FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:杉並からの情報発信です


そして、裁判長は飛ばされた 高浜原発再稼働「差し止 め仮処分はけしから
ん」 最高裁・高裁のお偉方は原発が大好き (上)

2015年04月28日 週刊現代

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/43092

再稼働寸前の原発を差し止める決定が下った。しかし、歴史的な決断をした裁判
官は、その席を追われることに。法の番人とし て愚直に公正中立を貫く。その
理想は現在の司法では通用しないのか。
「歴史に残る」決断だった

「日本の原発再稼働の流れを食い止める画期的な決定です。大 飯と今回の高
浜。歴史的な判決、決定を出してくれ、僕らは大変感謝しています」

こう語るのは、原告側弁護団長を務めた河合弘之弁護士だ。

4月14日、福井地裁は、関西電力高浜原発3、4号機の再稼働差し止めを認める仮
処分を決定した。今後、関電側の不服申し立てが認められる まで、2基の再稼働
はできない。

今回、裁判長を務めたのは福井地裁の樋口英明氏(62歳)。大飯原発3、4号機の運
転差し止め訴訟も担当し、昨年5月には、福島第一原発事 故後初めて、原発の運
転を認めない判決を下し、注目を浴びた。その際、

〈人の生存そのものに関わる権利と、電気代の高い低いの問題 を並べて論じる
べきではない〉

〈豊かな国土とそこに国民が生活していることが国富であり、 これを取り戻せ
なくなることが国富の喪失だ〉

と、人格権を尊重し、住民の思いに寄り添った判決文を読み上げた。その判決か
ら1年経たずして、再び画期的な判断が下されたのだ。

元裁判官で明治大学法科大学院教授の瀬木比呂志氏が語る。

「今回の決定は非常に踏み込んだものだと思います。『新規制 基準は緩 やかに
すぎて合理性を欠く』と、新規制基準に適合していても危険な場合があると認定
しました。原子力規制委員会がゴーサインを出した原発 の再稼働について も厳
密に審査するという考え方をはっきりと打ち出し、地震国日本の原発の危険性に
警鐘を鳴らしているといえます」

これまでの原発行政の常識を打ち破り、「歴史に残る」決定を下したと言ってい
い樋口裁判官。だが、本来であれば、樋口氏は今回の仮処分を決 定することは
できなかった。なぜなら4月1日付けで、同氏は福井地裁から名古屋家裁に異動。
「左遷」されていたのだ。
一体何が起きていたのか。実は今回の裁判を巡っては、さまざまな紆余曲折が
あった。3月11日に行われた第2回審尋で、関電側は学者や専門 機関によ る意見
書の提出を要求したが、樋口氏は「結審します」として認めなかった。すると、
関電側がその場で裁判官の交代を求める「忌避」を申し立て た。

そのため、名古屋高裁でそれが棄却されるまで、一時的に裁判は中断、そうこう
している間に4月を迎え、樋口氏は「定期異動」という名目で、 名古屋家裁に異
動となっていたのだ。
最後の意地を見せた

だが、裁判所法28条には「裁判官の職務の代行」というものが存在する。前出の
瀬木氏が解説する。

「職務代行とは『裁判事務の取扱上さし迫つた必要があると き』に、ほかの裁
判所の裁判官が代理で裁判官の職務を行うことができるというものです。

このケースだと、樋口さんが『これは自分でやるから職務代行 にしてくれ』と
強く主張されたのでしょう。これまでも彼が審理してきたわけですから、強く希
望したのであれば、裁判所としても代行を拒否 するわけにはいかないはずです」

つまり、関電サイドの「忌避」申請などが時間稼ぎになり、樋口氏は異動、本来
は今回の決定を下す役目を担うのは、別の裁判官になる予定だっ た。これに対
し、飛ばされたはずの樋口氏が「職務代行」を使うことで、最後にして最大の抵
抗を行い、意地を示したのだ。

樋口裁判官とは、一体どんな人物なのだろうか。

同氏は京都大学法学部を卒業後、'83年に福岡地裁の判事補に任官し、裁判官と
してのキャリアをスタートさせる。樋口氏と同期で、同じ弁護 士事務所で研修
をしていた弁護士が語る。

「司法修習生時代から、裁判官になりたいという気持ちが強い 人でし た。何事
にも真剣で、研究熱心。裁判官になってもそれは変わらないようで、両方の意見
をよく聞き、常に原理原則に従い、平等に徹している ようです。少し偏 屈に見
られることはありますが、それも彼の持ち味なんですよ」

また、樋口氏の素顔を知る福井の別の弁護士によれば、会ってみると非常に社交
的な人物だったという。

「小さな事件ではありますが、何度か担当判事として法廷でお 会いした ことが
あります。今年の3月のことですが、まもなく異動されると聞いたので、福井地
裁で偶然出会ったとき挨拶をさせていただいたんです。 樋口さんは『福井 はい
いところでした。皆さんにお世話になりました』と言い、にっこり笑っていまし
た。法廷に臨んだ弁護士からすれば厳しい裁判官に見えて いましたが、私に
とっては優しい紳士的な方という印象です」

これまでに、静岡、宮崎、大阪など各地の地裁を経て、'12年に福井地裁判事に
任官した樋口氏。実は原発訴訟以外にもいくつか社会の注目を 浴びる判決を下
している。

'14年、福井県内の会社に勤務していた男性(当時19歳)が自殺した原因が上司の
パワハラにあるかどうかが争われた裁判を担当し、遺族で ある原告側の訴えを
認めた。未成年者へのパワハラと自殺の因果関係を認めた判決は、全国で初のこ
とだったという。

「樋口さんがこの事件で証拠として採用したのが、男性の遺し たメモです。そ
こに書かれていたのは、上司から男性へ向けた『死んでしまえばいい』『うそを
平気でつく』といった辛辣な言葉でした。

樋口さんはこの言葉がパワハラにあたると認定したんです。そ れまではどう
いった行為や言葉がパワハラに当たるのか、基準が定かではなかった。この裁判
は、今後その一つの指標になると法曹界で言われ ています」(前出・福井の弁護士)

一方で、同氏は政治家や行政サイドに対しては、原理原則に基づいた厳格な判断
を貫く裁判官としても知られている。

「県議会議員の海外視察が年度末に集中していることを受け、 市民オンブズマ
ンが政務調査費の返還を求めた訴訟でのことです。

樋口裁判長は、視察そのものの意義を認めつつも、ホテルの食 事代は視 察目的
には認めないとし、返還を言い渡しました。関係者からは『視察すれば食事くら
いするだろうに』と言われていましたが、堅実で誠実な 判決をする裁判官 とい
う印象がより強まりましたね」(福井在住のジャーナリスト)
「原発に触れるな」という空気

仕事に熱心で、裁判官としての誇りを持った樋口氏。法の番人として、厳格かつ
公正な判断を下すことを第一とし、前例や組織の思惑には縛られ ることはな
かった。

だが、そのような振る舞いはときに反感を買うこともある。組織に属しながら
も、組織の意にそぐわない行動をする異端者への風当たりは強い。 それがたと
え公正中立を謳う司法の世界だとしても同じことなのだ。

今回の樋口氏の人事異動に「違和感」を持つ司法関係者は……




スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ