FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:杉並からの情報発信です


倉本聰が安倍首相を「福島を見捨て東京五輪を優先させた」と怒りの告発!

伊勢崎馨

2015.03.07 Litera

http://lite-ra.com/2015/03/post-923.html

原発再稼働、憲法改正、自衛隊法改正などと安倍政権のきな臭い政策ゴリ押しが
続いているが、著名人たちがこれらに反対する動きも出てきている。宮 崎駿、
吉永小百合、黒柳徹子──。もともと護憲派の著名人たちでなく福島出身の西田敏
行や保守派と思われてきた海老名香葉子、笑福亭鶴瓶なども憲 法改正や原発再
稼働に反対、安倍政権の政策を批判しているほどだ。

そんな中、福島原発事故4年を目前にある著名人が安倍政権の原発政策に対して
吠えた。

「安倍さんは福島より五輪。冗談じゃない!」

これは「女性自身」(光文社)3月10日号に掲載された脚本家・倉本聰のインタ
ビュー記事のタイトルだ。東京出身で北海道富良野に生活の拠点を置 く倉本だ
が、原発事故、そして事故が既に風化し無関心となりつつある日本の現状に対し
て我慢ならないらしい。

「わずか4年前の、世界を震撼させたあの原発事故。悲劇の記憶が、こんなにも
早く、こんなにも脆く風化してしまうのかと。僕は激しい怒りと憤りと 悲しみ
を感じたんです」

その怒りの矛先は、原発再稼働を、そして「アンダーコントロール発言」で東京
五輪誘致を推し進めた安倍首相に向いていく。

「原発では労働力が足らないのに、国は'20年の東京オリンピック成功を優先
し、その工事にどんどん労働力を投入している。ひどいですよ」
「(安倍首相のアンダーコントロール発言に)耳を疑いました。混沌とした、ま
だ処理中の『アンダーコンストラクション』のいい間違いではないかと 思いま
した。冗談じゃない。何を考えているのかと」 

実際、倉本がいう“原発収束より東京五輪に労働力を投入”という事態は現在でも
進行、加速しているといっていいだろう。いや、原発労働だけではな い。東京
五輪は、被災地の復興にも大きな影を落としているのだ。

被災地を取材してきたジャーナリストはその実態をこう証言する。

「原発労働者はもちろんですが、岩手や宮城の被災地の復興にも東京五輪は大き
な影響を与えています。各地とも大規模な工事が必要だったため、人手 不足は
ありました。そこにアベノミクス、東京五輪特需で、人手不足は一気に加速し
た。しかも、資材等も不足して価格もどんどん高騰し、復興事業を 遅らせる最
大の要因になっている。地元の人たちの間ではこっちは住むところもなくて困っ
てるのに、なんでそれをほったらかしにして五輪なんだ、と いう声はけっこう
ある」

さらに、地元の怒りは2019年ラグビーワールドカップにも向いているという。森
喜朗元首相が中心になって誘致されたこの大会だが、開催都市のひ とつが被災
地である岩手県釜石市に決定。そこでクローズアップされているのが釜石鵜住居
復興スタジアムというハコモノの建築だ。

「このスタジアムは大会が開催されるスタジアムの中でも唯一の新設されるもの
です。概算工事費は約27億円と試算されています。今後はワールド カップ仕様
に合わせさらに増えることも予想されますし、地元の労働力もかなり流入すると
言われています」(同前・ジャーナリスト)

釜石市は新日鉄釜石ラグビー部という名門実業団があったことから、市民も誘致
に賛成の声がある一方、いまだ仮設住宅で生活を余儀なくされている被 災者も
多いことから、ハコモノやイベント優先に違和感を抱く被災者も少なくないという。

さらに2016年に日本で開催される主要国首脳会議(サミット)の誘致もまた被災
地に影を落としている。現在、国内の8都市が候補地として挙げら れているが、
その本命とされるのがやはり被災地の宮城県仙台市だ。サミットが開催されれば
300億円といわれる資金流入が予想されている。この誘 致に積極的な仙台市はサ
ミット開催に向け、仙台国際センターの増設工事を決定、25億円もの税金を投入
する予定だ。またJR仙台駅と仙台国際セン ターをつなぐ地下鉄も開通予定なのだ。

明らかに世界に向け安倍首相が宣言した「アンダーコントロール」をアピールす
る狙いがミエミエの世界的イベントの開催だが、しかし、福島原発から は事故
直後より高濃度の汚染水が漏れ続け、周辺の放射線量も高い数値をたたき出して
いる。帰宅困難区域、避難区域の住民たちの現状は深刻さを増し ている。原発
事故や周囲の状況はコントロールからはほど遠く、収束もまったく見えていな
い。そんななか、国や行政は被災者そっちのけで“見せかけ の復興”に邁進して
いる。 

こうした現状には倉本でなくても怒りと憤りがわきあがってくるが、倉本は脚本
家としてこの状況に抗しようとしている。震災の数年前から「テレビに 絶望し
た」と脚本家としての仕事をセーブ、一時は引退説まで囁かれていたが、この惨
状を見て原発事故をテーマにした舞台「ノクターン──夜想曲」 を上演、現在も
全国で巡演する予定だ。

舞台は東日本大震災から数年後の福島。津波で娘を亡くした原発作業員など近親
者を失った男女が、震災のときの後悔や故郷を奪われた悲しみを表現 し、原発
事故の理不尽さを浮かび上がらせるものだ。

倉本は、東北地方のブロック紙「河北新報」(2月19日付)にも登場し、原発に
対してこう憤っている。

「想像してみてほしい。ささいな私欲。倫理を忘れた成功の快感。わずかな金銭
につながる欲望。それらが福島の原発施設から小さなセシウムの粒と なって飛
び出し、日本や世界を脅かしていることを」

 原発事故から4年、原発再稼働や表層的復興アピールのため労働者不足など深
刻な問題が山積みの福島第一原発だが、その現状に目を向ける者はどん どん少
なくなっている。しかし、福島の問題はけっして、一地域の問題ではない。私た
ち国民ひとりひとりが、放射能に汚染された福島を、日本の国土 をどうしたら
取り戻せるのかを考えないと、そのツケは将来、必ず自分たちに返ってくるだろう。
(伊勢崎馨)




スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ