FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

鳥居祐一

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:杉並からの情報発信です


集団的自衛権を行使できるようにしろと命令してきた米支配層は軍情報部の警
告を無  視してISを育成

2015.08.13 櫻井ジャーナル

http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201508130000/

安倍晋三政権は国会を無視して「安全保障関連法案」を成立させようとしてい
る。日本を法治国家だとは考えていないわけで、その安倍政権が描く日程 表に
基づいて防衛省が部隊の編成計画など立てたとしても不思議ではない。

この法案を成立させる目的は集団的自衛権の行使、つまり、アメリカの戦争マ
シーンに自衛隊を組み込むことにある。2000年にジョセフ・ナイとリ チャー
ド・アーミテージが作成した「米国と日本-成熟したパートナーシップに向けて
(通称、アーミテージ報告)」が公表されたが、その中で日本に 対して武力行
使を伴った軍事的支援を求め、「日本が集団的自衛権を禁じていることが両国の
同盟協力を制約している」と主張、「この禁止を解除すれ ば、より緊密かつ効
果的な安保協力が見込まれる」としている。

アメリカで大統領選挙があった2000年にはネオコン系シンクタンクのPNACが「米
国防の再構築」という報告書を公表、東アジアの重要性を謳 い、オスプレイの
必要性も強調していた。この報告書の基になったのが1992年にアメリカの国防総
省で作成されたDPGの草案、いわゆる「ウォル フォウィッツ・ドクトリン」。

アメリカを「唯一の超大国」と認識したネオコン/シオニストが中心になって書
き上げられたもので、潜在的なライバルを潰して覇権を確たるものにし ようと
している。潜在的なライバルには旧ソ連や中国だけでなくEUや日本も含まれる。
さらに、地球規模に影響力を及ぼせる強国を生む出すのに十分 な資源を抱える
西南アジアも支配の対象だ。

ネオコンが東アジア重視を打ち出した一因はロシアを属国化したという安心感が
あったはずだ。1991年の段階でネオコンの大物、ポール・ウォル フォウィッツ
はイラク、イラン、シリアを殲滅すると語っていたが、2001年9月11日の出来事
を受け、攻撃対象の国はイラク、イラン、シリア、 リビア、レバノン、ソマリ
ア、スーダンに広がった。その後、ロシアが再独立、ネオコンはウクライナでネ
オ・ナチ(ステファン・バンデラ派)を使っ たクーデターを起こしてロシアを
脅しにかかる。

中東や北アフリカで使われたのがアル・カイダ。1997年から2001年までイギリス
の外相を務めたロビン・クックによると、アル・カイダとは CIAから訓練を受け
た数千人におよぶ「ムジャヒディン」のコンピュータ・ファイル。アル・カイダ
はアラビア語で「ベース」を意味、「データベー ス」の訳としても使われてい
る。この指摘をした次の月にクックは保養先のスコットランドで心臓発作に襲わ
れ、急死した。享年59歳。

アル・カイダは統一された戦闘集団ではなく、登録された戦闘員にすぎず、何ら
かのプロジェクトが計画されると雇われることになる。その最大の雇い 主はサ
ウジアラビアで、イラク、リビア、シリアなどの攻撃にはNATO諸国やイスラエル
も手を組んでいる。

調査ジャーナリストのシーモア・ハーシュは2007年3月5日付けニューヨーカー誌
で、アメリカ、イスラエル、サウジアラビアの「三国同盟」がシ リア、イラ
ン、そしてレバノンのヒズボラに対する秘密工作を開始した書き、その中心には
リチャード・チェイニー米副大統領、ネオコン/シオニスト のエリオット・エ
イブラムズ国家安全保障問題担当次席補佐官、ザルメイ・ハリルザド、そしてバ
ンダル・ビン・スルタンがいるとしている。

この記事が出る前年、イラクで活動していたアル・カイダ系武装集団のAQIが中
心になってISIが編成され、今ではIS(イラクとレバントのイス ラム首長国。
ISIS、ISIL、IEIL、ダーイシュとも表記)と呼ばれている。

シリアに対する攻撃が始まった2011年3月以来、反シリア政府軍に拠点を提供し
てきたのはトルコ。同国にある米空軍インシルリク基地で反政府軍 を編成、訓
練してきたが、その教官はアメリカの情報機関員や特殊部隊員、イギリスとフラ
ンスの特殊部隊員。それ以降、現在に至るまでトルコは反シ リア政府軍の拠点
であり、ISへの兵站線はトルコ軍が守ってきた。

ISが密輸している石油はレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の息子が所
有するBMZ社が扱い、ISの負傷兵はトルコの情報機関MITが治 療に協力、秘密裏
に治療が行われている病院はエルドアン大統領の娘が監督しているとされている。

昨年10月2日、ジョー・バイデン米副大統領はハーバード大学でISとアメリカの
「同盟国」との関係に触れ、ISの「問題を作り出したのは中東に おけるアメリ
カの同盟国、すなわちトルコ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦だ」と述べ、
その「同盟国」はシリアのバシャール・アル・アサド政権 を倒すために多額の
資金を供給、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は多くの戦闘
員がシリアへ越境攻撃することを許してISを強大 化させたと語っている。

そしてここにきてDIA(アメリカ軍の情報機関)が2012年8月に作成したISに関す
る文書が公表され、アメリカ政府がISの勢力拡大を自分の 意思で決断したこと
が明確になった。その中で、シリアにおける反乱の主力はサラフ主義者、ムスリ
ム同胞団、AQIであり、反シリア政府軍を西側 (アメリカ/NATO)、湾岸諸国、
そしてトルコが支援しているとしている。反シリア政府軍を支援すると言うこと
はアル・カイダ系武装集団を助け ることを意味し、現在の状況は予想されてい
た。文書が作成されたときにDIA局長だったマイケル・フリン中将は文書が本物
だと認めた上で、そうし た勢力をDIAの警告を無視して支援してきたのは政府の
決定だとしている。

アル・カイダ系、あるいはISのような武装集団が勢力を拡大することを承知でア
メリカ政府はリビアやシリアの反政府軍を支援、今でも方針を変えて いない。
現在、トルコとの関係が強いISにしても、本気で叩こうとしていないことは兵站
ラインを放置していることでも明らかだ。こうしたアメリカ の戦争マシーンへ
日本を組み込もうとしているのが安倍政権だ。






スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ