FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:杉並からの情報発信です


トルコではエルドアン政権とISとの連携が明らかにされ、ロバート・ケネディ
Jrは米国の責任を指摘

2016.02.24 櫻井ジャーナル

http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201602240000/

ダー イッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)の幹部がトルコ軍の軍人と電話で会
話している内容が盗聴され、明らかにされた。昨 年5月にはトルコのジュムフリ
イェト紙がシリアの武装勢力へ供給する ための武器を満載したトラックを憲兵
隊が摘発した出来事を写真とビデオ付きで報道、その報復として11月26日に逮捕
された同紙 の編集長を含むふ たりのジャーナリストは終身刑を求められ、裁判
は3月25日に始まるという。そうした言論弾圧にもかかわらず、レジェップ・タ
イ イップ・エルドアン体制への批判をトルコの新聞は続けているわけだ。日本
のマスコミとは違い、ジャーナリストとしての覚悟があるのだろう。

トルコとシリアとの国境を管理してきたのはトルコの情報機関MIT。ダーイッ
シュなどの戦闘員がその国境を行き来しているだけでなく、シリ アの侵略軍を
支える兵站線がそこを通っている。また、シリアやイラクで盗掘された石油がト
ルコへ運び込まれていることも知られている。そうした兵站線や盗 掘石油の密
輸 ルートを昨年9月30日から破壊しているのがロシア軍で、アメリカをはじめと
する侵略勢力はそれを止めようと努力してきた。

そうした物資の輸送はトルコでも本来は違法。そこで昨年1月にはトルコ軍の憲
兵隊が摘発している。その報復として、エルドアン政権はウブラ フム・アイ
ドゥン憲兵少将、ハムザ・ジェレポグル憲兵中将、ブルハネトゥン・ジュハング
ログル憲兵大佐を昨年11月28日に逮捕した。

ダーイッシュやアル・カイダ系武装集団がエルドアン政権と関係していることは
アメリカのジョー・バイデン米副大統領も 公の席で認めている。2014年10月2
日、バイデン副大統領はハーバード大学で講演、その際にシリアにおける「戦い
は長くかつ困難なものと なる。この問 題を作り出したのは中東におけるアメリ
カの同盟国、すなわちトルコ、サウジアラビア、UAEだ」と述べ、あまりにも多
くの戦闘員に国境通過を 許してしま い、いたずらにISを増強させてしまったこ
とをトルコのエルドアン大統領は後悔していたとも語っている。

勿論、エルドアンが後悔しているはずはなく、アメリカやイスラエルという侵略
勢力の重要国が抜け落ちているのだが、トルコやペルシャ湾岸産 油国がシリア
で戦闘を始めたということを認めている意味は小さくない。

バイデン発言の2年前、2012 年8月にアメリカ軍の情報機関DIAはシリアの反政府
軍に関する報告書を提出している。その中で反シリア政府軍の主力はサラフ主
義者(ワッハーブ派)、ムスリム同胞団、そしてアル・カイダ系武装集団の
AQI(アル・ヌスラと実態は同じだとしている)であり、西側、ペル シャ湾岸諸
国、そしてトルコの支援を受けていると報告した。

西側の政府やメディアは「穏健派」という幻影を描き出し、ダーイッシュやア
ル・ヌスラなどを支援した。そこで、DIAはアメリカ政府が方針 を変えなけれ
ば、その勢力はシリア東部にサラフ主義の支配地を作りあげると警告している。
実際、その通りになった。報告書が作成された当時にDIA局長を 務めていたマイ
ケ ル・フリン中将はアル・ジャジーラに対し、ダーイッシュの勢力が拡大した
のはオバマ政権が行った決断によるとしている。

エルドアン政権がシリアのアサド体制を破壊したがっている最大の理由はオスマ
ン帝国の復活にあると言われているが、アメリカでシリア侵略を 主導している
ネオコン/シオニストは1992年にDPGの草稿という形で作成された世界制覇計
画、いわゆる「ウォ ルフォウィッツ・ドクトリン」 を実現することを目的にし
ている。1991年12月にソ連が消滅してアメリカが「唯一の超大国」になったと認
識した彼らは潜在的なライバル、 つまり旧ソ連 圏、西ヨーロッパ、東アジアな
どがソ連のようなライバルに成長することを防ぎ、膨大な資源を抱える西南アジ
アを支配しようと考え、DPG草案 は書き上げら れた。

ネオコンと一心同体の関係にあるイスラエルの好戦派は、ナイル川からユーフラ
テス川まで、地中海から東はヨルダン川までをイスラエルの領土 にするという
「大イスラエル構想」を持っている。地中海の東部、エジプトからギリシャのあ
たりまでに天然ガス田が存在すると言われ、それも狙っているよう だ。ゴラン
高 原をイスラエルが支配しようとしている理由も石油抜きに語ることはできない。

ゴラン高原での石油開発にはジェニー社も加わっているが、その戦略顧問として
ジェイコブ・ロスチャイルドが名を連ねている。そのほか、リ チャード・チェ
イニー、ジェームズ・ウールジー、ウィリアム・リチャードソン、ルパート・
マードック、ラリー・サマーズ、マイケル・ステインハートなども含 まれている。

アメリカの支配層やペルシャ湾岸の産油国もアサド体制を倒すことで石油利権を
拡大しようとしている。例えば、イラン、イラク、そしてシリア のラディシア
へつながるパイプラインの計画は、米英が建設したバクー油田からトルコのジェ
イハンをつなぐパイプライン(BTC)の強力なライバルになる。

 1968年6月6日に暗殺されたロバート・ケネディ(RFK)の息子、RFK ジュニア
はカタールからシリア経由でトルコへ石油を運ぶパイプライン建設がアサド体制
を倒す動きと関係していると指摘している。ペルシャ湾から地中海の東 岸へパ
イプラインで運び、そこからタンカーでヨーロッパへというルートより、陸上を
パイプラインでヨーロッ パまでつなげた方がコストは安いのだが、そのパイプ
ラインの建設をシリアのアサド大統領が拒否、その直後からCIAは工作を始めた
としている。

カタールが計画したパイプラインの建設をアサドが拒否した直後、アメリカ、サ
ウジアラビア、イスラエルの軍や情報機関はスンニ派に蜂起させ るための工作
をしたとしているが、実際のところ、スンニ派の蜂起は起きていない。そこでサ
ラフ主義者/ワッハーブ派やムスリム同胞団を使った軍事侵略とい う形になっ
た ということだ。

ネオコンがシリアのアサド体制を倒すと遅くとも1991年には口にしたのであり、
シーモア・ハーシュは2007年3月5日付けニューヨー カー誌でア メリカ、サウジ
アラビア、イスラエルの三カ国がシリア、イラン、そしてレバノンのヒズボラに
対する秘密工作を開始したと書いてい る。カタールが計画したパイプラインの
問題はシリアを侵略した理由のひとつとうことだろう。

ダーイッシュが出現するまでの流れは、フセイン体制が倒された翌年、つまり
2004年にアル・カイダ系のAQIが組織され、06年1月には AQIを中心 にしていく
つかの集団が集まってISIが編成され、ダーイッシュにつながったと一般に言わ
れているが、RFKジュニアはダーイッシュを生み出した人物とし てポール・ブレ
マーを挙げている。この人物はサダム・フセイン体制が倒された後に占領の主体
になったCPAの代表で、スンニ派軍を創設、それが ダーイッ シュになったとし
ている。

最近、ダーイッシュと最も緊密な関係にあるのはトルコとサウジアラビアだと言
われている。トルコはNATO加盟国だという立場を利用、ロシアに対 して強 硬な
姿勢を見せていたが、ここにきてアメリカからトルコがロシアと戦争を始めても
NATOはトルコ側につかないと伝えたようだ。そうした中、 トルコはウク ライナ
と軍事的な協定を結んだという。

また、アメリカのジョ ン・ケリー国務長官はシリア解体を口にしている。 アサ
ド大統領の排除が難しくなっての発言だろう。この解体計画は戦争が始まった直
後から言われていたこと。ダーイシュがシリア東部からイラク 西部にかけて の
地域を支配してきた理由もシリアを分断、石油利権を奪うことにあった。アメリ
カはロシアに対する逆襲をこの辺から始めるつもりかもしれな い。




スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ