FC2ブログ

FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

松本清張

Author:松本清張
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:植草一秀の『知られざる真実』

自壊する前原民進党の最悪な危機対応

説明責任


李下に冠を正さず


出処進退


は、森友疑惑、加計疑惑を論じる際のキーワードである。


安倍政権は説明責任を果たさない。


国家戦略特区で獣医学部新設を申請し、分科会にも出席して発言していた事業者と国家戦略特区諮問会議の議長が飲食接待を受け、頻繁にゴルフを同伴していたことは、文字通り、「李下に冠を正す」行為であった。


防衛省の守屋武昌元事務次官は防衛専門商社の元専務からゴルフなどの接待を受けていた問題で収賄罪に問われ、逮捕、起訴され、実刑判決を受けて服役した。


こうした歴史的事実をも想起させる事案である。


安倍首相は森友学園が国有地をタダ同然の価格で取得した問題で、2月17日の衆議院予算委員会で、


「繰り返しになりますが、私や妻が関係していたということになれば、まさに私は、それはもう間違いなく総理大臣も国会議員もやめるということははっきりと申し上げておきたい」


と明言した。


また、加計問題に関して、3月3日の参議院予算委員会で、


「もし働きかけていたなら責任を取る」


と明言した。


「出処進退」は重大な問題である。


このことに関する国会答弁の重みは他に類を見ない。

人気ブログランキングへ

森友・加計・山口のアベ友三兄弟疑惑


防衛省日報問題、


共謀罪の採決強行、制定強行


で、安倍首相に対する批判、不支持が沸騰した。


7月2日の東京都議選では、投票前日に街頭に立ったところで、


「安倍帰れ!、安倍やめろ!」


の主権者コールに見舞われた。


この主権者に対して安倍首相は


「こんな人たちに負けるわけにはいかない」


と指を指して糾弾した。


そして、翌日、その主権者によって安倍自民党は歴史的な大敗を喫したのである。


安倍政権は疑惑から逃亡するかのように国会を閉幕し、都議選に挑んだが、その都議選で討ち死にした。


野党は一気呵成に安倍政権を追い詰める局面であったが、自ら巨大な政治空白を作り出したのが民進党である。


そして、ようやく実施した代表戦で新代表を決めたものの、幹事長選出に際して大失態を演じてしまった。

人気ブログランキングへ

山尾志桜里議員は疑惑を否定したが、全否定するなら人事を差し替える必要はない。


すべての質問に答えて、疑惑を晴らすべきである。


それを安倍政権に求めてきたのではないのか。


疑惑が事実なら、事実を認めて潔く責任を取る。


疑惑が事実でないなら、堂々と、疑惑を払拭するまで説明責任を果たし切る。


「説明責任」、「李下に冠を正さず」、「出処進退」は三位一体の行動規範である。


前原新体制が疑惑を否定するなら、人事を差し替えずに山尾氏を幹事長に据えて、その代わり、完全なる説明責任を果たすべきだ。


逆に、疑惑が事実なら、事実を率直に認めて、しかるべき対応を取るべきである。


疑惑が事実なら議員を辞職するしかないだろう。


辞職すると補欠選挙が実施され、その補欠選挙に勝つことが難しいから辞職せずに離党で済ませ、疑惑を否定するというのは、最悪の対応である。


疑惑を否定するなら、少なくとも「説明責任」を完遂する必要があるだろう。


国会で安倍首相に説明責任を求めて逃げられたときに、これを糾弾することは不可能になる。


この対応を指揮する最高責任者が前原誠司氏である。


山尾氏に対して、説明責任を完全に果たすよう、厳しく指示するのが党の責任者としての責務ではないのか。


人事の失敗よりも、問題発覚後の対応に重大な問題があり、これを理由に民進党から大量離党者が生じても、誰もそれを咎められなくなるだろう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ