FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

鳥居祐一

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:植草一秀の『知られざる真実』

腐敗マスメディア汚染情報排して日本政治刷新




新年明けましておめでとうございます。


本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。


新しい一年が、皆様にとって素晴らしい年となりますことを心より祈念申し上げます。


2015年が幕を開けた。


第二次安倍政権が発足してから3度目の新年を迎えた。


2006年に小泉政権が終焉して以来、日本の政権は毎年交代した。


第一次安倍晋三政権


福田康夫政権


麻生太郎政権


鳩山由紀夫政権


菅直人政権


野田佳彦政権


と続き、2012年12月に第二次安倍晋三政権が発足した。


それから2年の時間が経過して、第二次安倍政権が3度目の新年を迎えたのである。


最大の背景は衆参ねじれが解消したこと。


2013年夏の参院選で安倍政権与党の自公が参院過半数を確保した。


これによって衆参ねじれが解消し、政権が窮地に追い込まれる蓋然性(がいぜんせい)が急低下した。


その結果として、安倍政権が持ちこたえている。

人気ブログランキングへ

2010年夏の参院選で鳩山政権与党が参院選に勝利していれば、このときに衆参ねじれが解消していた。


日本政治はまったく別の方向に進み、安定を確保していたと考えられる。


ところが、その直前に鳩山内閣は破壊された。


クーデターで権力を強奪した菅直人政権が、公約を踏みにじる消費税増税を提示して参院選に惨敗した。


このために、2010年の衆参ねじれ解消が実現しなかった。


日本政治が順当な歩みを示してきたなら、2009年から2010年を境に、日本政治は刷新されていたはずだ。


小沢一郎氏と鳩山友紀夫氏が主導した政権刷新が実現し、新しい日本政治の基盤が強固に築かれたはずである。


しかし、日本政治刷新の試みは日本の既得権益勢力から総攻撃を受けて破壊され、逆に既得権益勢力が日本政治を逆に強固に支配する体制が構築された。


その延長上で第二次安倍政権が3度目の新年を迎えたのである。

人気ブログランキングへ

小沢一郎氏は西松事件、陸山会事件という、戦後日本政治最大の政治謀略冤罪事件で人物破壊された。


鳩山友紀夫氏は個人献金の税務処理問題、沖縄普天間基地移設問題で猛攻撃を受けて、政権崩壊に追い込まれたのである。


そこに、菅直人という、私益優先の人物が現れて、民主党党内クーデターを挙行して政権交代の成果をすべて破壊し尽くした。


その延長上に今日の日本がある。


わずか5年で日本政治の春は厳寒に引き戻されてしまったのである。


すさまじいまでの巻き戻しだった。


この巻き戻しにおいて最重要の役割を果たしたのは、日本の腐敗したマスメディアである。


メディアが日本の主権者の判断を歪めるべく、激しい情報操作を展開した。


無実潔白の小沢一郎氏が、まるで重大犯罪人であるかのような虚偽報道が展開され続けた。


米国に抗して、日本の主張を貫こうとして孤軍奮闘した鳩山友紀夫首相の人格を攻撃する偏向報道が嵐のように吹き荒れた。


この虚偽報道、偏向報道のウソを見破り、真実を見つめ続けた主権者は少なからず存在するが、多数の主権者は腐敗マスメディアの虚偽情報に翻弄されてしまったのである。

人気ブログランキングへ

日本政治再刷新を実現するためには、この腐敗した日本のマスメディアの妨害を乗り越えなければならない。


偏向報道の中心にはNHKがいる。


安倍晋三氏はNHKを私物化し、NHKを茶坊主ばかりで固めて、


「あべさまのNHK」


にしてしまった。


「一年の計は元旦にあり」


というが、今年は、メディアのウソを暴き、メディアに対峙する情報の主流を生み出す必要がある。


市民が主導して、新しい情報の流れを創り出すのである。


主権者が正しい情報を共有して結束する。


25%の主権者が結束すれば日本を変えられる。


すべての変化は真実の情報発信と、真実の情報の流れから生まれることを再認識しておきたい。





スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ