FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

松本清張

Author:松本清張
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:ユダヤ金融資本
(昭和天皇は頭が少しおかしかったのかもしれないがこの発言は明らかに変ですね。笑って誤魔化しています。)

昭和天皇こそが正真正銘の売国奴 
91投稿者:広島・長崎への原爆投下の犯人 12/30(日) 11:38

第二次世界大戦中、昭和天皇ヒロヒトは、敵国の戦争省最高幹部であるドレイパーから
兵器を大量に輸入し、日本軍に高額で売り付け、利益をスイス銀行に蓄財していた。

 天皇とドレイパーは、兵器密売の共同事業者として、兵器販売促進のため日米戦争を行っていた。

 戦後、来日したドレイパーが最初に行った事は、天皇への兵器密売の「売掛金=未払い
代金の回収」であった(この点は、天皇の側近であった渡辺武の「渡辺武日記 
対占領軍交渉秘録」東洋経済新報社を参照)。

 戦争末期、ドレイパーは、天皇が無条件降伏を申し出ると同時に、「戦争犯罪人として
自分を処刑しないで欲しい」と命乞いをした事に対し、天皇の命の保証と戦後における
天皇制度の維持を確約し、それと引き換えに、日本に原爆を投下し終えるまで無条件
降伏を承認しない、という条件を出した。天皇は広島・長崎への原爆投下を事前に承認し、
それと引き換えに、自分の命と地位の延命を手に入れた。
天皇は、自分1人が助かり、それと引き換えに、広島、長崎の市民の皆殺しを喜んで承諾した。

 これが、「同業者、兵器密売企業の共同経営者」天皇とドレイパーの密約である。

http://alternativereport1.seesaa.net/

92投稿者:天皇の原爆しょうがない発言 12/30(日) 11:41

昭和天皇の原爆しょうがない発言について、当時の新聞にもしっかりと縮刷版に載っていた
のだが、ここではそれを「ママオコシ」で文字おこしした内容を示す。これは、現在発売中の
鬼塚英昭氏の『日本のいちばん醜い日』に引用された、松浦総三という作家の『松浦総三の
仕事』という本からの引用である。この記者会見の模様はユーチューブに動画も何個か落ちている。

この会見の場で、
「エ・・・・エ・・・・エ・・・・投下された、ことに対しては、エ・・・・・、エ・・・・こういう戦争中で
あることですから、どうも、エー、広島・・・・市民に対しては、気の毒で、あるが、
やむをえないことと私は思っています」

と昭和天皇はコメントし、いきなり話題を変えて、「テレビは観ておりますが、放送会社の
競争が激しく・・・」という意味不明のコメントを発して、原爆コメントを吹っ飛ばしている。
これは動画で観られるとおりである。

http://www.asyura2.com/07/senkyo40/msg/744.html

93投稿者:侍従長の回想 01/03(木) 02:03

・軍人は殺され、国民は爆撃死しているとき、天皇とその一族や侍従たちは、
巨大な金庫室の中で生き延びるべく闘っていた。
何に対してか。アメリカに日本を売りつけ、日本の軍人や国民を戦争好みの人種に
仕上げるためにだ。その手先たちが、平成の世になっても、天皇賛美の歌をうたい続けている。P317
・藤田尚徳の『侍従長の回想』の中から一文を引用する。
「やがて夜は白々と明けて8月15日。…陛下は声を落として申された。
『藤田、いったい、あの者たちは、どういうつもりであろう。
この私の切ない気持ちが、どうして、あの者たちには、分からないのであろうか』
 暗然とした表情で、つぶやかれた」
 天皇が藤田尚徳に語ったあの日こそは「日本のいちばん醜い日」であった。
あのときの言葉こそは、「日本のいちばん醜い言葉」であった。P354
・歴史家松重楊江が著者に語った説。
「明治維新で職を失った旗本たちの娘の中から、美女を選び城内に入れて
「千代田遊郭」なるものを伊藤博文らがつくりました。
そこは、天皇や重臣たちの遊び場でした。
・『国際金融同盟』の中の一文は、「戦争とはなにか」を如実に示している。
戦争は国家間の利害、憎悪の衝突から起こるものだけでなく、巨大はマネー・ゲームでもある。
ヒトラーもスターリンも、それを知り尽くしていた。
ルーズヴェルトとチャーチルはマネー・ゲームをさせられていたのである。
天皇が仕掛けた南進策は、巨大なマネー・ゲームの創造であった。
天皇とその一族は、三井、三菱、住友らの財閥と組んでマネー・ゲームをしていたのである。
それゆえ、国際決済銀行に日本銀行と横浜正金銀行が参加したわけである。

94投稿者:侍従長の回想 01/03(木) 02:04

・ロスチャイルド財閥を中心とする国際金融同盟は、原子力に注目し、これに莫大な資金を投資し、
ウラン鉱の買収を大戦中に始めていた。原爆の実験はそのために是非とも必要だった。
日本がその標的にされた。スティムソン陸軍長官が(このことを)6月8日直前に天皇宛の文書で
ヨハンセン・グループのルートで送ったとみられる。P511

・あれだけの大惨事を見て、米内海軍大臣は“天佑”だと叫んだのである。
天皇も「終戦の詔書」の中で一回触れたが、それからは一言も非難の声をあげなかった。
その時だけが例外ではない。P521

・日本にとって、天皇にとって都合のよいことが原爆投下によってもたらされた。
天皇はこの直後に、アメリカから“天皇制護持”の約束を与えられていることだ。
そして、御前会議を開き、ポッダム宣言受諾を決定する。間違いなく、原爆投下と交換条件である。
アメリカは、アメリカ国内よりも日本での非難を恐れていたと思う。
…国際金融同盟の連中は、「さすが、スティムソン、よくやってくれた!」と快哉をあげたことであろう。
「これで日本は、永遠に俺たちの奴隷の国になったぞ」と。P522

・天皇は原爆についての知識、投下の日、その場所を前もって知っていたはずである。
ではどうして8月6日なのか。
それは、この日までに、スイスの赤十字経由で天皇の貯蓄が無事処理をつけられる見通しがたったからである。

 この広島の原爆で、第二総軍の司令部の数々の建物は壊滅し、多数の死傷者が出たのである。
8月6日8時ごろに、多数の第二総軍の参謀や将校が集まっていた。そこに原爆が落ちたというわけである。
この日、間違いなく、第二総軍の全員は、8時ごろに集まって会議か、あるいは演習の準備に入っていた。
ほとんどの第二総軍の人々は死に、あるいは傷ついていたのである。
ひとり、畑元帥のみが、この総司令部に行っていないのである。P524-528

http://www.asyura2.com/07/dispute27/msg/230.html
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ