FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:植草一秀の『知られざる真実』

クリミアの市民に尋ねるのが実態を知る最良方策




本日、3月16日の午後8時から、


UIチャンネル


http://live.nicovideo.jp/gate/lv213321643


で、


鳩山友紀夫元首相
孫崎享氏
高野孟氏


による鼎談


「クリミアの現状と日本外交の在り方」


が生放送される。


番組紹介では、


「鳩山氏がクリミアを訪れ、大騒動になっているが、その真相を同行した

高野氏と共に語り、さらに孫崎氏を交えて日本外交の在り方を考える。」


とある。


鳩山元首相のクリミア訪問に賛成の人も反対の人も、ぜひ番組をご覧いただき、鳩山氏の真意を知るべきである。


メディアの多くが鳩山氏の行動に批判的な報道を展開し、現在の腐敗した民主党の幹部も鳩山氏を批判しているが、的外れの批判をしている者が、実は日本の国益を損なっていることを、賢明な市民であるなら洞察できるだろう。


この問題に焦点が当たることにより、


本当のところ、誰が正しく、誰が間違っているのかが、浮き彫りになる。


鳩山元首相は、そこまで読み抜いて行動しているのだと推察される。

人気ブログランキングへ

クリミアの問題も、その端緒となったウクライナの問題も、見方は当初から二分されているのだ。


米国を中心とする西側の国は、西側の利害からこの問題を捉えて論評している。


一方で、ロシアを中心とする東側の国は、東側の利害からこの問題を捉えて論評している。


立場が変われば評価が変わる。


どちらが正義でどちらが悪魔であるのかは、自分の立ち位置、価値尺度によって全面的に変化する。


しかし、日本では米国が主導する情報だけが流布される。


しかし、その見解、論評は絶対的なものではない。


多種多様な意見、見解があるなかで、米国が主張する見解、意見なのである。


したがって、それが絶対に正しいなどという保証はどこにもないし、それだけが唯一の真理などということはまったくありえないのである。


日本という国が、


「思想及び良心の自由」


を基本的人権として保障する国であるなら、クリミアのロシア編入についての見解、主張についても、「自由」が認められる必要がある。


米国には米国の立場があり、米国の主張があるだろう。


それはそれでよい。


しかし、その見解があるからと言って、


「他の見解は悪だ」


「他の見解を述べることは国益に反する」


などと論評することは、あまりにも浅はかなことだ。


民主党の枝野幸男氏や岡田克也氏が、分別もなく鳩山友紀夫氏批判を展開していること自体が、これらの人物の底の浅さ、見識の低さを鮮明に物語っている。


米国がロシアによるクリミア編入を認めないというだけで、なぜ、すべての日本国民がその見解に同意しなければならないのか。


開いた口がふさがらない。


総理大臣まで経験した人物が、沈思黙考して、その結果として行動しているのである。


鳩山氏の行動に賛成者がおり、反対者がいることは不思議でも何でもない。


しかし、反対だからといって、旅券を取り上げろなどと発言することは、良識の欠如、品格の欠如、基本的判断能力の欠如を告白しているに等しい。

人気ブログランキングへ

ウクライナは東西のせめぎ合いの核心地帯に立地する国であるる。


冷戦終焉後、東と西が、ウクライナをめぐって綱引きを演じ続けているのである。


ヤヌコビッチ政権が倒され、ポロシェンコ政権が樹立されたが、この政権に正統性があるのか否かについてさえ、見解は分かれるのである。


米国が背後で謀略を展開して、前政権を不正に倒し、ウクライナという国家を乗っ取ったとの見立ても成り立ちうるのだ。


この見解に立てば、現在のウクライナ政権こそ、批判の対象にされるべきだということになる。


大事なことは、双方の主張に真摯に耳を傾けて、和解の道を探ること、平和解決の道を探ることである。


鳩山元首相は、日本の現在の風潮が、対米隷属に偏り過ぎているとの判断に立って、あえて、見解はただひとつではないのだということを、広く人々に知らしめるために行動しているのだと思われる。


何も考えず、ひたすら米国にひれ伏し、米国が操る情報にただ流されるだけの人物を、国会から追放することを考えることが、国民の利益、国益を増大させる方向に働くのではないかと思われる。




スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ