FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:植草一秀の『知られざる真実』

TPP本会議中継せずしょうがと紙飛行機放映NHK

米国大統領選でのトランプ候補勝利に、メディアが動揺、狼狽を示した。


クリントン候補を支持し、トランプ候補を非難しまくっていた識者は、トランプ選出の現実を目の当たりにして、弁解、変節、言い逃れに終始している。


今回の大統領選で特筆されることは、米国の国民がメディアの誘導に流されなかったことである。


メディアは徹底してトランプ潰しを実行した。


いかなる手段を用いてでもトランプを落選させるという、卑劣で不正な行動を展開した。


この情勢のなかで、米国の主権者はトランプを新大統領に選出した。


日本で類似した情報操作が行われたなら、主権者の多数が、その情報操作に流されてしまっただろう。


2012年12月の総選挙以降、日本の国政選挙では、安倍政権を誕生させる、あるいは支援する報道が展開され続けた。


この情報誘導によって、日本の主権者の行動が大きく歪められたのである。


トランプ候補は選挙戦のさなかに、メディアによる卑劣で不正な情報誘導に対する抗議の発言を示した。


このことによって、多くの主権者がメディアの偏り、メディアの歪みを再確認した可能性も高い。

人気ブログランキングへ

私は、


9月28日付ブログ記事


「ヒラリーが大統領に就任できない可能性」


http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-4928.html


で、9月26日に実施された次のように記述した。


「トランプ氏の切込みに対して、クリントン氏は笑顔を絶やさずに切り返した。


このことから、評点はクリントン氏優位に傾いたが、今回大統領選で浮上しているのは、既存の権力層が市民の素朴な疑問に真摯に答えないことに対する市民のいら立ちなのである。


クリントン陣営にはこの点に対する認識が不足していると見られる。


「討論に買って勝負に負ける」


結果がもたらされる可能性は低くないと思われる。」


「クリントン氏がトランプ氏の指摘に対して、「上から目線」の「批判に正面から向き合わない」スタンスでの対応を維持する場合、上記の接戦州でのとりこぼしを重ねる可能性がある。


トランプ氏選出の可能性は依然として低くないと見ておくべきだろう。」



米国大統領選でのトランプ候補の勝利は、米国民が「米国の既得権益勢力による米国支配」に対して反旗を翻したものである。


「米国の既得権益勢力」


とは、いわゆる1%の勢力、強欲巨大資本、ハゲタカ勢力であり、


金融資本・ワシントンのエスタブリッシュメント・マスメディア


の連合体のことだ。


1%勢力が国家と国民を支配し、その結果として主権者である国民の暮らしが破壊されている。


この現実に対する痛切な実感と、1%勢力と結託するマスメディアの情報誘導に対して、米国の主権者がレジスタンスの意思をしめしたものなのである。

人気ブログランキングへ

トランプ氏がベストな大統領であるとは思わない。


しかし、現実政治における主権者の選択は、常に、


「ベターの選択」


であって


「ベストな選択」


ではない。


トランプ候補にさまざまな問題があることを認識した上で、それでも、クリントン政権が誕生する場合の、


「1%勢力による支配の継続」


よりは、これに対抗する姿勢を鮮明に示したトランプ政権が望ましいと米国の主権者が判断したのだと理解できる。


トランプ氏の主張は


「1%勢力による国家と国民の支配」


に反対するものであると同時に、


「1%勢力による世界市場制圧=グローバリズム」


に反対するものであった。


だからこそ、トランプ氏はTPPに対する断固反対の方針を明示したのである。


このトランプ氏が当選を果たした翌日に、日本の国会が、TPP承認案を衆院本会議で強行採決することは正気の沙汰でない。


しかも、この衆院本会議をNHKはテレビ中継せず、


「うまいッ 抜群に辛くて香り高いしょうが!」


「凄ワザ! 紙飛行機で飛距離対決」


などの再放送を行った。


このようなNHK=日本腐敗協会はいらない!


とほとんどの主権者が判断するだろう。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ