FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

Author:鳥居祐一
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:植草一秀の『知られざる真実』


TPP公約破棄安倍首相讒言一蹴したトランプ氏


 


安倍首相が代表を務める自民党は2012年12月の総選挙に際して、


 


ウソつかない!TPP断固反対!ブレない!日本を耕す!!自民党


 


と大書きしたポスターを貼り巡らせた。


 


TPP断固反対!


 


を掲げて総選挙を戦った。


 


ところが、安倍首相は2013年3月15日にTPP交渉に参加することを表明した。


 


四の五の屁理屈をつけたが、主権者を欺く行動であった。


 


主権者を侮辱する行為である。


 


主権者など、選挙の時だけだまくらかして、調子のいいことをいっておけばいい。


 


選挙が終わってしまえば、公約もへちまもない。


 


これが安倍首相の基本姿勢なのだと推察できる。


 


米国大統領選で勝利したトランプ氏はマスメディアの総攻撃、集中砲火を浴び続けてきた。


 


しかし、その総攻撃を撥ね退けて大統領選に勝利した。


 


大変な実力の持ち主であると言える。


 


このトランプ氏が、トランプ氏は大統領選挙投票日の直前である10月22日に、エイブラハム・リンカーンの演説で有名なペンシルベニア州ゲティスバーグで演説して「100日間行動計画」を発表した。


 


Donald Trump’s Contract with the American Voter”


 


「ドナルド・トランプのアメリカ有権者との契約」


 


このなかに


 


 


 Seven Actions to protect American workers


 


アメリカの労働者を守るための7つの行動


 


として、


 


2番目に次の事項を掲げてた。


 


 


 SECOND, I will announce our withdrawal from the Trance-Pacific Partnership.


 


第二に、私はTPPからの離脱を宣言する。


 


この「ドナルド・トランプのアメリカ有権者との契約」


 


Donald Trump’s Contract with the American Voter”


 


は冒頭で次のように記している。


 


 


 What follows is my 100-day action plan to Make America Great Again. It is a contract between myself and the American voter — and begins with restoring honesty, accountability and bringing change to Washington.


 


 


 On the first day of my term of office, my administration will immediately pursue the following.


 


以下は、アメリカを再び偉大な国にするための私の100日行動計画である。


 


これは、アメリカ有権者と私の間の契約であり、正直さを取り戻し、説明責任を伴い、ワシントンに変化をもたらしつつ始動するものである。


 


私の任期初日に、私の政府は直ちに以下の事項を追求する。


 


書面はトランプ氏と米国の有権者との契約書の形態を採っており、トランプ氏の署名が記されている。


 


米国の有権者がこの書面に署名することにより、契約書が発効する形態になっている。


 


安倍首相は米国大統領選でクリントン氏を支持する大失態を演じた。


 


トランプ氏が勝利して顔色を失った安倍首相は、慌てふためいて、11月17日にニューヨークにあるトランプ氏の私邸であるトランプタワー詣でを行った。


 


田中角栄元首相の全盛期に、臣下の者が競って元日に目白詣でにいそしんだ姿と重なる行動だった。


 


安倍首相は国民の税金で購入したと推察される50万円もするゴルフクラブをトランプ氏に進貢した。


 


その際、公約破棄について、トランプ氏に進言したと推察される。


 


一説によると、安倍首相は2012年12月総選挙用の「TPP断固反対!」と大書きしたポスターを土産に持参したという。


 


主権者との公約を記したポスターなど、単なる紙くずに過ぎないことを安倍首相はトランプ氏に熱弁したのだと推察される。


 


トランプ氏は安倍氏の熱弁を冷ややかに聴いたのだと思われる。


 


そして、安倍首相が11月21日午後にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで、TPPについて、


 


「米国抜きでは意味がない」


 


と発言した直後に、トランプ氏は、大統領就任後100日間の優先事項を説明する動画メッセージを全世界に向けて発表した。


 


そのなかで、大統領就任初日にやることとして、冒頭で、


 


と述べた。


 


「公約など破棄してしまえ」という安倍首相による「悪魔のささやき」=選挙公約に対する讒言(ざんげん)を全面的に一蹴する行動を示した。


 


メディアはトランプ氏のTPP離脱方針明言を相変わらず猛攻撃しているが、選挙の際に主権者に明示した公約遵守の方針を明確にするトランプ氏の発言は、賞賛こそされても、批判されるいわれはない。


 


メディアの歪んだ行動こそ攻撃されるべきものである。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ