FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅より


太陽の黙示録は、米系江派の時代の米中構想漫画、しかし江派が失脚し、米同盟国が中露に走り、中露時代になりました。
http://www.asyura2.com/15/cult14/msg/452.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2015 年 4 月 07 日 13:53:54: 4sIKljvd9SgGs


ロシアがオルガルヒを追い出したらハザールがウクライナで暴れ、中国が江派を追い出したらハザールが日本で暴れているという構図です。
中東でもイスラエル自体が追放されるような勢いの為、ハザールがイスラム国として暴れている訳です。
かえすがえすも、中露の役割分担は見事で、露が軍事というか政治を担当し、中が経済を担当し、ダマスゴミによる大バッシングの中で、手続きと説得性や納得性を重視して、膨大なデマに打ち克ち、米同盟国を説得する事に成功しました。
ウクライナもギリギリの所で中国がポロチンコに助け船を出し、オバカ・バイデン系のコロモイと仲間割れさせ、とてもロシアと戦うどころではなくなり、EUも制裁してるのかしてないのか分からない状態で、ポーランドはりんごを食べて応援をあっさりやめてしまいました。
ハザールは、ジハードジョンマケインを生け贄に差し出さなければイスラム国詐欺をリセットできないのに、不倫や下村を庇いいつまでもスキャンダルが燻り続け高市や野田まで飛び火して火宅の人みたいになっている安倍と同じで、何やらイエメンが壇之浦のようになりつつあり、東西の戦争詐欺が犬も食わない夫婦喧嘩みたいなショボさで、すわ世界大戦かという空気は雲散霧消してしまいました。
米露核戦争の脅威は、さすがに洒落にならず、私も窓際の机の下に隠れて女子のパンツを覗いていましたが、やはり、お約束のア銀にロシアが当然参加し、米国が仲間に裏切られて呆然とした時点で勝負有りで、トップに躍り出た中国の盟友と二位に転落した米国は、ア銀が大盛況になる前だったら、固唾を飲む展開でしたが、経済でコールドゲーム食らった米国がリベンジに挑戦すらせずに核戦争に走るのはいかがなものかという空気が蔓延し、日々、いろんな国際機関で中国との席替えという屈辱が続く中で、中国の相棒と戦争するとか無礼じゃねつーか意味なくねというよりこれから中国の祝勝会を開くのにドンパチならあっちでやってくんねとお子さまランチ扱いで、こちらももう緊張を高めるのは無理です。
やはり、次点に転落した米国が何をやろうとしても、賑やかしがネタと安倍だけになってしまい、多国籍軍を編成しようと思っても、また三馬鹿トリオかよー、中国様も参加するなら行くけど、そうじゃなければ大丈夫ですと、若手を誘って断られる部下なし特命部長のようになってしまった事を多重債務国は自覚すべきです。
一昔前に、ハローワークに、元エリートだがゴルフと旅行と盆栽いじりにも飽きたから、月給50万円位ののんびりした職場で働きたいのだが、特技部長で趣味も部長で性格も部長の私に相応しいバイト先を紹介してくれたまえ、あーそれからハイヤーは申し訳ないからタクシーチケットの出る会社でも構わんよ、とかとぼけたじじいが職安の職員を戸惑わせ、何々、工事現場でトラックを監督するバイトが時給1200万円の仕事ー、そんなに私を買い被らんでくれたまえ、と笑わせた時期があったようですが、今の米国がそんな感じで、理性では中国にぼろ負けして抜き返すのは不可能だと分かっていても、感情が追いつかず、負ける前に一位だった米国でーす、負けなければ今でも一位の米国でーすと、自分に都合よく考え、二位に転落した現実を受け入れられないで、未だにア銀に参加した国々を切り崩そうとしているようですが、中国が好きになったのではなく、米国が嫌いになったから離れた訳で、よりを戻そうとしても無駄だし、歴史を巻き戻す事は不可能で、自分で現実に気がつかなければいけません。  





スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ