FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

鳥居祐一

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅より


室井佑月「報道が変」〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140919-00000008-sasahi-soci
週刊朝日  2014年9月26日号


 作家の室井佑月氏は、メディアにはきちんと報道すべきことがあると指摘する。

*  *  * 
 今、この原稿を書いているのは9月5日。先週から厭になるほど、新内閣の報道だ。安倍内閣と自民党役員の人事がどのように変わろうと、あたしたちの暮らしぶりが変わるわけじゃない。ぜんぜん興味ないってーの。

 これがCMだとすれば、いくらくらいかかると思う? きっと何億だ。タダで広告が打てるんだから、権力持っている側は強いのね。

 テレビに出ていた評論家たちは、「経済を重視している布陣」「女性の活用を重視している」「中国に対する戦略」なんておべんちゃらばかりいっていたが、あたしはべつにそうは思わなかった。

 消費税増税論者の谷垣さんを入れたから、経済重視? 官僚たちは喜ぶだろうが、うちら庶民はさらなる消費税増税にみんな反対してるんだってば。よりいっそう、消費は落ち込んでいくだろう。土建に強い二階さんを入れたって、喜ぶのはゼネコンだけだしな。女性閣僚5人にしたって、その女たちが一般の女のためにどう働いてきたかが肝心なんだろ? 彼女らが女の人権のため頑張ったなどという話は聞いたことがない。

 中国に対するパイプなんていうのは論外ね。いくらあの国とパイプのある人が内閣に入ったって、親玉とその周辺があの国を罵るのをやめなければ仕方ない。

 何度もこのコラムに書いているが、メディアはうちら国民の側に立って報道をしてくれよ。これはと思う情報は掘り下げて書いてくれないし、そのくせ、いらない情報をしつこく押し付けてくる。

 デング熱の報道の過熱っぷりにも、あたしは首を傾げる。蚊に刺されて熱が出た時点で、(デングウィルスかも)、そう国民や全国の医者が認識できた時点でもういいんじゃないの? 毎日、新たな感染者を発表しつづけることになんの意味がある? もっと報道しなきゃいけないことあるんじゃね?

 たとえば、9月5日付の東京新聞『こちら特報部』に載っていた福島の「中間貯蔵施設受け入れ3010億円交付金 財源 国民の懐頼み 電気代上乗せ、東電の資金ゼロ」という記事。「さらに国は中間貯蔵施設の建設費として、用地買収費用一千億円を含む一兆一千億円を見込む」という。その財源は、3千億円オーバーの交付金のうち、中間貯蔵施設などにかかる交付金と、福島復興交付金は国の東日本大震災復興特別会計。福島第一原発にかかる電源立地地域対策交付金と、1兆円以上の建設費用は、エネルギー対策特別会計から捻出。これは国民が払う電気代に上乗せだ。

 つまりすべてが、我々国民におんぶに抱っこ。

 それで、福島原発事故の避難者たちの生活が再建されるなら我慢もできよう。が、今までもそれなりに金を突っ込んできたけれど、未だに解決の兆しが見えない。こういうことこそ、大々的に報道したほうがいいのでは。

04. 佐助 2014年9月19日 18:34:50 : YZ1JBFFO77mpI : WBNBGXIFfM
社会の木鐸としての機能が大手マスメディアから消え去っている。報道の背後に,なにか,かくされたトリックがあると,まず,疑うことが必要となっている。もともとメディアはプロパガンダの道具 ラジオ,新聞,テレビ,今ではネットでも一部そう。
報道のプロが,少なくないはずである。報道する側が,一糸乱れぬ統制の下に動いたとするならば,日本の動向は,これら報道によって,大きく左右される。これは,民主化が破壊されている証明になる。

ただ,日本人は鳩のように素直な人が多い,素直な人ほど,用心していてもなお巧妙なトリックに,引っ掛かるものである。鳩のように素直な柔軟さを持つと共に,トリックを見抜く,蛇のようなさとさをも,常にもっていなければならない。

大手マスメディアは,手を替え品を替えて,デッチアゲ・捏造して,毎にち学習しながら「嘘と偽りの言葉」で報道するのである。その模様はまさに大量なるマジックである。偽りのことばで報道されると,真実に聞こえるものだ。嘘も方便なのである。

第二次世界大戦に突入してしまったのも社会の木鐸を失い暴走してもっともらしく煽ったのである。そして真実を無理にへし曲げ悪人の血祭りのように騒ぎ立て、反対派を個人攻撃して追い詰めるのである。あの第一次世界金融大恐慌のさなかにルーズベルトは,共産主義だアカだと叩かれながら恐慌から脱出しようと戦ったことは有名である。

自分たちの報道は,自分にプラスなら味方・正義・善であり、マイナスなら敵・悪・不正義だと判定。とハッキリしている。そのために、哲学者カントと孟子は「人間は生れる前から、善悪を判定できる」と考え、ヒトの先天的理性や性善思考もつと主張している。

そのために,マスメディアや政治家そして経済の指導者には,「嘘つきは世渡り上手」と言われ,出世の道具に使われている。このような偏った報道に個人の運命が、国家の運命に巻き込まれないことを祈るものである。

08. 2014年9月19日 22:41:34 : LEFNlmN7Jw

わたしは思っちゃう。
どうして日本にはこんなにも情けないメディばかりなのだろう・・・、と。
大手広告代理店の圧力に屈してしまう日本のメディアは、多くの国民から「マスゴミ」とか「ダマスゴミ」とか「既得権益の御用達」とか「既得権益の寄生虫」とか罵られています。
メディアを罵りたい気持ちも勿論よく解りますが、それ以上に国民はやりたい放題の悪徳大手広告代理店を声高らかに罵るべきです。
そして、国民出資の国民相互広告代理店を立ち上げて、やりたい放題の悪徳大手広告代理店と対抗させるべきです。
現状はどう見ても悪徳大手広告代理店の寡占状態です。
これは紛れもない事実です。
したがって悪徳大手広告代理店は左うちわでやりたい放題です。
逆らうメディアには、言うことを聞かないメディアには、広告をやらんぞと言わんばかりの情景を思い浮かべてしまいます。
メディアが腐るのも当然以上の必然です。
対米隷属の悪徳財界と悪徳政権の悪徳官僚の番頭格である強欲拝金主義の悪徳大手広告代理店に代わるまともな国民相互広告代理店が台頭して、この悪徳大手広告代理店を木端微塵に粉砕してくれない限り、日本の民主化は絶対に前進しないと思います。
保険業界を見ても、「第一生命」はむかし相互保険会社でした。
類推ではありませんが、広告代理店も国民相互の広告代理店が求められる時代なのではないでしょうか!?
このまま悪徳大手広告代理店にやりたい放題にさせておくと、平和憲法も改悪され必ずや日本は戦争に巻き込まれ沈没していく気がしてなりません。
平和な国を守るためにも、原発をなくすためにも、はたまたメディアを少しは健全化させるためにも、国民一人一人が小額の出資をおこない、国民相互の広告代理店を立ち上げるべきだとおもいます。
そして営利活動を行ったその利益の一部は内部留保して悪徳大手広告代理店を木端微塵に粉砕させるための体力温存に遣い、残りの一部は出資者に配当として還元すればいいわけです。
メディアは、民主政治のためのインフラとして本来機能すべきなのですが、日本の場合は悪徳大手広告代理店の圧力に屈して、とんでもないことになっているわけです。
そういう意味でもこの構想と申しましょうか戦略を具現化すれば、日本の民主化は著しく前進するようになることと信じております。






スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ