FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:オルタナティブ通信

ロックフェラー一族の内紛
 お笑い路線、悪く言えば軽薄短小路線を走るフジTVでは、沢山のアナウンサー達の管理者として、アナウンサー部の元締めを務めるTという高齢の人物が、たびたびTVに姿を現す。

 サンケイ新聞等も発行するフジ・サンケイグループのフジTVは、3人の財界人一族によって創業されたが、NHK同様、資金源と、放送局開設の「国の許認可」については、日本の政界・官僚世界との「癒着」が噂されて来た。フジ創立には、表向きは映画会社の東宝等が資金提供した事になっているが、問題は「なぜフジにだけ、許認可が下り、TV局開設の資金があったのか」という問題である。

 この3人の創業者の内、1人は全く経営に関心がなく、残る2人のうち1人の植村一族の息子は、まだ幼児であったため、2代目になる後継者は必然的に創業者3人のうちの1人の息子・鹿内信隆に決定した。1978年の事である。弱小放送局でしかなかったフジを巨大企業に成長させたのは、この2代目であったが、社長の地位に就くのは、幼児であった他の創立者の植村一族の息子が成人するまで、という約束があった。

 鹿内は社内に問題があると、たびたび米国のロックフェラーの元を訪ね相談しており、フジTV創立の資金源の謎は、こうした所に解明の糸口がある。フジTVの軽薄路線は、しばしば「国民白痴化計画」等と批判されるが、日本国民を白痴化し、政治・経済に無知である状態に陥れる事は、ロックフェラーの対日政策でもあった。

 従って、ライブドアによるフジテレビの乗っ取り工作は、ロックフェラー等の外資による日本企業乗っ取り等では毛頭なく、創立当初からフジは外資であったと言える。そして、ライブドアを摘発し、フジ乗っ取りを阻止した日本の警察組織が、外資による乗っ取りを阻止した民族派の「秘密結社」の愛国主義者である、等と言う外人評論家の意見は全くのデマゴギーであり、ありもしない民族派の活躍を賞賛し、日本人に民族主義の考えを鼓舞し、拡げようと言う、悪質な情報操作である。

 真相は、老舗のロックフェラー当主の支配企業に対し、新興のジェイ・ロックフェラーが買収を仕掛けた世代交替、一族内紛である。

 ライブドア堀江に資金提供していた銀行リーマン・ブラザースには一切、東京地検の摘発の手が及ばなかった事が、「日本民族派による外資摘発」などでは全く無かった事を実証している。デマゴギー評論家の破綻は明白である。

 80年代以後、フジの実権を握った鹿内のブレーンには、東急電鉄の五島一族、旺文社の赤尾一族が加わる。取り巻きには、高倉健、郷ひろみ、タモリ、ビートたけし等が居る。その総元締めがロックフェラーとなる。

 信隆は自分の息子三代目春雄を30歳台で副社長とし、若者向けの番組を大々的に「開発」させる。タモリの「笑っていいとも」、お笑い界の大御所となった「さんま、ビートたけし」を輩出した「おれたち、ひょうきん族」等の番組は、TV局内の報道部門等の生真面目な役員達の反発を強引に抑えた3代目春雄によって創出された。フジTVのバラエティー部門の名プロデューサーと呼ばれる横沢彪(たけし)は、この3代目春雄によって抜擢された。

 この3代目は、3度結婚しており、2度目の妻は離婚後、作曲家の平尾正晃の妻になっている。3代目は、NHKのニュース番組を見ているうちに、その美人アナウンサー頼近美津子に好意を持ち、2000万円の資金を移籍費用として、この女性アナウンサーに提供し、強引にフジTVに引き抜いた。1980年代の事である。

 春雄は会社寮と称して、自分の「自宅近く」に引き抜いた女性アナウンサーのマンションを用意し、いつの間にか、その新人アナウンサーと恋愛関係となり、3人目の妻にしてしまう。この女性アナウンサー移籍契約の準備、さらには「婚姻」の「段取り」を行った、3代目の番頭がTである。年齢の若い女性アナウンサーにとって、大御所のアナウンサーTに飲みに誘われれば断る事は困難になる。しかも移籍契約当日に、今後、上司になるTに誘われれば当然である。しかも、飲みに行った場所が新人アナウンサーの自宅になる「社員寮」マンションであり、そこには3代目が既に待って居り、3人で飲んでいる最中にTは姿を消し、あとは男女2人になる。その後に「結婚」の話が持ち上がる事になる。

 三代目は、経営の強引さに示されるように、飲食も豪快であり、40代で肝炎で死ぬ。この時、約束通り、創業者の仲間・植村一族の子息を社長に据えていれば問題は起こらなかった。しかし「フジTVを大きくしたのは自分だ、タレントのタモリ、さんま、ビートたけしを生んだのは自分だ」という執着のある三代目は、鹿内の名前を経営陣から無くすまいと考え、鹿内の名前を持つ遠戚の日本興行銀行の役員を、自分の後継者に指名する。

 マスコミの内情を何も知らない銀行マン鹿内が、フジTVの経営に乗り出し、しかも銀行マンらしく、フジ・サンケイグループのグループ企業の株式を所有する持ち株会社を作り、その会社には知人の銀行マン、友人を役員として集め、人事も企画・運営も全て、マスコミの現場を知らない持ち株会社の役員だけで強引に決定して行く。現場サイドには不満が充満し始める。1990年代の事である。

 そして遂に、その銀行マン経営者は、創業者植村の子息を担ぎ上げた平取締役達のクーデターにより社長を解任され、フジTVから追放される。

 追放に怒った銀行マン鹿内は、大学の同窓のコネクションをたどり、村上ファンドの村上、ライブドアの堀江、そして二代目、三代目のボス=ロックフェラー一族内部の新興勢力系列の銀行リーマン・ブラザースに資金援助を依頼し、フジTVの乗っ取りに乗り出す。フジの内紛とロックフェラーの一族内紛が、見事に一致した事になる。その顛末は、周知の結果である。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


間もなく石破は首だろう、ただし衝突事件の引責は表向きで、本当はイージス⇒MDシステム・SM3防衛利権へ注目を向けないため、。


 下記、約10分の後半要点部分を編集しました。(約5分) 去年12/20(木)、TBSラジオのニュースさかさメガネ『新型ミサイル実験成功で、日本の防衛は万全になったのか?』(約10分、mp3のポドキャスティング・インターネット放送)  要点をメモでまとめると?...



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ