FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

鳥居祐一

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅より


点火した反安倍デモ<本澤二郎の「日本の風景」(1945) <反岸の60年安保上回る反安倍の15年安保>
http://www.asyura2.com/15/senkyo181/msg/913.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 3 月 24 日 14:26:52: EaaOcpw/cGfrA
   

 





http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52099305.html
2015年03月24日 「ジャーナリスト同盟」通信

<沖縄から東京へ>

 東京からのインターネット情報は、点火した反安倍デモを伝えてくれている。中国や韓国のテレビは、それを大きく報道しているようだ。腐敗したNHKに代わって、CCTVやKBSが奮戦してくれている。「日本人も本気で立ち上がるかもしれない」という期待を印象付けている。うれしい悲鳴だ。これも沖縄県民の怒りが、焼けぼっくいにマッチを吸ってくれたお陰だ。東京では、3月22日の反安倍デモに1・4万人が結集した。これは反岸の60年安保を上回っている規模だろう。がんばれ沖縄・東京!

<反岸の60年安保上回る反安倍の15年安保>

 歴史は繰り返す。反省のないところには、盲目の政治が支配する。結果、同じことが繰り返されることになる。安倍暴走政治に対して、いまや反安倍の15年安保である。
 60年安保デモは、安倍の祖父・岸反動内閣に対して、学生・市民の怒りが爆発したものだ。特に学生が激しく抵抗した。これに労働者・野党が加わった。岸は防衛庁長官の赤城宗徳に「自衛隊出動」を命じたが、赤城は懐に辞表を入れて、これを拒んだ。
 赤城は戦前、南京大虐殺の地を視察しており、筆者の取材に大虐殺の証拠を語ってくれた人物でもある。宇都宮徳馬とは旧制水戸高の同窓で知られる。当時学生だった加藤紘一は、国会デモに参加、反岸を叫んだ。この加藤を大平正芳はかわいがった。加藤は今も大平政治を貫いているが、加藤が育てようとした谷垣禎一は、加藤を裏切って、今北京にいる。

<極限の平和市民が抵抗するJR東の車窓の反安倍広告>

 ネット情報によると、JR東の電車の窓に反安倍広告が貼ってあるという。こんなことは、過去に聞いたことがない。
 思うに、平和憲法を擁護する義務のある政府や議会人が、あろうことか平和憲法に真っ向から違反する政策を強行している。「解釈改憲」どころではない。
 日本は戦争しない、出来ない憲法を70年保持して、それによって平和と繁栄を手にした。それなのに、憲法に違反して自衛隊を海外に派兵させて、戦場に立たせるというのである。
 他方、3・11によって原発の安全神話は消えた。それなのに、再稼動させるのだと息巻く安倍である。思いつめた市民が作った反安倍広告ではないか。

<9条ノーベル平和賞推薦運動も忘れないで>

 反安倍デモの同士諸君に訴えたい。9条をノーベル平和賞に推薦する運動も忘れないで訴えてほしい。
 今の日本はNHKをはじめ新聞テレビは、平和憲法の守護神ではない。政府・財閥にコントロールされていて、真実を報道しない。本来であれば、1・4万人デモで政権は崩壊する。だが、違う。新聞テレビはこの反安倍デモを小さく報じて、国民を欺いている。
 このままでは来夏の参院選、来秋の改憲国会とその後の国民投票でごまかされてしまう。これの阻止は、9条にノーベル平和賞を受賞させることしかない。他の手段はない。安倍の野望を封じる方法はこれしかない。
 日本国民の熱い思いをノーベル委員会・ノルウエー大使館に、そして韓国や中国へと波及させるのである。9条死守が、アジアの平和と安定に不可欠なのだから。日本の再軍備・軍国主義化と、その後の核武装阻止のために、9条はますますその役割を増大させている。
 東京と沖縄の同士諸君に心から敬意を表したい。

2015年3月24日記




スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ