FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

鳥居祐一

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅より


民主党は解党して「野党大連合」へ向かうべきだ。
http://okitahidehito.blog.fc2.com/blog-entry-5218.html
2015/11/12 日々雑感


<民主党の前原誠司元外相と細野豪志政調会長、維新の党の江田憲司前代表が11日夜、東京都内のホテルで会談し、野党再編に向けて民主党が「解党」を決断すべきだとの認識で一致した。
 自民党に対抗し得る野党勢力の結集を一気に進めるのが狙い。前原氏らは近く民主党の岡田克也代表に申し入れる見通しだ。

 民主、維新両党は合流を視野に政策協議を進めているが、維新分裂の影響もあって停滞気味だ。維新の松野頼久代表は、民主、維新の双方が解党した上で合流すべきだと主張。これに対し、岡田氏ら民主党主流派は党の再建を優先し、解党に慎重な立場を崩していない>(以上「時事通信」より引用)


 現在の民主党は第二自民に過ぎない。その根拠は民主党の政策を見れば明らかだ。TPP参加に先鞭を付けたのは民主党政権だった。消費増税10%を最初に主張したのも民主党政権だった。そして「戦争法」に対しても違憲で徹底して戦うのではなく、修正を以て臨もうとした。

 民主党は2009マニフェストを反故にした段階で終わっている。現在の民主党は2009マニフェストを掲げていた「国民政党」とは似ても似つかない「官僚下請」の自民党と双生児ほどに似通っている。だから第二自民党という名を進呈している。

 維新の党も「戦争法」に対して、立憲主義の立場から廃棄を目指すのではなく、安倍自公政権が提起した「戦争法案」に修正することで迎合しようとした。それにより「戦争法」廃棄の野党連合の足並みを乱し、実質的に「戦争法」成立をアシストした。それゆえ、維新の党を自民党の補完政党と呼んでいる。

 その第二自民党と維新の党が合流する、というのは解り易い。ついでに自民党に入党要請してはどうだろうか。国民にとって正統のあり様は解り易い方が良いし、たとえ自公政権を打倒しても、出来上がった野党政権が第二の自民党政権であっては目も当てられない。変節した民主党政権の二の舞はもう沢山だ。

 野田民主党政権下、岡田幹事長たちによって民主党を追い出された小沢一郎氏とその仲間たちが真の民主党だ。現在の民主党は第二自民の連中が奪った、官僚下請・隷米政党そのものだ。

 国民政党なら立憲主義の旗の下、「国民の生活が第一」の政治を強力に推進すべきだ。共産党が呼びかけた「戦争法」廃棄の「野党大連合」はその一点だけで個々人の政治家が集結して、明確な野党として選挙を戦うべきだ。その際、野党大連合の中心人物が必要なら小沢一郎氏を中心軸に据えるべきだ。かれほど「国民の生活が第一」に愚直なほど正直な政治家は他にいない。

 民主党は小沢一郎氏という中心軸を持った時に政権を獲得し、小沢一郎氏を追放した時に民主党の命脈は尽きた。小沢一郎氏に敵対する政治家たちこそ民主党から出て行くべきだった。民主党政治家の多くがその選択を誤ったため、安倍自公政権の大躍進を招いてしまった。この国の危機は小沢一郎氏を民主党が追放した時から始まっていた。だから隷米マスメディアは必死になって検察官僚と一緒になって小沢一郎氏を「政治とカネ」という実態なきプロパガンダにより執拗に攻撃したのだ。そのことを国民は忘れてはならない。この国のマスメディアは国民の側に立つ連中ではなく、官僚と米国の顔色を窺う薄汚い連中だということを。





スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ