FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅より

「もっとも自公が警戒し、嫌がる状況が、いきなり広がった:兵頭正俊氏」
http://sun.ap.teacup.com/souun/18390.html
2015/9/21 晴耕雨読


https://twitter.com/hyodo_masatoshi

共産党から「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現への呼びかけがあった。


戦争法反対で共闘した5党1会派は、必ず、この呼びかけに応えるべきだ。


共産党との選挙協力なくして、自公+次世代・元気・改革には勝てない。


せっかく共産党が鎧を脱いだのである。


この機会を逃してはならない。


共産党から「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現への呼びかけ。


戦争法廃止で一致する政党・団体・個人が共同して国民連合政府をつくるものだ。


共産党が変わりつつある。


沖縄の共闘を、日本全国に拡大するものだ。


もっとも自公が警戒し、嫌がる状況が、いきなり広がった。


共産党から「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現への呼びかけ。


「この連合政府の任務は、集団的自衛権行使容認の「閣議決定」を撤回し、戦争法を廃止し、日本の政治に立憲主義と民主主義をとりもどすことにあります」。


自公は相当なショックだろう。


昨日(9月19日)共産党から「戦争法廃止の国民連合政府」の実現への呼びかけがあった。


過去のわだかまりを捨て、大人になって対応すべきである。


自公+次世代・元気・改革の「今だけ、金だけ、自分だけ」の売国政治に勝ち、日本を蘇生するには、この呼びかけに応える道しかない。


9月19日、共産党が戦争法の採決阻止で共闘した、民主・維新・社民・生活の党と山本太郎となかまたち、参院会派の無所属クラブに、選挙協力の協議を呼びかけた。


これはリトマス試験紙の意味ももっている。


屁理屈を述べて断れば、第二自民党の国民的な批判にさらされよう。


共産党から選挙協力の呼びかけ。


政権交代で戦争法を廃棄する現実味が出てきた。


民主が小沢・鳩山で政権交代を果たした2009年の衆院選では、共産党は300の選挙区中、152での擁立に留め、後は「自主投票」とした。


共産党のこの力を見誤ってはならない。


本気になるべきだ。


共産党から戦争法廃止、国民連合政府実現の呼びかけ。


この意義とは何か。


それは、政権交代の公約の実現性が格段に高まるということだ。


政権交代を果たしても、民主・維新では、またぞろ公約を裏切ると思っている国民は多い。


それが棄権に結びつく。


共産・社民・生活が入れば、公約が実現する。


共産党から戦争法廃止、国民連合政府実現、選挙協力の呼びかけ。


わたしたちの世代は、共産党アレルギーがあるが、今は本気になることで乗り越えられる。


そこまで日本国民は追い詰められている。


戦争を前にして、同じ志の政党へのアレルギーをいって、子供を戦場に送るのか。


時代は共産党が連立の一翼を担う時代になった。


共産党は変わりつつある。


もし政権交代になったら、共産党は閣内で働いてもらいたい。


閣外にいると、鳩山由紀夫が小沢一郎を閣外においた失敗を繰り返すだろう。


つまり民主党が、安倍の閣議決定を撤回しない可能性が高い。


必ず内閣に入るべきだ。


共産党との選挙協力には、自民党から「応じるな」という要請が、民主・維新の一部にある筈だ。


これで戦争法への本気度がわかる。


国民の幸せ、戦争の危機よりも、党利党略優先。


それを支えているのは古くさいイデオロギーだ。


民主党あたりから反対のツイートが出始めた。


政権交代を起こさせないために。


戦争法成立の立法府には、衛士の他にSPや警察官が入ってきていた。


この国は、わたしたちが考えている以上に、破壊され、警察国家になっているのである。


開会中の国会になぜSPや警察官が入っているのか。 http://m-hyodo.com

安倍晋三は狂ったのである。


まともな神経の持ち主なら、憲法学者の大半が違憲だという法案など、通そうとしないものだ。


いや、自国の若者を、米国の若者の身代わりに、戦場に送ったりはしないのである。


安倍は、議員バッジをつけた死の商人である。 http://m-hyodo.com

>内田聖子 拡散拡散"@s_hiroki24: どなたが作ってくださったか存じ上げませんが、動きが速い♪ #参院選2016 "

革命的オプティミズムという言葉がある。


現在、すべてを悲観的に捉える者は、反動である。


小さな明かりでも大切にしなければならない。


共産党の呼びかけもその明かりのひとつだ。


あれもダメ、これもダメという者も、対案はないわけだ。


野党の結束と選挙協力。


この原則は正しいのである。


もし民主党が共産党を恐がれば、それはヌエ的な、第二自民党政治ができなくなるからだ。


民主党には共産党の呼びかけを断る資格などない。


なぜなら今日の惨状を招いたのは、民主党だからだ。


それが、早速、呼びかけへの拒否をツイートしたおばか政治家がいる。


自分を知らないのだ。


もし共産党の選挙協力の呼びかけを断れば、当然、共産党は全選挙区に候補者を立てる。


現在の状況から推して相当の躍進を果たすだろう。


しかし、単独で過半数はとれず、自公政権が続く可能性が高い。


断ったばか野党のせいだ。


二度と共産党は呼びかけないだろう。


ばか野党の正体が問われる。







スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ