FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:杉並からの情報発信です


シリアでCIA系武装集団とペンタゴン系武装集団が戦闘、CIAの手先がダーイッ
シュなら当然のこ

2016.03.28 櫻井ジャーナル

http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201603280001/

シリアのバシャール・アル・アサド政権を倒すために送り込まれたアル・カイダ
系武装集団やそこから派生したダーイッシュ(IS、ISIS、 ISILとも表記)は戦
略的に重要なパルミラから追い出され、敗北は決定的な状況だと見られている。

そうした中、CIAの支援を受けている戦闘集団とアメリカ軍の支援を受けている
戦闘集団が軍事衝突していると伝えられた。CIAはサウジアラビ ア、カタール、
トルコ、イスラエルなどと同じようにアル・カイダ系武装集団やダーイッシュを
支援してきたが、それに対してアメリカ軍は現在、そう した「テロリスト」と
戦うグループを支援しているという。アメリカ軍が支援している部隊の戦闘員は
「4名か5名」よる増えたのだろう。詳細は不明 だが、そうした戦闘があっても
不思議ではない。

調査ジャーナリストのシーモア・ハーシュによると、アメリカのバラク・オバマ
政権とトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン政権は2012年 のはじめに
アサド政権を打倒するための工作に関して秘密合意に達し、トルコ、サウジアラ
ビア、カタールが資金を提供、アメリカのCIAがイギリス の対外情報機関MI6の
助けを借りてリビアからシリアへ武器/兵器を送ることになったとしている。こ
の国々が支援したのがアル・カイダ系武装集団 やダーイッシュ。

2012年8月にアメリカ軍の情報機関DIAが作成した報告書によると、反シリア政府
軍の主力がサラフ主義者、ムスリム同胞団、そしてアル・カイ ダ系武装集団の
AQI(アル・ヌスラと実態は同じ)で、西側、ペルシャ湾岸諸国、そしてトルコ
の支援を受けているという。この段階で「穏健派」は 存在しない。

今年1月にヨルダンのアブドラ国王がアメリカの議員を会談したときのメモがイ
ギリスのガーディアン紙にリークされたが、その中で、2011年2月 にリビアで戦
闘が始まった直後からイギリスは特殊部隊を派遣、またイスラエルはアル・カイ
ダ系のアル・ヌスラを黙認していると語っている。

シリアで戦闘が始まった当初、イギリスやフランスも積極的に工作へ関わり、ト
ルコのインシルリク空軍基地ではアメリカの情報機関員や特殊部隊員、 イギリ
スとフランスの特殊部隊員が戦闘員を軍事訓練しているとも伝えられていた。後
に中心はアメリカ、サウジアラビア、カタール、トルコ、イスラ エルになり、
アメリカの主体はイスラエルと一心同体のネオコン。その後、こうして作り出さ
れた傭兵部隊を危険だと考える軍幹部が現れた。
アメリカ軍の情報機関DIAの局長を2012年から14年まで務めたマイケル・フリン
中将は退役後、アル・ジャジーラに対してダーイッシュの勢力 が拡大したのは
バラク・オバマ政権が決めた政策によると語り、ダーイッシュを押さえ込むため
にロシアと手を組むべきだと主張、このフリンから国際 情勢についてアドバイ
スを受けているというドナルド・トランプもそうした発言をしている。

また、2011年10月から15年9月まで統合参謀本部議長だったマーチン・デンプ
シー陸軍大将もアル・カイダ系の武装集団やそこから派生した ISを最も危険だ
と考えていたが、アサド大統領の排除を優先しているバラク・オバマ大統領はデ
ンプシー議長の警告に耳を貸さなかったという。そこ で、アメリカ軍は2013年
秋からアル・カイダ系武装集団やダーイッシュに関する情報を独断でシリア政府
へ伝え始めたとハーシュは書いている。

アメリカ軍がそうした動きを見せた頃、つまり2013年9月に駐米イスラエル大使
だったマイケル・オーレンはシリアのアサド体制よりアル・カイダ の方がまし
だと公言した。このオーレンはベンヤミン・ネタニヤフ首相の側近で、イスラエ
ル政府によるアメリカ政府への警告だった可能性がある。ま た、イスラエルの
モシェ・ヤーロン国防相は今年1月19日、INSS(国家安全保障研究所)で開かれ
た会議で、イランとダーイッシュならば、ダー イッシュを選ぶと発言したという。

口先だけでなく、イスラエルは実際にアル・カイダ系武装集団やダーイッシュを
支援してきた。例えば、2015年1月18日にはダーイッシュを追い 詰めていたシリ
ア政府軍とヒズボラの部隊をイスラエル軍は攻撃し、イラン革命防衛隊のモハメ
ド・アラーダディ将軍を含む幹部を殺している。シリア への空爆をイスラエル
は何度も実行している。

2015年10月にはイラクでダーイッシュと行動を共にしていたイスラエル軍のユ
シ・オウレン・シャハク大佐が拘束され、シリアでは反政府軍の幹 部と会って
いたイスラエルの准将が殺されたという。負傷した反シリア政府軍/ダーイッ
シュの兵士をイスラエルは救出、病院へ運んだうえで治療して いるとも伝えら
れている。

昨年9月にデンプシーの後継議長に就任したジョセフ・ダンフォードはロシアを
敵だと公言しているが、アメリカ軍(正規軍)はデンプシーやフリンの ように
考える人が少なくないのかもしれない。




スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ