FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:阿修羅より


カレ・超特大ブラマンの足音。アジアインフラ銀行は、全ての対米債権と対米債務を引き受け、米を自由で無力な国にしてやる事です
http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/456.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2015 年 12 月 15 日 09:59:33: 4sIKljvd9SgGs
   

自由の国アメリカもアメリカの正義も幻想であり嘘っぱちだった事がバレた訳ですが、インディアンを騙して大虐殺の上に建国した国ですから滅びるのが筋というものです。
ドル詐欺系のメディアが、世界経済が崩壊するとやかましいですが、崩壊するのはドル詐欺だけで、道ずれにさえされなければ、むしろドル詐欺の崩壊は世界に福音をもたらします。
くそじじいは、静かに一人負けをすればいいものを、世界を巻き添えにして、性懲りもなく自分だけ一人勝ちしようと画策している訳ですが、そうは問屋が卸さず、人類もその手は桑名の焼き蛤という感じでくそじじいを封じようとしている訳ですが、そこで中露が手を打ってきたアジアインフラ投資銀行の出番となります。
くそじじいの力の源泉はカツアゲとヤミ金ですが、前者には踏み倒すぞと泥棒に追い銭を迫り、それを原資に貧乏国に高利で借金浸けにして腎臓売るかテロ詐欺手伝えやーと脅してきた訳ですが、どちらも元さん銀行が紙屑手形を買い取るあるよー、おまとめローンもあるでよーと債権者と債務者を同時に救済して、両者をドル詐欺とのしがらみから解放してあげればいい訳で、そうすれば本当に自由の国アメリカも実現し、ついでに無力な国アメリカも実現し、戦争詐欺も金融詐欺も起こせなくなり、勝手に戦争ごっこや子供銀行ごっこやってろということになり、世界が静かになる訳です。
とりわけ、人質優等生の日本をくそじじいから解放する事は、アジアにとっても世界にとっても大きなプラスで、日本からカツアゲをできなくなったらドル詐欺は赤子同然ですから、まずは日本の対米債権をそっくり引き受け、くそじじいの財布を窒息させ、同時に参加60ヵ国が紙屑お断りを徹底し、ドル詐欺時代を終らせる事です。

nhk・ヨーロッパ復興開発銀行 中国の加盟承認を正式発表
もうどの国もドル詐欺に対して反吐が出るくらい嫌気がさし、世界各国内発的に外堀包囲網が着々と進捗しています。
なのに、kyな鬼畜政権は、テロ詐欺手伝えやーになびいてほうんとうになさやなさやで、アホでおはなになりません。こんな政権に我々主権者国民のための穢れなき政治は任せられません。
即刻、浅学極まりない現暴走鬼畜政権を葬り去り、今の日本の立場を認識できる歴史や民主主義に対する造詣の深い政権が立ち上がって、政治をすすめていくべきです。



2. 2015年12月15日 10:45:09 : xdi9Khm9Pk : YxZ1wnx3GfY[28]
米国はこれまで「嘘っぱちの自由」でやって来ました。これからはその自由の意味が変わります。日本もきっと…。
▼自由とは
近年、ミルトン・フリードマンの著書『資本主義と自由』に見られるように、自由という言葉は資本主義とほぼ同義語と見なされるようになっています。それは昔からよくあるペテンだ。資本主義にわずかにでも似通ったしろものが今まで存在したことは一度もなかった───
「世界のスーパーマーケット」を自称する企業のCEOであるドウェイン・アンドレアスが、こんな発言をしたと伝えられています。「世界じゅうで、なんであれ自由市場で取引されているものなど、ただの一かけらもない。自由市場なるものが存在するのは、政治家の演説のなかだけだ」それは社内向けの文書か発言だったにちがいない。一般市民に語るような内容ではないからだ。───
近代の経済発展の歴史を最初から振り返ってみると、「自由市場」を提唱する者はほぼ例外なく、それを貧困層や中流階級の市民には適用しようとするが、自分たちだけは例外としてきたことがわかるだろう。政府は助成金を払って企業のコストを肩代わりし、彼らを市場リスクから保護し、利益を上げさせてきたのだ。───(チョムスキー)





スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ