FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:植草一秀の『知られざる真実』


埋立承認撤回を拒絶する翁長知事の一貫性




4月28日は、サンフランシスコ講和条約と日米安保条約発効の日(1952年)であった。


2年前の2013年4月28日、安倍政権が出席した「主権回復の日式典」は「天皇陛下万歳」の合唱で閉幕した。


サンフランシスコ講和条約で日本は主権を回復したが、それと引き換えに切り棄てられたのが沖縄である。


また、主権回復とともに占領軍の撤退が定められたが、例外規定を設けて、日米安保条約を制定して、米国軍の駐留を継続させた。


日本は米国の属国、反植民地状態に移行し、沖縄は切り棄てられた。


沖縄が切り棄てられることになった直接の契機は昭和天皇による「沖縄メッセージ」である。


昭和天皇は1947年9月20日に「天皇メッセージ」を発した。


宮内庁御用掛の寺崎英成を通じ、GHQの政治顧問シーボルトに、


「米国が沖縄その他の琉球諸島の軍事占領を継続するよう天皇が希望している」


と伝えたのである。


「天皇の見解では、そのような占領は、米国に役立つ」


と伝えられた。


この事実は筑波大学名誉教授の新藤栄一氏によって初めて明らかにされた。


その新藤栄一氏が4月28日付琉球新報で次のように指摘している。


「天皇は、(中略)基本的に戦前体制を維持しながら米国にすり寄って日米同盟の中で新日本を築き上げようとした。日米同盟基軸路線だ。天皇メッセージは、そのための道具として沖縄を差し出しますよ、と提案したもので、天皇制を守るために沖縄を『捨て石』にする考え方だ」


(天皇メッセージの狙いは天皇制の存続か、との質問に)


「もっと直接的だ。戦争責任から逃れることだ」

人気ブログランキングへ

沖縄問題については、


「アリの一言」様ブログ(旧「私の沖縄日記」)


http://blog.goo.ne.jp/satoru-kihara


の記述をぜひご熟読いただきたい。


常に冷徹な視点から現実を解析されている。


昨年11月の沖縄県知事選で当選した翁長雄志氏が、辺野古埋め立て承認の撤回・取消を確約してこなかったこと、そして、いまも埋め立て承認の撤回、取消に進んでいないこと、の問題点を鋭く問いただしてきたブログでもある。


翁長雄志氏は昨年9月13日に、千数百人の支持者を集めて出馬記者会見を行った。


私は、昨年10月9日付ブログ記事


「沖縄の主権者必見「翁長雄志氏出馬表明会見」」


に、この会見での翁長雄志氏の発言を取り上げた。


http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-004e.html


会見での記者の質問と翁長雄志氏のやり取りを改めて掲載する。


会見の模様はYOUTUBE投稿動画で確認していただくことができる。


「今大議論となっている翁長市長、県知事選出馬記者会見2」


https://www.youtube.com/watch?v=aZEIXJRXFiY#t=421


4分45秒経過時点~6分45秒経過時点のやり取りを文字化した。



読売新聞:すいません、読売新聞のカイヤと申します。よろしくお願いします。


あの、少ししつこいようなんですが、あの重大な問題なので重ねてお聞きしたいんですが、あの辺野古移設に関して、ま、具体的な方法論は、ま、今後というようなことでしたけど、ま、現にいまあのー、名護では名護市長が、明確に反対を唱えながら、政府は一貫して移設計画を進めています。


で、知事選の結果にもかかわらず、移設計画に影響はないという方針を示していますが、そういうなかで、反対はしたけれど、政府に強行されて、造らせてしまったと、いう結論になったときに、どう、こう、有権者に、絶対に造らせないという部分を、こう、まあ担保してゆくというか、選挙戦の前には具体的なものをきちっと明記されていくお考えでしょうか。


Photo


翁長:私はね、まあ、あなたはマスコミだからそれでよろしいかと思うんですが、普通の人がそういう質問をするとね、大変失礼だなっと思うんですよね。


日本政府とアメリカ政府を相手にね、沖縄県は69年間戦ってきたんですよ。


10万人集会も何回もやったんですよ。


このこう要請行動に、県41市町村長、41市町村議長、ね、みんなそろってだめですよと言って一顧だにしないんですよ。


こういう政府を相手にね、私たちにね、具体的に何も見えなかったらね、あんた責任に負えないんじゃないんですか、などというのはね、よくあなたがそういう考え方を持っているんならば、もしあれば、こういうことも考えられるんじゃないでしょうかという話をね、すると日本政府もね、ちょっと折れ曲がるんじゃないですかという話があれば少しはいいんですが、それをね、とっても厳しい中をね、僕らはね、穴を開けてね、そしてそれをね、みんなでね、力で阻止をして、やっている。


と方法論は、いまこれだけの人間がね、価値観を持ちながら来てますので、必ずね、相談をしながらね、いい形でね、えーやっていける。これが・・・。」

人気ブログランキングへ

上記の「アリの一言」ブログ様が、この会見について次の指摘をされたことを上記ブログでも紹介させていただいた。


会見では、翁長氏に対する厳しい質問を許さないという「異様な」聴衆の「ヤジ」が轟いていた。


これがいわゆる「翁長タブー」である。


「沖縄県知事選「翁長出馬会見」の驚愕」


http://blog.goo.ne.jp/satoru-kihara/d/20140915


「そしてそのヤジは、ある記者の質問でピークに達しました。記者は「辺野古反対といいながら、結局政府に押し切られた、という形にならないか」と聞いたのです。実に的を射た質問です。


ところがこれに対し質問の途中から大きな怒声のヤジが何度も飛ばされ、翁長氏はそれに乗じるように、「普通の人がそういう質問をすると大変失礼なことになる」と、暗に記者を罵倒したのです。


この光景に背筋が寒くなる思いがしました。これは翁長氏と会場の支持者が一体になった記者への圧力であり、質問封じではないのか。


痛いところを突かれた質問を、こうして翁長氏と会場が一体になって封じ込めるなど、民主主義社会では絶対にあってはならないことです。


そもそもこういう異例・異様な「記者会見」にしたこと自体に疑問を禁じえませんが、その懸念がはっきり表れた光景でした。


会場にはいわゆる「革新」といわれる政党やその支持者、「反基地」でたたかっている人たちが多数いたはずです。その人たちはこの光景をどう受け止めたのでしょうか。


熱狂的空気の中で、「翁長擁立」で「がんばろう」と拳をあげた人たちは、この異様な「記者会見」に何も感じなかったのでしょうか。


もしもそうだとするなら、私は沖縄の「民主主義」に大きな疑問を抱かざるを得ません。」

人気ブログランキングへ

安倍首相は沖縄の「屈辱の日」に日米首脳会談に出席し、辺野古米軍基地建設を米国のオバマ大統領と確認した。


翁長雄志氏は、


「辺野古に基地を造らせない」


ことを公約に掲げて知事に選出されたが、現状で、「辺野古に基地を造らせない」ことを確実に前進させる、唯一の実効性のある知事権限行使とは、


「埋め立て承認の撤回」と「取り消し」であるが、この有効な方策の行使について、翁長氏はほとんど触れようとしない。


「辺野古に基地を造らせない」


ことを求める沖縄県民は、「翁長タブー」を踏越えて、知事に「埋め立て承認の撤回」と「取り消し」を求めるべきではないだろうか。






スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ