FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

鳥居祐一

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅より



本澤二郎の「日本の風景」(1712) <検察に失望と怒りが渦巻く東京>
http://www.asyura2.com/14/senkyo169/msg/539.html
投稿者 笑坊 日時 2014 年 8 月 07 日 18:36:23: EaaOcpw/cGfrA




http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52077562.html
2014年08月07日 「ジャーナリスト同盟」通信

<検察に失望と怒りが渦巻く東京>

8月6日午前、出先に電話がかかってきた。元大臣秘書官である。検察不信に怒りがこみ上げて声が震えている。過去に「巨悪を眠らせない」と叫んでいた検事総長がいた。標的は平成の妖怪だったが、その当人が亡くなり、巨悪は96歳で生きている。ナベツネの盟友である。徳洲会医療疑獄追及について、彼は内部の改革派同様に失望と怒りを募らせながらも、新たな闘争へ気力は十分のようだ。背後の声なき声を感じ取っているからである。

<徳洲会疑獄に蓋をする検察>

 徳田虎雄を巨悪といえるかどうか。カネにめざとい腐敗医師にすぎない。既に体調を悪くしていて2足の草鞋を脱いでいる。後継者の息子は議員辞職している。
 しかし、彼がまき散らした使途不明金は100億円といわれる。いまだに前知事に5000万円、選挙違反事件数億円しか判明していない。検察は金を贈った側を逮捕したが、金を受け取った側を一人も逮捕していない。
 いわんや検察が一番手に逮捕を公約した主役を、いまも自由放任している。元秘書官は「徳洲会疑獄事件を徹底捜査すれば、石原慎太郎一人では済まない。自公内閣が崩壊する」と断言しているのだが。
 ああ、それなのに検察庁は世紀の疑獄事件に蓋をかけるのに必死だ。大手の検察担当の記者の証言である。「蓋をかけている前進基地は内閣官房長官周辺」というところまで、元秘書官は明かしている。ここに登場する徳洲会側の人物は「徳田の後継理事長」とも断定している。福祉医療機構からの400億円融資にも目を向けようとしない検察庁というのも珍しい。
 「いずれTPP実施の場面で米資本への貢物になる」との指摘も浮上している。
9月人事で官房長官留任も「これと関係している」とのうがった分析も。

<東京地検特捜部廃止論浮上>

 当然のことながら「東京地検特捜部廃止論」も浮上することになる。腐敗に目を向ける国民の多くは、こうした見解に賛同している。それでも議会として追及したとの話を聞かない。
 眠っているのは国会、特に野党も同様なのである。政治不信の元凶となっているにもかかわらず、である。主権者を愚民扱いしている司法・立法・行政と言うことになろう。
 国民の失望と怒りの連鎖の行方が心配でならない。

 東京地検特捜部の前身は、敗戦後の隠退蔵物資摘発の特別捜査班である。この当時の中野四郎証言が印象的だ。「吉永という若い検事が、摘発に来ていた広島の旅館にいたワシに大金を持参して、なんとか摘発を止めてくれ、と頭を下げてきた。それが後の検事総長にまで登りつけた。アハハ」というものである。笑いで済まされる話ではない。
 「特捜部はもともと腐敗からスタートしている。世耕の祖父も知っている」というのだ。東京地検特捜部を解体する時期だろう。

<日刊ゲンダイ・選択などでも批判>

 筆者の怒りの告発は「財界にっぽん」で火を噴いた。次いで「日刊ゲンダイ」から月刊高級情報誌「選択」でも報じているという。
 検察の腐敗は、知る人ぞ知る、である。韓国であれば、法務大臣も検事総長も更迭必死だろう。秋の人事で法務大臣の留任はあるのかないのか。谷垣人事も注目される。
 巨悪を眠らせる検察庁を、多くの国民が共有していることにもなる。これがどういう形で表面化するのか。とくと注視しておく必要があろう。

<安倍は石破排除に躍起>

 永田町では安倍と幹事長・石破の確執が表面化してきた。
 反安倍の結集も水面下で蠢いている。これが人事終了後に大きく表面化することになる。余計に安倍の石破排除は強まってきている。極右の共食い競争に似ている。
 保守本流の再興を謀ろうとする宏池会も腰を上げてきている。安倍の腰巾着に限界を感じ取っている。防衛大臣・小野寺は、完璧に安倍の手品にはまっていて哀れをかこっている。「あいつは憲法を読んでない大馬鹿」との悪評は強まっている。
 人事終了後に派閥戦争が表面化することになろう。

<習近平の腐敗退治を評価する人民>

 中国では習近平の評判がいい。悪口を聞かない。それもそうだろう、巨悪を抑え込んだのだから。2人目の巨悪である。
 これまでの北京ではありえなかった事態である。人民は拍手喝さいである。日本の新聞テレビは面白おかしく論評しているが、悔しかったら東京の巨悪に手をつけて見ろ、といいたい。

<震え上がる中国の腐敗官僚>

 習体制下、中国のネット社会は活況を呈している。真相を突いたネット情報に官僚、腐敗官僚は震え上がっている。こんな事態は過去になかったことである。
 腐敗退治は公明正大な政治の基本である。これに抵抗する国民も人民もいない。政治の質は日本が一番遅れている。文句があるなら検察を叩けといいたい。

2014年8月7日記
コメント




01. 2014年8月07日 21:42:33 : GZACUG1XPo
本澤二郎さんは.悪清和会(謀略・汚職・政治献金好き)によって・・・殺されるだろう。政界ヤクザの安倍・管・世耕・石原等は.殺すのに慣れている・・・危険だ。警察は.......簡単に自殺を作れる。。。悪のNHK偽ニュース でねつ造できる。生命保険の増額すべきだ。



02. 2014年8月07日 22:06:13 : 7a485pUwzQ
>>政治の質は日本が一番遅れている。
遅れているくらいの騒ぎではない。
国も地方も政治家が狂ってしまった。
今や狂っているから政治家なんかになる、とまで会話されている。
限界が来た。
政治システムと選挙システムの改革が必要な時が来た。




03. 2014年8月08日 09:06:26 : rrhrFN6JLd
金の熊手の渡辺も音沙汰なしだな。徳洲会の石原や猪瀬はお咎めなしのようなもん検察も腐敗しすぎだろ。恥犬は本当にいらない。



04. 2014年8月08日 09:55:10 : 8wdlEngazI
徳洲会事件にしても渡辺嘉美の8億円の政治資金にしても、検察は何も動かない、小沢氏の罪にもならない収支報告書で秘書まで逮捕し、訴因変更までして捜査を続け、挙句の果てに推認で有罪、連日「政治とカネ」とマスコミは叩いた事と比べたら明らかに可笑しい事だ。この国の腐敗振りが見て取れる。



スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ