FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:植草一秀の『知られざる真実』



原発と戦争を推し進める愚かな国、日本




メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」


第1099号タイトルは


「愚かな権力者が国民の未来を破壊し尽くす」


だった。


京都大学原子炉実験所助教の小出裕章氏が本年2月27日に行った最終講演


について記述した。


小出氏が勤務していた京都大学原子炉実験所は大阪府の熊取町にある。


この実験所の6人の研究者が反原発の研究活動を継続してきた。


彼らは「熊取6人衆」と呼ばれた。


2008年、大阪の毎日放送が


『なぜ警告を続けるのか?
 京大原子炉実験所-異端の研究者たち』


と題したドキュメンタリー番組を放送した。


「熊取6人衆」を取り上げた番組だった。


放送の翌日、関西電力が毎日放送に


「とんでもない番組だ。毎日放送は原子力に関して偏向している」


と抗議したという。


福島原発事故が発生する3年前のことだ。


熊取6人衆は、世の中の大勢に逆らって原発の危険性を訴え、原発に抵抗し続けていた。


どちらの主張が正しかったのかは、その後の歴史の事実が明白にしている。

人気ブログランキングへ

福島原発事故が増えて、小出裕章氏をゲストに招く番組は増えた。


しかし、それらの番組は、いまはすべてなくなってしまったという。


安倍晋三氏は2013年9月7日にアルゼンチンのブエノスアイレスで開かれたIOC総会で次のように述べた。



「フクシマについて、お案じの向きには、私から保証をいたします。状況は、統御されています。東京には、いかなる悪影響にしろ、これまで及ぼしたことはなく、今後とも、及ぼすことはありません」


「汚染水の影響は、福島第一原発の港湾内の0.3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされています」


この発言はウソである。


メディアは、このウソを暴かない。


逆に、この発言がウソだと述べる者を排除する。


国全体が狂気に包まれている。


原発の危険性を訴え、原発を廃止することを求めてきた小出氏に発言の機会は提供されず、原発事故などなかったかのように、原発の再稼働が強行されている。


この現実に対して、主権者は、見て見ぬふりをするべきでない。

人気ブログランキングへ

小出裕章氏が新著を出版された。


『原発と戦争を推し進める愚かな国、日本』


http://goo.gl/3RoZOP


Photoである。


冒頭に記したメルマガ記事タイトルとも相通じる部分がある。


たしかに、愚かな権力者がいま、原発と戦争を推し進めている。


そのために、国民の未来を破壊し尽くされようとしている。


しかし、愚かであるのは、本当に権力者だけなのか。


愚かな権力者を生み出しているのが、国民自身であることを忘れてはならない。


小出氏は新著のなかでこう記している。


「「愚かな国民には愚かな政府」とはよく言われることです。


たとえ民主主義を謳う国家であっても、国民が無関心で考えが浅く、政府をしっかりと監視できていない場合は、政府が暴走してしまうのです。


残念なことに今の日本は、まさに政府のやりたい放題になっているのです」


小出氏はさらにこう述べる。


「日本の先の戦争の時もそうでした。


だんだん戦争にのめり込んでいって、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦と、とにかく戦争は正しいことだという方向に国民が流されてしまいました。


そして徹底的に敗北した時に、


「ああ、間違えていました。私たちはだまされていたんです」


と多くの人たちが言ったわけですけれども、冗談は言わないでください、と私は言いたい。


あれだけ膨大な犠牲者を出して、取り返しのつかない事態を招いておいて、私は悪くないと言える人の精神を私は疑います」


「愚かな国」を作りだす張本人は「愚かな国民」であることを、私たちは見落としてならないのである。






スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ