時間が割かれた。重要課題を性急に進める安倍政
権に、有権者が慎重な判断を求める結果となった。

三日月大造氏は民主党の推薦を断り、草の根選挙をアピール。後継指名した嘉田
由紀子知事と、元知事の武村正義元官房長官が選挙戦を支えた。2人と も自民
系の現職を破って知事に就任し、環境保護に取り組んだ実績を持つ。それを継承
し、「経済成長より琵琶湖の環境を守る」という三日月氏の訴え は支持を広げ
た。三日月氏を支えた武村氏は「多数を占めるとすぐ傲慢になる。安倍政権はそ
の典型。国も県も同じだ」と県政に結びつけて批判した。

小鑓隆史氏は元経産省官僚の経歴を前面に出し、「アベノミクス」の成果を訴え
た。1300件の企業・団体推薦を得て、後援会員も3万5000人に 上った。

自民党の石破茂幹事長は13日夜、政権運営への影響について「全面支援した候
補が敗れたことは重く受け止める。『地方のこと』と等閑視するような 姿勢は
厳に戒めるべきだ」と警鐘を鳴らした。【加藤明子】

==============
 ◇滋賀県知事選確定得票数

当 253,728 三日月大造<1>無新

  240,652 小鑓隆史 無新=[自][公]

   53,280 坪田五久男 無新=[共]

==============

三日月大造(みかづき・たいぞう)43 無 新<1>

[元]衆院議員▽チームしが共同代表[歴]JR西社員▽副国土交通相▽一橋大

▼公明支持層、投票減る 滋賀県知事選 朝日新聞社出口調査

2014年7月14日 朝日新聞

滋賀県知事選挙は地方選挙であり、政権への評価をそのまま 反映するものでは
ない。しかし、自民、公明両党が持ち前の組織選挙を展開したにもかかわらず、
実際の得票として結実しなかった背景をさぐる と、今後の選挙に暗雲が漂う。

朝日新聞社は13日、県内60投票所で出口調査を実施し、3136人から有効
回 答を得た。それによると、回答者が投票の際に重視した政策は(1)医療・
福祉26%(2)雇用・経済22%(3)原発・エネルギー21%が上 位を占
めた。原発・エネルギーを選んだ人の69%が三日月大造氏に投票。「卒原発」
を掲げ る嘉田由紀子知事に全面支援され、無党派層の票を掘り起こしたことが
三日月 氏の大きな勝因だ。

支持政党別に投票行動の違いを見ると、グラフのように 民主支持層の90%が
三日月氏に投票したのに比べ、自民支持層は21%が三日月氏に流れた。人数が
多い自民支持層は引き締めが不十分なことが 珍しくないが、問題は公明である。

公明支持層は92%が小鑓隆史氏に投票し、みごとに固めたかに見える。だが、
調査回答者に占める公明支持層の割合は3%余。公明支持層は 熱心に期日前投
票に行く傾向があるが、今回、 県内4市で実施した期日前投票の出口調査でも
公明支持層の比率は4%台。 12年衆院選と13年参院選の期日前出口調査で
ともに10%を超えていたのに 比べ、減り方は尋常ではない。

集団的自衛権の行使容認をめぐる与党 協議では一致点を見いだしたが、公明の
地方組織では反発も強かった。小鑓陣営は公明の協力は十分に取り付けたと自信
を見せていたが、公明は期日前投票の号 令を出すのが遅れたう え、当日投票で
も回復できなかった。末端で「自公協力」が十分機能しなかったことが結果に直
結した。(峰久和哲)




スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ