FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

鳥居祐一

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:杉並からの情報発信です


辺野古での新基地建設をめぐって国と県とが対立、その背後では米国の好戦派
による  中露制圧計画

2015.03.25 櫻井ジャーナル

http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201503250000/#

沖縄県名護市辺野古への新基地建設をめぐって政府と県が対立している。日本に
駐留しているアメリカ軍は約4万5000人。そのうち半数以上が沖縄 にいて、県の
面積が日本全体の0.6%にすぎない場所に在日米軍基地の74%が集中、そこへ新
しい軍事基地を建設しようというのだから、反対され て当然だ。

 守りという視点から考えると、基地を狭い地域に集中させることは得策でな
い。一気に破壊されてしまうからだが、先制攻撃という視点から考えると 違っ
てくる。爆撃だけならともかく、東アジア、つまり中国や朝鮮半島へ地上部隊を
送り込むことを考えると沖縄に基地を置く意味がある。

 ネオコン/シオニスト系シンクタンクのPNACが2000年に出した報告書『アメリ
カ国防の再構築』は東アジアを重視、オスプレイの必要性を強 調しているが、
その理由は部隊の行動範囲、つまり軍事侵攻できる地域が広がることにあり、中
国侵略が視野に入っていると考えるのが自然だ。

 本ブログではアメリカの好戦派が第2次世界大戦が終わって間もない段階から
ソ連に対する先制核攻撃を計画、テキサス大学のジェームズ・ガルブレ イス教
授によると、1957年には具体的な作戦が動き始め、先制核攻撃に必要なICBMを準
備できるのは1963年の終わりだと好戦派は考えてい た。好戦派の前に立ちはだ
かっていたジョン・F・ケネディ大統領が暗殺されたのは1963年11月22日だ。

 アメリカの好戦派にはジョン・フォスター・ダレス国務長官とアレン・ダレス
CIA長官の兄弟や、キューバに対する偽旗作戦の中心的な存在だった ライマン・
レムニッツァー統合参謀本部議長やカーティス・ルメイ空軍参謀総長が含まれて
いる。

 ダレス兄弟はウォール街の大物弁護士で、ジョン・フォスターは戦後日本の支
配構造を昭和天皇(裕仁)が協議した相手であり、ルメイは大戦の終 盤、日本
の大都市に焼夷弾を落として住民を皆殺しにする作戦を指揮、広島や長崎へ原爆
を投下させた人物。1945年3月から8月の間に彼が殺した 日本の民間人は100万人
以上だと言われている。

 大戦後、1948年から57年にかけてルメイはSAC(戦略空軍総司令部)の司令官
を務めているが、このSACが1954年に立てた計画による と、600から750発の核爆
弾をソ連に投下、2時間で約6000万人を殺すことになっていた。

 その間、1950年6月から53年7月にかけて朝鮮戦争があり、アメリカ空軍は大規
模な爆撃で朝鮮の78都市と数千の村を破壊した。この作戦を 指揮していたのも
ルメイ。彼自身の話では、3年間に人口の20%にあたる人を殺したという。

 この戦争が始まる前からアメリカでは中国南部へ軍事侵攻する計画が立てられ
ていた。その中心になっていたのは、破壊工作を目的に設置された極秘 機関の
OPC。後にCIA内部に計画局が設置される際、その中核になっている。計画局の活
動が外部へ漏れた後に作戦局へ名称が変更され、現在は NCS/国家秘密局と呼ば
れている。

 OPC/CIAはラオスにいた国民党軍を再編成し、1951年4月に約2000名の部隊が
CIAの軍事顧問団とともに国境を越えて中国領内に侵 入して片馬を占領したもの
の、人民解放軍の反撃にあって追い返されている。翌年の8月にも国民党軍は中
国に侵攻して国境から約100キロメートル ほど進んだが、この時も人民解放軍の
反撃で失敗に終わった。この作戦でOPC/CIAは、中国の民衆が「毛沢東打倒」に
立ち上がると想定していた ようだが、そうしたことは起こらなかった。

 1953年7月に朝鮮戦争は休戦になるが、その翌年の1月にジョン・フォスター・
ダレス国務長官はNSC(国家安全保障会議)でベトナムにおけ るゲリラ戦の準備
を提案、それをうけてCIAはSMM(サイゴン軍事派遣団)を編成した。この段階で
アメリカ支配層はベトナム戦争へ足を踏み入れ ている。流れから考え、朝鮮戦
争とベトナム戦争は中国の支配を狙ったひとつの戦争だと考えるべきだろう。

 こうした中、アメリカは沖縄を軍事基地化していく。朝鮮戦争が勃発する前
年、1949年9月、昭和天皇はアメリカによる沖縄の軍事占領が「25 年から50年、
あるいはそれ以上にわたる長期の貸与(リース)というフィクション」のもとで
おこなわれることを求めるという内容のメッセージを出 していた。(豊下楢彦
著、『安保条約の成立』、岩波書店、1996年)

 1951年1月末、ジョン・フォスター・ダレスはダグラス・マッカーサーや吉田
茂と会った。その3日前にアメリカの使節団は会議を開き、そこで 「日本に、
我々が望むだけの軍隊を望む場所に望む期間だけ駐留させる権利を獲得」するこ
とを確認しているが、その前に天皇はアメリカへ沖縄を差し 出していたわけだ。

 アメリカ軍は基地化推進のため、1954年7月に人民党中央委員の林義己と畠義
基に退島命令を出し、10月には同党の瀬長亀次郎書記長らを逮捕 した。それを
不当だと抗議した二十数名がさらに逮捕されている。弁護士のいない裁判で瀬長
は懲役2年の判決を言い渡された。

 1955年から57年にかけて琉球民政長官を務めた軍人が後の統合参謀本部議長、
ライマン・レムニッツァー。好戦派のひとりで、議長時代にはア メリカ軍の
キューバ侵攻を目論んで偽旗作戦を計画した。アメリカの諸都市で「偽装テロ」
を実行し、最終的には無人の旅客機をキューバの近くで自爆 させ、あたかも
キューバ軍が撃墜したように演出して軍事侵攻を正当化しようとしたのだ。これ
が「ノースウッズ作戦」。なお、レムニッツァーが琉球 民政長官だった1956年
10月、比嘉秀平琉球主席が55歳の若さで急死している。

 テキサス大学のジェームズ・ガルブレイス教授によると、アメリカ軍がソ連に
対する先制核攻撃計画をスタートさせたのは1957年の初頭。先制核 攻撃に必要
なICBMを準備できるのは1963年の終わりだとルメイなどの好戦派は推測してい
た。そうした計画の前に立ちはだかっていたジョン・ F・ケネディ大統領がテキ
サス州ダラスで暗殺されたのはその年の11月22日。暗殺の直後、CIAはソ連や
キューバが黒幕だという情報を流した が、これは嘘だということをFBIがリンド
ン・ジョンソン新大統領へ伝え、核戦争は回避された。

 沖縄問題に日本側の利権や思惑が関係しているだろうが、それはアメリカ側の
都合を利用してのものだと考えるべきだ。その「アメリカ」はロシアや 中国を
武力で脅している好戦派であり、現在はネオコンや戦争ビジネスが核になっている。

 アメリカの好戦派は中東/北アフリカでアル・カイダ/IS(イラクとレバント
のイスラム首長国。ISIS、ISIL、IEIL、ダーイシュとも 表記)を使い、ウクラ
イナではネオ・ナチを使って軍事制圧をしようとしている。ロシアや中国に対し
ては軍事力で周囲から圧力を加えつつ、内部に張 り巡らせた傀儡勢力を利用し
て体制を転覆させようとしている可能性が高い。

 アメリカの好戦派は武力で脅して屈服させるという手法を使ってきた。ロシア
や中国に対しても同じ事をしているが、この両国に脅しは通じない。脅 しの通
じない相手を脅し続ければ、戦争になる。その相手がロシアや中国なら核戦争を
覚悟しなければならず、EUも核戦争の勃発を恐れる事態になっ ている。辺野古
の問題もこうした動きと無縁ではないだろう。





スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ