FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:植草一秀の『知られざる真実』


アベコベノミクス解散総選挙勝利の方程式見えた




安倍晋三氏が権力を濫用して実施する、


多忙な年末の大義なき解散総選挙


=「アベコベノミクス解散・総選挙」


勝利の方程式が見えてきた。


本来は、主権者政権の再樹立が目標だが、時間的な制約が大きく、ここまでは手が届かない。


目標を一段引き下げて、


「ストップ安倍政権」


を目標に掲げるべきである。


この目標は実現不可能ではない。


原発・憲法・TPP・辺野古・消費税


そして


格差


と、重要案件が目白押しであるが、ここは重点を絞り、一点突破を図らなければならない。


争点は


「2017年4月消費税再増税の是非」


である。

人気ブログランキングへ

日本経済は、「アベコベノミクス」で大不況に転落させられた。


メディアが宣伝する「アベノミクス」の言葉に惑わされてはならない。


この4月に強行実施された消費税大増税


=アベコベノミクス


で日本経済は撃墜されたのである。


まさに大不況が日本を覆い尽くしている。


「アベノミクスで日本経済が浮上」


など、おへそでお茶を沸かすような戯言(ざれごと)を流布するべきでない。


日本経済の苦境はGDP統計と経済統計の核心である家計調査が明白に物語っている。


1.2014年4-6月期の実質GDP成長率 年率-7.3%


2.2014年7-9月期の実質GDP成長率 年率-1.6%


3.9月家計調査
  勤労者世帯実質実収入   前年同月比-6.0%
  二人以上世帯実質消費支出 前年同月比―5.6%


日本経済が大不況に転落させられたことは、上記の三つの統計に鮮明に示されている。


これ以上、端的に日本経済の現況を示すデータはない。

人気ブログランキングへ

主権者が力を合わせて「ストップ安倍政権」を実現するのだ。


端的には、まず、2017年4月消費税再増税を止める。


ここから始めよう。


これは必ず実現できる目標である。


各党の選挙公約がほぼ出そろった。


消費税再増税について明確な差異が認められる。


自公政権は


2017年4月の消費税再増税の実施


である。


景気弾力条項も取り除くということだから、大不況でも大増税を強行実施するということである。


消費税増税の前にシロアリ退治をする、社会保障制度を拡充することが行われなければならないが、まったく実行されていない。


さらに、日本経済が不況に突入したなかで、消費税再増税を決めれば、日本経済は確実に沈没する。


2017年4月増税を阻止しなければならない。

人気ブログランキングへ

野党の公約には幅があるが、最低でも「期限を定めぬ凍結」が示されている。


はっきりと「中止」が望ましいが、選挙で過半数議席を確保するには、ハードルを一歩下げねばならない。


沖縄知事選では「腹八分腹六分の契り」という言葉が用いられた。


2017年4月の増税をまずは阻止する。このためには、「腹六分腹八分の契り」が必要だ。


共産党以外の野党が295選挙区の候補者を徹底して絞り込んでいる。


自公連合を相手に選挙で勝つには、候補を一人に絞り込まねばならない。


反自公票が分断されれば、敵の思うつぼである。


2014
衆院選





したがって、295選挙区選挙においては、2017年4月増税を阻止する候補者で、当選可能性の高い候補に主権者の票を集中させるべきだ。


比例代表は各主権者が、もっとも高く評価する政党に投票すればよい。


2017年4月増税を阻止するには、この方針を明示する議員が国会過半数を占有すればよい。


「選挙に行って消費税再増税を止めよう」


をスローガンに、国民運動を展開するときがきた。





スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ