FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

鳥居祐一

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:植草一秀の『知られざる真実』


4月17日午後9時『孫崎享チャンネル』乞うご高覧




元外務省国際情報局長である孫崎亨氏が、5月に新著を上梓される。


『日米開戦の正体――なぜ真珠湾攻撃という道を歩んだのか』
(祥伝社)


http://goo.gl/o1Jyta


帯には


「史上最悪の愚策を解き明かす」


とある。


Photo
タイトルを見るだけで強い関心をそそられる書である。


2月には、ニューヨークタイムズ東京支局長のマーティン・ファクラー氏と対談による共著書


『崖っぷち国家 日本の決断』(日本文芸社)


http://goo.gl/blzwAV


副題「安倍政権の暴走と自主独立への提言」


を出版されている。


精力的な執筆活動に敬意を表するとともに、高い見識、深い洞察、尊い真理探究に一人の市民として心より感謝を申し上げたい。


新著についてはまだ拝読させていただいていないので、刊行後に改めて紹介させていただきたい。

人気ブログランキングへ

この孫崎亨氏がニコニコ動画で


「孫崎亨チャンネル」



を開設されている。


http://ch.nicovideo.jp/magosaki/live


このプログラムに、4月17日(金)午後9時に出演させていただく。


http://t.co/iag5svv8EH


孫崎氏の特別のご配慮で、無料、一般公開されるということであるので、ぜひご高覧賜りたい。


番組では、私が孫崎氏にさまざまな問題について、お伺いをすることになると推察するが、日本の進路を誤らぬための方策について、私なりの意見も申し上げさせていただきたいと思っている。


孫崎氏はいまから1年余り前に


『小説外務省』(現代書館)


http://goo.gl/Qtmh81


を刊行されている。


尖閣問題の真相、深層を抉り出す、主要論点を網羅したノンフィクション小説である。


このなかに、孫崎氏の精力的な活動の底流にある哲学を垣間見せてくれる記述がある。


「木阿弥の一族にとっては何より大事なのは、まず自己の自己に対する誠実であって、〔中略〕外に対する器用さは己れの心にたがうことを行うのを恐れる」という考え方は西京寺の中でゆるぎない人生の道標になっていた。」


西京寺とは小説のなかでの孫崎氏の名である。


「自己の自己に対する誠実」


の言葉こそ、孫崎氏の行動を理解するキーワードであると考える。

人気ブログランキングへ

原子力研究の道に進み、原子力の現実を直視して、京都大学原子炉実験所で原発廃絶に注力し続けてきた小出裕章氏の行動とも重なる。


経産省を離れて言論活動を展開する古賀茂明氏の行動も「自己の自己に対する誠実」が底流にあるように感じられる。


古賀氏は


「改革はするが戦争はしない」


ことを訴えている。


私は「改革」の中身が問題だと考える。


経済政策運営においては、「弱肉強食」の方向を目指すのか、「共生」の方向を目指すのか。


これが最重要の判断基準であると考える。


「改革」というのは「変える」ことだから、この言葉だけでは方向が分からない。


私は「弱肉強食」を目指す方向への「改革」には反対である。


この点で、古賀氏と主義主張を異にする部分がある。


しかし、古賀氏が示している


「自己の自己に対する誠実」


には賛同し、敬意を表している。


原発、集団的自衛権、辺野古、TPP、消費税、格差


を私は基本六大問題と考えているが、この六大問題のうち、始めの四問題について、孫崎氏のお考えをお伺いしたいと考えている。


そして、この問題について日本が針路を誤らぬために、どのような政治の変化が必要なのか、


そして、そのためにどのような政治活動が必要なのか、


について、孫崎氏のご教示を賜りたいと考えている。


ぜひ、ご高覧賜り、主権者が主導する政治変革の行動に参画していただきたいと思う。




スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ